あなたは、仕事の生産性を急上昇させるプロジェクト管理アプリを持つことを望んでいますか?

世界的な大流行によりバーチャルなチームワークの需要が高まったとき、リモート ワークプレイスは拡張と革新に向けて着実に前進していました。ほとんど一夜にして、世界中のチーム間の遠隔コミュニケーションを促進するためのリモート プロジェクト管理ツールの需要が高まりました。かつて多くの経営陣が役得や特権とみなしていたリモートワーク文化は、生産性を高めるために不可欠な特徴となりました。効率的で効果的な仮想コラボレーションとリモートワークは、職場内の生産性指標の急激な進化と同義の流行語になりました。

プロジェクトの成功は、チームが効果的に接続しコラボレーションする能力に依存するので、リモートプロジェクト管理ツールは、より優先されるようになりました。リモートプロジェクト管理ツールは、仕事の役割の整理、パフォーマンス管理、およびチーム間のコラボレーションを促進します。リモートプロジェクト管理ツールは、ワークグループ間の効果的なコミュニケーションを可能にします。これらのリモートプロジェクト管理のワークグループは、職場内で特定の機能を実行することが多く、互いに重複していることも少なくありません。

リモート プロジェクト管理アプリにより、管理者はリアルタイムでチームのワークフローを整理、追跡、監督できます。


集まったデータに基づいて、管理チームはプロジェクトの範囲を通して経営判断を行うことが可能です。たとえば、世界中のさまざまな国や地域からチームを派遣し、100%リモートで作業することを選択する企業もあります。また、メッセージングやワークフローツールを使ったオンラインコミュニケーションを日常的に行いながら、対面での作業を選択する経営陣もいます。また、両方をうまく組み合わせて、ハイブリッドチームを構成する企業もあります。

プロジェクト管理アプリの開発手順

プロジェクト管理アプリの開発には、次のような 4 つの主な手順があります。

手順 1: コンセプトの作成

ビジネスのニーズに基づいてリモート プロジェクト管理アプリの概念を作成する。このツールを使用するユーザーまたはチーム メンバーの種類を特定します。このデータに基づいて、このツールの特徴も概念化します。リモートプロジェクト管理ツールの種類を定義する。リモート プロジェクト管理アプリのデザインは、時間追跡、パフォーマンス管理、またはコミュニケーションなど、意図された機能に基づいて行われます。

ステップ 2: 利用者の設定

アプリ開発の検出フェーズで、アプリケーションのエンド ユーザーを定義します。これは、意図されたエンド ユーザーに基づいて異なる機能を持つ、アプリの設計に情報を提供します。このリモートプロジェクトツールは、すべてのチームメンバーがアクセスできるのか、それともプロジェクトマネージャーだけがアクセスできるのか?どのようなデータセキュリティが必要なのか?パスワードで保護された機能がアプリのインターフェイスに含まれるのか?

ステップ 3: インターフェイスを構築またはカスタマイズする

プロジェクト管理者は、組織のためにカスタム プロジェクト管理ツールを構築することを選択できます。しかし、これは規模や機能によっては必要ない場合もあります。

リモート プロジェクト管理ツールの急増により、あなたにぴったりのツールがあるはずです。

ステップ 4

:テストと起動

リモート プロジェクト管理ツールを実際の環境でテストします。これにより、含まれている機能がニーズに対して十分であるかどうか、または追加のプロジェクト管理機能を追加する必要があるかどうかを判断します。プロジェクト管理ツールがビジネスに適していることに満足したら、起動するだけで、その利点を享受できます!

組織に適した生産性とリモート プロジェクト管理ツールを選択することは、非常に重要なことです。

リモートワークの利点

リモートワークには多くの利点がありますが、ベスト4は以下の通りです:

生産性レベル

組織内のチームメンバーは、オフィスの騒音レベルやマイクロマネジメントを行うオフィス プロジェクトマネージャーによってイライラさせられることなく孤独に仕事をしたいかもしれません。リモート ワーキング環境は、一部のリモート ワーカーの生産性レベルに貢献することができます。このような人たちは、オフィスで物理的に働くよりも、リモートワーク環境の方がより多くのアウトプットを生み出すことができます。

Work-Life Balance & Morale

多くの従業員が、リモートワークの利点として、ワークライフバランスの満足度が上がったと報告しています。リモートワークの環境下では、従業員は自分の生産性を効率的にコントロールする権限を与えられ、時間に対してより大きな自律性を持つことができます。その結果、Indeedのような人気のある求人サイトでは、多くの求職者が勤務形態にリモートオプションを選択しています。

費用対効果

リモートで働く従業員は、間接費、光熱費、人員配置、制服や交通費などの補助金による経費を削減し、企業の費用を節約しています。リモートワークは、通勤時間を減らし、家族と過ごす時間を増やすことで、チームメンバーの時間とお金を節約することができます。

