企業文化は、従業員の考え方や行動に影響を与える、会社の書面および書面による原則、規範、および態度を取り入れています。そして、イノベーションに対する経営陣のサポートと促進は、企業文化の一部です。

イノベーションの文化は、研究開発であろうとマーケティングであろうと、すべてのイノベーション活動の基盤です。コンセプトとイノベーションチームが優れているとしても、ネガティブな文化はイノベーションを阻害する可能性があります。それは革新的なプロジェクトの成功に大きな影響を及ぼします。適切なイノベーション戦略は、企業に大きなメリットをもたらします。最良のビジネスアイデアは、文化革新の実装です。革新的なアイデアを得る方法は?革新的なアイデアとは、2つ以上のソースからのアイデアを組み合わせたものであり、まったく新しいコンセプトの形成につながります。

有利なイノベーション文化を発展させるには、まず以下を確立する必要があります。

  • イノベーションとそれが提供する可能性に従業員を敏感にさせます。
  • アイデアの作成に定期的に参加するよう従業員を励まし、刺激します。
  • それは発明者の立場にありますが、他の人のアイデアやプロジェクトの支援を受けています。
  • 教育、ツール、スキルなど、革新に必要なすべてのものを従業員に提供します。

これらのステップは、前向きなイノベーション文化を生み出します。

組織におけるイノベーションの文化

最初のそして最も重要な側面は、会社のイノベーション戦略を明確に定義しなければならないということです。ビジネスに期待されることと、必要なイノベーション文化を差し引きます。行動管理者や従業員がイノベーションに必要とするものなど、イノベーション文化が決定されました。この法律は、管理チェーンの混乱を取り除くことを目的としています。経営における革新的な文化も不可欠です。

イノベーションの文化を発展させるための10の簡単な方法

手始めに、イノベーション文化を後押しするための7つの基本的な方法について概説します。それらは、多額の投資や人員を必要としないため、簡単に作成できます。結論として、彼らはリーダーシップのコミットメントとイノベーションを担当する人々の献身を必要としています。そうすれば、それらはそれほど困難なく実装され、イノベーション文化に大きな影響を与える可能性があります。

コミュニケーションイノベーション戦略

イノベーション戦略は、戦略的アプローチの概要を示すフレームワークです。すべての従業員は、イノベーションに対する組織の期待と目標を認識している必要があります。結果として、最初の重要なステップは、たとえば情報キャンペーンを通じて、組織のすべての機能とレベルにイノベーション戦略を分散させることです。コミュニケーションイノベーション戦略は、イノベーションキャンペーンの最初のステップでなければなりません。通信イノベーション戦略は、いくつかの異なるコンポーネントで構成されています。それはあなたの会社が完全な革新プロセスを通してどのようにコミュニケーションするかについて話します。これらの多くは、発明のさまざまな段階に匹敵しますが、場合によっては、対象者または配信を変更する必要があります。適切なイノベーション戦略は、イノベーションの文化を創造するのに役立ちます。

積極的な従業員参加のためのカスケードワークショップ

一方、イノベーション戦略の伝達は一方的なものであり、議論を促すものではありません。さらに、従業員との関わりとその参加はさらに重要です。

従業員は、階層全体のすべての機能とトップダウンにまたがるイノベーションに関するカスケードワークショップを通じてピックアップされます。マネージャーは、他の人と協力して、このプロセスを開始します。したがって、それがどうあるべきかは必ずしも明確ではありません。

  1. あなたの業界が革新的であるとはどういう意味ですか?
  2. それらはイノベーションプロセスにどのように適合し、その重要性は何ですか?
  3. イノベーションの成功を支援するために何ができますか?

これは、理想的なシナリオでは、役割モデルとアクションプランをもたらすか、職務記述書に影響を与えます。ポジティブなイノベーション文化はまた、人々が何らかの方法で実験することを可能にします。ポジティブなイノベーション文化とは、従業員の考え方とモチベーションにポジティブで刺激的な効果をもたらすことを意味します。ピッチングの文化を作ることは不可欠です。

イノベーションクラッシュコース

従業員は、イノベーションがビジネスと彼らにとって何を意味するのか、または彼らが何に貢献できるのかを説明できない場合があります。新しいものを作り、創造的で独創的であることも知識と才能を必要とします。ここでは、労働力のニーズの材料と範囲の両方で、イノベーションに関する広範なクラッシュコースが推奨されます。たとえば、生産従業員の情報要件は、マーケティンググループリーダーの情報要件とはかなり異なります。以下は、クラッシュコースで考えられるコンテンツの一例にすぎません。

  • イノベーションの定義は何ですか?
  • 物事を行う方法のアイデアは、さまざまな情報源から得られる可能性があります。
  • コンセプトをどこにどのように提出すればよいですか?
  • イノベーションプロセスであなたのアイデアをどのように使用しますか?写真はどうなりますか、そしてあなたは個人的に何を貢献できますか?
  • 創造的な方法。

理想的な長さは1〜3時間で、可能な限り多くの視聴者にアピールする必要があります。

イノベーションの日

イノベーションデーは、イノベーションのテーマに焦点を合わせ、注目を集めるための効果的なツールかもしれません。すべての労働者が参加できる必要があります。以下は、いくつかの潜在的な焦点とテーマです。

