ソフトウェア開発プロセスは複雑であり、企業内の他のプロジェクトと同様に、慎重に計画・管理される必要があります。企業は、ビジネスのほぼすべての側面において、プロジェクトマネジメント戦略を展開しています。ソフトウェア開発のような複雑なものを計画し、管理するための戦略を持ってはいけないのでしょうか?

先の作業を計画せずに開発プロセスに飛び込む開発チームは、遅延、予算超過、失敗に直面する可能性が高くなります。このため、ソフトウェア開発の分野では、ソフトウェア開発ライフサイクル戦略の重要性が高いのです。この記事では、ソフトウェア開発ライフサイクルについて、ソフトウェア開発プロセスの一部であるすべてのフェーズを分解して説明します。

ソフトウェア開発ライフサイクルとは?

ソフトウェア開発ライフサイクルとは、ソフトウェア開発プロセスに含まれるすべてのフェーズを分解したものです。企業や開発チームはそれぞれ独自のソフトウェア開発ライフサイクルを作成し、担当するすべての開発プロジェクトでそれを再現することができます。しかし、すべてのソフトウェア開発ライフサイクル戦略に共通する基本原則がいくつかあるので、それを知っておくとよいでしょう。例えば、すべてのソフトウェア開発ライフサイクルモデルは、以下の経路のバリエーションである。

  • 要求分析
  • 計画段階
  • 製品設計フェーズ
  • コーディングフェーズ
  • テスト段階
  • バリデーション
  • デプロイメント
  • 保守フェーズ

繰り返し可能なシステム開発ライフサイクルが確立されれば、どのようなソフトウェアプロジェクトでもそれを展開することができます。このような基盤を持つことで、開発チームはより迅速かつ一貫性を持って作業し、スケジュールとコストをより意識し、間違いを避け、短期的に問題を防ぐことができます。ソフトウェア開発ライフサイクルは、ソフトウェア開発プロセスをより効率的、迅速、かつ費用対効果の高いものにするために最適化されます。

ソフトウェア開発のライフサイクルはどのように機能するのか?

ソフトウェアプロジェクトライフサイクルは、ソフトウェア開発プロジェクト全体をフェーズに分解して考えます。開発者は、各フェーズが他のすべてのフェーズと関連していることを知っていても、各フェーズを個別に管理することができます。ソフトウェア開発ライフサイクルの各ステップには、目標、タスク、予算、ドキュメント、割り当てられたチーム、そして期限があります。

software development project

さらに各フェーズには、目に見える結果であるアウトプットがあるはずです。例えば、計画フェーズのアウトプットは、計画プロセスや概略の計画に関連する文書であるべきで、コーディングフェーズのアウトプットはコードである。

これまで述べてきたように、ステップ数は決まっていません。 SDLCを作成することができます。しかし、いくつかの段階は、すべての SDLC.順番は変わることがありますが、次の段落で分解している段階は、システム開発のライフサイクルから外れることはないはずです。

のフェーズ SDLC

要求分析

どのプロジェクトマネージャーも教えてくれるように、ソフトウェアプロジェクトを含むすべてのプロジェクトの最初のステップは、チームが自分たちのプロジェクトの要件を理解するフェーズであるべきです。この段階では、次のようなことを定義する必要があります。

  • 目標
  • ビジネスにとってのメリット
  • 必要なリソース(人材、予算、ソフトウェア・ツール)
  • 納期

この段階では、開発者だけでなく、例えば、費用対効果分析や企業にとっての価値など、開発者が過小評価する可能性のある側面を強調できるビジネス・アナリティクスの助けが必要になることもあります。

この段階で、開発チームはどのような開発手法を採用するかを決定します。どのようなプログラミング言語を使うのか?どのようなプログラミング言語を使うのか? no-codeなどのツールを使うのか? AppMaster?などのツールを使うのか、もし使うのであれば、自動生成されたコードを編集するのか。 AppMasterなどのツールを使うのか、自動生成されたコードを編集するのか。