自由

リモートワークの自由は、各ワーカーが仕事の様々な側面に直接責任を持つことにより、プロジェクトチームの信頼と説明責任を生み出します。経営陣は、従業員をよりよく管理する方法を学び、マイクロマネジメントや寛容になりすぎる傾向を正すことができます。社員は、より自由に他の仕事をしたり、個人的なプロジェクトに取り組めるようになり、より幸福になります。

リモートワークのデメリット

メリットと同時に、リモートワークにはデメリットもあります。管理者は、プロジェクトに費やした従業員の時間を説明する正確な方法がないまま放置されます。生産性向上アプリを導入しない場合、経営陣はリモートワーカーが作成した進捗報告書を使用するほかありません。

Lost in Translation

リモートワーク文化により、雇用主は世界中の労働者を、多くの場合異なるタイムゾーンで自由に雇用することができます。しかし、リモートワークでは、物理的に一緒に働くことで得られるボディランゲージの手がかりにアクセスすることはできません。しかし、リモートワークでは、物理的に一緒に働くことで得られるボディーランゲージの手がかりを得ることができません。リモートワーカーは、コールセンターのチームメンバーをアウトソーシングするなど、通常、異なる文化的背景、言語、信念体系を持っています。その結果、リモートワーク環境では、効果的なコミュニケーションの欠如により、チームスピリットを育むことが難しくなる場合があります。

Technological Deficit

リモートワーク文化が近年進歩したように、それはまだ発生する可能性のある技術的な欠陥に翻弄されています。2020-2021年のZoomプラットフォームを悩ませた最も迷惑な作業会議の質問は、最近のパンデミック時の作業学習における「聞こえますか」でした。というのも、リモートワークには、コミュニケーションやコラボレーションの質に影響を与える技術的な課題がつきものだからです。

共同作業ミーティング

リモート プロジェクト管理ツールは、管理者がプロジェクトの状況について従業員と同時に、または個別に通信するのを助けます。これらは、人気のある Zoom 会議アプリで利用されているように、仮想チーム会議を通して促進することができます。このアプリでは、経営陣のリーダーがビデオ、メッセージ、音声通話でコミュニケーションを取り、プラットフォームを介して自由なコミュニケーションの流れを促進することができます。

目標の設定

効果的なプロジェクトマネージャーは、管理するリモートチームに対して定期的に生産性目標を設定します。リモートチームのプロジェクト目標を設定することで、マネージャーはチームの生産性レベルを測定するための紛れもない指標を手に入れることができます。このプロジェクト目標は、リモートワーカーが与えられたタスクを遂行する際に、設定されたパラメータを満たすように動機付けします。また、プロジェクトの目標を設定することで、マネージャーは、プロジェクトの状況やワークフローの実現可能性についての貴重な洞察を得ることができます。

Status Updates

Salesforceなどの生産性管理ツールは、プロジェクトに関するリアルタイムのステータス更新を提供し、チームメンバーからの出力レベルに関する詳細レポートを生成することもできます。このリモート プロジェクト管理ツールでは、タスク完了の内訳を確認でき、プロジェクト完了のボトルネックについて報告することも可能です。また、メッセージング機能により、プロジェクトマネージャーとチームの間で迅速かつリアルタイムのコミュニケーションが可能です。さらに、リモートワークのプラットフォーム上で、チームメンバー同士がリアルタイムにデータを共有することも可能です。

効果的なコミュニケーション

管理者は、チームとの効果的なコミュニケーションを通じて、リモートで仕事のプロジェクトを成功させることができます。ワークスペースの生産性向上ツールの世界では、すべてのコミュニケーションが同じように作成されるわけではありません。リモート ワーカーの中には、チーム メンバーとビデオ通話でプロジェクトの最新情報を得ることを好む人がいるかもしれません。また、電子メールやインスタントメッセージなどの従来のメッセージングツールでプロジェクトの見解や最新情報を伝えたいと考えるチームメンバーもいるでしょう。

バーチャルな会議スペースを作る

成功するプロジェクト マネージャーは、チーム メンバーと効果的にコラボレーションして、全員がタスクを理解できるようにすることができます。リモート プロジェクト管理ツールは、チーム メンバーがプロジェクトに貢献できるように、オンライン ミーティングを促進する必要があります。

  • A messaging platform
  • A compatible audio-visual interface
  • A real-time data sharing tool

Use Productivity Management Tools

生産管理ツールはチームメンバーをうまく管理するために不可欠なツールです。これらのツールは、便利な機能を備えているため、オフィス内外の仕事チームを管理するために重要です。リモート プロジェクト管理ツールは、チーム メンバーのデータ アクセスを容易にし、リアルタイムのレポート作成を支援し、効果的なコミュニケーションを可能にします。また、管理者はプロジェクトの状況を確認し、リモートでチームを監督することができます。