  • 最新のイノベーションのプレゼンテーション。
  • イノベーションに関する執行委員会の言葉;
  • イノベーション部門のオープンデー。
  • ハッカソンとアイデアワークショップ。
  • イノベーショントピックに関するバーキャンプ。
  • イノベーションに関する情報イベント。たとえば、イノベーションプロセス、イノベーション手法。
  • イノベーションの表彰式。

イノベーションデーはインターネットでも開催される場合があります。また、すべての従業員を1か所に集める国際的なモバイルビジネスは実現不可能であることが示唆されています。トップマネジメントの可視性は、オフラインであろうとオンラインであろうと、重要な成功要因です。

創造性ワークショップ

従業員は、創造的なワークショップ、情報の提供、イノベーションの意識の向上を通じて、イノベーションプロセスに従事するように奨励されるべきです。すべての機能で協力するチームは、イノベーションの問題を改善し、新しいアイデアとソリューションを作成します。ワークショップが適切に管理され、テーマが魅力的である場合、人々は新しいものを作成するように刺激され、動機付けられるため、巨大な抽選が完了します。もちろん、提案は引き出しに入れてはいけませんが、むしろ影響力を持っている必要があります。そうでなければ、すべての約束は忘れられます。ビジネスアイデアは前向きなイノベーションである必要があり、ワークショップはそれらを育てるのに最適な方法です。生産性を高めるためにワークショップも開催します。

ピッチングコンテスト

すべての従業員は、コンテストの形で提案を提出することをお勧めします。その後、彼らは経営陣の前に連れて行かれるかもしれません。さらに、ピッチング前のトレーニングにより、可能な限り最高の効果が得られます。

経営陣と社内外の専門家のパネルが最良の概念を選択します。一方、投票する従業員は、勝者の提案を選択できます。その後、最高のアイデアが認められ、さらに前進します。

ピッチングコンテストは、実証された経営陣のコミットメント、幅広い社内メディアの有効性、議論および作成されたアイデア、従業員の動員、楽しみなど、いくつかの利点を提供します。もちろん、優れたコンセプトの作成は別の重要な利点です。ピッチングコンテストは、イノベーションのベストプラクティスを表しています。ピッチングコンテストは、人々に彼らのビジネスアイデアの可能性を証明する機会を与えます。

イノベーションアワード

イノベーションコンテストは、主にピッチングイベントの一環として開催される場合、またはイノベーションチームやプロジェクトの最高のアイデアが報われる場合に、常に多くの注目と熱意を集めます。客観的な賞ではなく、従業員が会社から得た一般の評価のためです。賞や賞は他の従業員に刺激的な影響を与え、新しいアイデアについて考えるよう促します。

全員が上から下へ(経営陣に対して)完全にコミットしない限り、行動や態度を変えることは不可能であることに注意してください。また、会社にとってより重要なリソースを必要とし、従業員と経営陣の両方に革新の文化を生み出します。

コーポレートベンチャー

すべての従業員は、ピッチングコンテスト中であろうと、アイデア管理のコンテキストであろうと、ビジネスコンセプトを会社に提供することができます。コーポレートベンチャー部門の従業員は、お金と時間の予算と、経営幹部や専門家からの支援を受けて、社内でビジネスアイデアを発展させることができます。

まだ解雇されていない従業員は、部門から解雇され、事業を開始することが許可されます。

イノベーションの労働時間

3MとGoogleは、最も革新的なビジネスの1つであり、各従業員が作業時間の約20%を革新とアイデアの開発に費やしていることで知られています。

このイラストのイメージは、一方では、企業価値としてのイノベーションを促進し、従業員が利用可能な可能性を活用するように動機付けるという点で説得力があります。一方で、スキルや能力をどのように創造的に活用するかを考えさせ、新鮮なアイデアを生み出すことで、イノベーションの大きな可能性を刺激します。

イノベーションラボ

イノベーションラボは、外部委託のイノベーションサービスを提供するフォージです。それらは会社の日常業務から切り離されています。イノベーションに焦点を当てたリソースが毎日利用されておらず、「すべてが実行可能で許可されている」というモットーで、思考に対する一般的なハードルと障壁が距離を置いて取り除かれているという事実。

イノベーションラボは、組織のイノベーションユニット、または個人が行き、リソースを使用し、創造性を発見できる実際の場所である場合があります。クリエイティブルーム、3Dプリンターなどのツール、ワークショップなど、子供たちが自分自身を表現し、自分の興味を探求するためのさまざまなスペースがあります。

結論

イノベーション文化を改善し、それを良いものにするための多くの方法とアイデアがあります。イノベーション文化は、総合的な事業開発に不可欠です。イノベーション文化は、安定した成長のための雰囲気を作り出します。それは常に大きな予算や何百もの行動を伴うよく計画された5年間の戦略を必要としません。ノーコード開発プラットフォームであるAppMaster.ioを使用して、企業内で文化の革新を実施し始めることができます。私たちはそれに従い、要求に応じてすべてのステップであなたを支援します。詳細を確認し、ビジネスに革新の文化を創造するために、遠慮なくご連絡ください。オールインワンのプロレベルのノーコードでイノベーションの文化を創造します。