これらの疑問は、この非常に早い段階で解決しておく必要があります。

要求分析段階の出力は、ソフトウェア要求仕様書です。この文書には、プロジェクトのスケジュール、コスト見積もり、要求分析段階で議論され考案されたすべての詳細事項の他に、今後のプロジェクトのすべての仕様(ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク、セキュリティ)が含まれる必要があります。

計画フェーズ

ソフトウェアの設計、コーディング、開発に移る前に、プロジェクトマネージャーは担当チームと一緒に開発プロセスの主要な側面を概説することが重要です。このフェーズでは、開発チームはブレイクダウンします。

  • ソフトウェア・アーキテクチャ:データベース、オペレーティング・システム、プログラミング言語、API、フレームワーク
  • ユーザーインターフェイス設計
  • インフラ要件
  • セキュリティ(SSL 暗号化および証明書、パスワード保護など)

要求分析段階の出力がソフトウェア要求仕様書と呼ばれる文書であるのと同様に、計画段階の出力も同様に重要な文書である。これは、しばしば「設計文書仕様書」または「DDS 」と呼ばれます。開発者がソフトウェア製品を作成するために必要なすべての情報が含まれている必要があります。

設計フェーズ

コーディング(または別の方法論)に取り掛かる前に、開発者または開発者チームはソフトウェア製品を慎重に設計しなければなりません。これは、次のフェーズを最適化するために重要です。設計フェーズでは、以下をピンポイントで確認する必要があります。

  • UI:ユーザーがプラットフォームとどのように接するか。
  • プログラミング:どのようなアプローチを採用するか(コードかビジュアルプログラミングか、どのプログラミング言語か、どの no-codeツール)
  • コミュニケーション:ソフトウェアが他の資産とどのように相互作用するか
  • プラットフォーム:どのようなプラットフォームでソフトウェアをホストするか
  • セキュリティ:ソフトウェアの安全性を確保するためにどのような対策を講じるか?

コーディング段階

コーディングフェーズは、ソフトウェア開発者が実際にソフトウェアを作成し始める場所です。最も伝統的なアプローチを選択した場合は、ここでコードを書き始めます。のような異なるアプローチを選択した場合、ここでコードを書き始めます。 low-codeまたは no-codeのような別のアプローチを選択した場合は、ここで、例えば、選択したno-code プラットフォームの利用を開始します。 AppMasterそして、ソフトウェア製品を設計するために、事前に構築されたソフトウェアブロックを組み立て始めるのです。

no-code-future

チームがそれまでのすべてのフェーズを経ていれば、コーディングフェーズがいかに最適化されるかは容易に理解できるはずです。コーディング作業、またはプラットフォームの使用は、より簡単です。 no-codeチームメンバー全員が、何をすべきか、何が限界で、何が目標かを理解しています。コーディングのフェーズは、テスト可能で完全に機能するソフトウェアという必要なアウトプットを提供するまでは完了しません。

テスト段階

前の開発段階で提供されたソフトウェアは、テストフェーズでテストする必要があります。テストは、ソフトウェアに携わったチームと同じチームが行うことも、別のテストチームが行うこともできます。開発チームからテストチームを分離することが望ましいのは、どのような場合でしょうか。従来のマニュアルコーディングのアプローチを採用した場合、テストフェーズはより複雑で長くなり、通常、新鮮な目が必要となります。

もしあなたが、その代わりに no-codeアプローチを選択した場合、ソフトウェアのテストフェーズはより迅速かつ容易になります。これは、開発者が手動でコードを書かないためです。

  • 一方、コードは自動的に生成されるため、エラーの可能性は低くなります。そのため、ソフトウェアのテスト段階はより迅速に行われる。
  • 一方、開発者はコードを書いていないので、テストチームや担当者を追加することなく、新鮮な目でソフトウェアのテストフェーズを受けられます。

検証段階

この開発段階では、すべてのシステムテストが完了した後、ソフトウェアを完成させることができる。ここで完成したものは、間もなく一般に公開されたり、社内に配備されることになるので、検証段階は非常に重要である。

デプロイメントフェーズ

デプロイメントフェーズでは、選択したプラットフォーム上にソフトウェアを実装する。例えば、社内プロセス用のソフトウェアを開発する場合、この段階でソフトウェアプロジェクトを同僚に提供し、彼らが使い始められるようにします。モバイルアプリを開発した場合は、デプロイメントフェーズで選択したアプリストアで公開します。