プロジェクト管理はリモートで行うことができますか

リモートでのプロジェクト管理は、仮想生産性管理ツールによってうまく行うことができます。リモートワークをより生産的にするプロジェクトベースのツールには、多くの種類があります。効果的なリモート プロジェクト管理ツールの影響は、より生産的で幸せな従業員として現れることでしょう。

Performance Management Tools

Salesforceなどのリモートプロジェクト管理ツールは、リモートチームのパフォーマンスを追跡し、そのパフォーマンスに関する正確なデータを提供します。パネル上の視覚的なレイアウトにより、これらの各チーム間の生産性レベルを簡単に比較および対照できます。プロジェクト・マネージャーは、このパフォーマンス指標を利用して、リモート・チームに対するインセンティブを設定することができます。これにより、プロジェクトの目標を達成し、効率的にタスクを完了するよう促すことができます。

Time Tracking Tools

効果的なマネージャーは、リモートチームメンバーの所在を説明できるようにする必要があります。この生産性指標により、管理者はリモート プロジェクト管理ツールからのデータを使用して、チームに対する報酬および認識プログラムを作成することもできます。管理者は、チーム・メンバーがいつシステムにログインまたはログアウトしたかを把握し、時間厳守を追跡することができます。

Simplify Workflow

リモート プロジェクト管理ツールの中には、チーム メンバーのワークフロー プロセスを合理化するものもあります。その結果、平凡なタスクが自動化され、従業員がプロジェクトに完全に集中するための追加の時間を確保することができます。プロジェクトベースのワークフローが簡素化されることで、経営陣のコラボレーションも容易になります。また、日々のタスクやイベントを正確に把握し、プロジェクトの期限を知らせることも可能です。

Popular Remote Project Management Tools

Zoom

リモートプロジェクト管理ツールの機能は、チームのカレンダーの同期とスケジューリングを含んでいます。jpeg" width="499" height="485" alt="" data-mce-src="https://ws.apms.io/api/_files/6uzhwaHdSJUHHSt367c8Uf/download/">

最近の在宅勤務の増加により、Zoomプラットフォームは驚異的に成長しています。そのため、このような状況下でも、安心してご利用いただけます。このツールは、ビデオ、オーディオ、インスタントメッセージ、リアルタイムのデータ共有などを可能にする。プロジェクトマネージャーは、同時進行するチームと直接コミュニケーションする必要がある場合、このタイプのリモートプロジェクト管理ツールの利用を選択することができます。

Trello

このリモートプロジェクト管理ツールは、ワークフロー内のタスクを整理し、合理化するのに役立ちます。また、「Trello」ボードや「カード」は、チームメンバーごとに作成することができます。また、個々のチームメンバーが、より満足のいくワークフローを実現するために、プロジェクトのビジュアルレイアウトをカスタマイズし、ラベル付けすることも可能です。大規模な組織では、このリモートプロジェクト管理ツールを導入することで、リアルタイムにタスクを追跡し、スケジュールを立てることができます。

Slack

そのインターフェースは、遠隔地のチームメンバー間のリアルタイムでのコミュニケーションを促進します。

そのインターフェースは、遠隔地のチームメンバー間のリアルタイムなコミュニケーションを容易にします。このリモートプロジェクト管理ツールは、チームやオフィススペースの規模に関係なく効果的です。

Microsoft

Microsoftチームから利用可能なプロジェクト管理ツール群も負けてはいません。そのワークスペースのインターフェイス、統合の容易さ、および人気により、Microsoft Teams はトップのリモート プロジェクト管理ツールになりました。Zoomのミーティング機能に似ており、プロジェクトチームメンバーとの同時コミュニケーションも可能である。また、インスタントメッセージング機能を使用し、プラットフォーム間での安全なデータ共有が可能です。この生産性ツールをプロジェクト管理リソースに追加したプロジェクト マネージャーは、無料モードでもその機能に感銘を受けることが多いようです。

結論

プロジェクト管理アプリは、プロジェクトやチームの効果を管理しやすく、プロジェクトを成功に導くのに役に立ちます。しかし、これらのアプリを作るには、多くのコーディングと技術的な知識が必要で、さらに価格もかなり高いです。代わりにノーコードソリューションにシフトしませんか?もしあなたが、ノーコード・ソリューションでチームやプロジェクトを管理するための完璧なソリューションをお望みなら、AppMasterにご連絡ください。弊社の専門的な経験を積んだスタッフが、お客様に最適なノーコード・ソリューションを提供し、費用対効果の高い方法でお客様のビジネス・ニーズを完全に満たし、リモート・ビジネスを拡大・成功させるお手伝いをいたします。