保守フェーズ

開発プロセスは、ソフトウェアのリリースやデプロイメントが完了しても終わりではありません。すでにご存知のように、すべてのソフトウェアにはメンテナンスが必要です。これは、ソフトウェアが使用され続ける限り続く事実です。常にソフトウェアを更新し、起こりうるあらゆる問題を修正し、その可能性を最大限に維持する必要があるのです。

免責事項

ソフトウェア開発のライフサイクルを漏斗のような経路で説明しました。各開発段階は次の段階の後に続き、前の段階が完了するまで次の開発段階を開始することはできません。しかし、プロジェクトのライフサイクルは厳密に直線的である必要はないことを明確にしておかなければなりません。それどころか、開発中に前の段階に戻って改善したり、プロジェクトを最適化したりすることもよくあることです。ライフサイクルアプローチでソフトウェアを作れば作るほど、前の段階に戻って修正する必要性は少なくなります。

SDLCモデル&メソドロジーの説明

開発段階は同じですが、その順序や重要性は異なる場合があります。また、そのアプローチも異なる場合があります。ソフトウェア開発ライフサイクルのさまざまな解釈方法について語るとき、私たちはプロジェクト・ライフサイクル・モデルについて語ることになります。この項では、最も一般的なソフトウェアエンジニアリングライフサイクルモデルについて説明します。

ウォーターフォールモデル

ウォーターフォールモデルは、ソフトウェア開発で使用できる最もシンプルなモデルです。 SDLC.線形モデルとしても知られており、作業中のステージが完了し、必要なアウトプットを提供するまで、次の開発ステージに移ることができないことが要求されます。段階の順序は前項で説明したもので、ほとんど変わりません。

反復漸進モデル

このモデルでは、大きなソフトウェアエンジニアリングのプロジェクトは、より小さな塊に分割されます。例えば、各機能を別々に扱うことができる。プロジェクトのさまざまな部分が特定されると、その一つ一つが、すべての異なるステージを通過し SDLC.

アジャイル方法論

最近、最も活用されているモデルのひとつにアジャイルモデルがある。アジャイルモデルは、大きなソフトウェアエンジニアリングプロジェクトを小さなブロックに分割し、前のブロックが完了した後に各ブロックを開発します。

しかし、アジャイル手法によるプロジェクトは、顧客や開発中のソフトウェアサービスを必要とする人によって常に見直されます。作業はスプリントと呼ばれる塊に分けられる。各スプリントが終了すると、作業の見直しが行われ、次のスプリントに進むことができる一方で、前のスプリントに対するフィードバックを受け、必要に応じて可能な部分を修正したり改善したりすることができます。アジャイルモデルでは、開発とテストの間に継続的な相互作用が存在します。他のどのモデルよりも柔軟であることが、ソフトウェア開発業界で広く使われている理由です。

のメリット SDLC

効率性の向上

他のタイプのプロジェクトでもそうですが、計画を立て、自分自身とチームがプロセス中にたどるべき道筋を示すことで、常に効率と生産性が高まります。各段階で次の行動を決める必要がなく、関係者全員が同じワークフローを共有し、何をすべきかを知っているため、作業の効率が上がります。また、チームやお客様とのコミュニケーションも容易になり、効率性が向上します。

コラボレーションの強化

コミュニケーションが円滑になることで、異なるチーム間やメンバー間のコラボレーションも促進されます。例えば、要求分析チームと開発チームが分かれている場合、後任のチームには前段階の詳細なドキュメントが提供されるため、両者のコミュニケーションや、ある段階から別の段階への移行が簡単になります。

成功率の向上

明確な道筋があることで、作業は最適化され、向上します。その結果、開発プロジェクトが成功する確率が高まります。

コスト削減

初期段階では詳細な費用対効果の分析が必要なため、各段階に予算が与えられ、ミスが減る(したがって時間も短縮される)ので、.NETを導入すると開発プロセスのコストは必然的に低くなります。 SDLC.