ビジネスが採用するソフトウェアソリューションは、その成功に大きな役割を果たすことがあります。不格好で安価なアプリケーションを使用すると、従業員やユーザーにとってフラストレーションがたまることになります。また、より多くの時間と労力を費やすことになります。このようなシステムは、生産性のレベルを下げることになります。あなたの会社で使用されるカスタムソフトウェアソリューションを選択または開発しながら、慎重かつ気配りする必要があります理由です。

多くの COTS- には、様々な用途に対応した市販のソフトウェアがあります。彼らは、組織が持つかもしれない一般的なニーズをカバーする傾向があります。そのような市販のソフトウェアの例は、Microsoft Officeです。このようなソフトウェアソリューションは、一般的な目的と、より多くのターゲットオーディエンスのために作成されています。費用対効果に優れ、便利ではありますが、あなたのニーズに完璧に応えてくれるものではありません。

すべてのビジネスにはその要件があり、既製のソフトウェアソリューションは、それらを満たしていない可能性があります。カスタムソフトウェア開発を利用することで、適切なアプリケーションを確保することができます。ここでは、カスタムソフトウェア開発についてより詳しく見ていきましょう。

カスタムソフトウェア開発とは?

カスタムソフトウェア開発とは、特に一連の顧客、タスク、または企業向けのソフトウェアを計画、構築、配布、開発することです。このようなカスタムソフトウェア開発は、既成のソフトウェアとは異なり、特定の要件を満たそうとするものです。COTS は多くの分野を扱っているので、そのようなソフトウェアはより大規模に製造することができる。

同時に、カスタム・ソフトウェアを作成することで、特定の要件を満たすことができる。例えば、銀行のプラットフォームは、銀行とその顧客のニーズを満たすために特別に作成されたものです。このようなプラットフォームは、その特定の銀行が提供するサービスやスキームに応じて、高度に専門化する必要があります。そのためには、市販のソフトウェアでは不十分な場合があります。このような場合、カスタム・ソフトウェアを作成する必要があります。カスタム・ソフトウェアとは、オーダーメイド・ソフトウェアとも呼ばれる。

カスタム・ソフトウェアの作成は、企業の開発チームや外部の請負業者が担当することが多い。カスタム・ソフトウェアの開発は、他のソフトウェア開発と同じ手順と方法論に従います。これには、情報の収集、コードの記述、テスト、デプロイメントが含まれる。また、アジャイルソフトウェア開発戦略ラピッドアプリケーション開発など、同じアプローチを使用することになります。

software development

カスタムソフトウェア開発の作成によく関連する用語として、アプリカスタマイゼーション、アプリモダナイゼーション、アプリマネジメントがある。アプリケーションのカスタマイズは、独自のニーズに対応するために市販のソフトウェアを変更する開発プロセスである。企業のカスタムソフトウェア開発の収益性は、変化する顧客や市場の期待に応えるためのアプリの近代化にかかっています。配備、アップグレード、効率と信頼性の向上、サービスデスク業務などの運用をサポートすることで、アプリ管理はソフトウェアの有効性を高めます。

カスタムソフトウェアと既製ソフトウェアの違いは何ですか?

市販のソフトウェアは、その名の通り、より大きなスケールで作成され、より多くの人を対象としています。多くの人が直面する可能性のある問題に対処しています。大量生産されたものであるため、お客様のニーズに合わせて作られたものではないかもしれません。技術、経済、ビジネス、ネットワークなど、考えうるほぼすべてのニーズに対して、パッケージソフトが提供されています。

商用ソフトウェア開発の主な特徴は以下の通りです。

  • 使い方が簡単

既製のソフトウェアは、本質的に同じ要件を持つ幅広いオーディエンスに対応しています。例えば、Microsoft Wordは、様々な規模や種類の企業で広く利用されているワードプログラムで、機能性や個性化の可能性があります。これらは多くの人のために作られているため、使いやすさを念頭に置いて作られています。また、より人気がある傾向があるでしょうから、あなたが疑問を持った場合に、多くの他の人がそのようなソフトウェアであなたを助けることができます。

  • ダウンロードや購入のための簡単なインターフェイス

既製品のソフトウェアは、企業のWebページから入手したり、クラウドサービスとして提供されることもありますが、バンドルされて店頭で購入することも可能です。また、自宅にいながらアクセスできるものも多くあります。

  • 豊富なラインナップ

あなたの会社が利用するすべてのプラットフォーム用に、既製のソフトウェアパッケージがあります。Windows、macOS、Linuxなど、ほとんどのOSに対応しています。カスタムソフトウェアを作成する場合は、使用するオペレーティングシステムを考慮し、注意する必要があります。

  • カスタマイズ性

Microsoft Officeアプリのようなよく知られた商用ソフトウェアプログラムは、あなたの会社のためにプログラムの効率を向上させるために、ある程度のカスタマイズを提供しています。カスタム・ソフトウェアを構築したくない場合は、既存のソリューションをカスタマイズすることができます。これは、あなたが望む基準のいくつかに適合するCOTS が存在する場合に適用されます。

既存のシステムがあなたのニーズに合っている場合、商用ソフトウェア開発には多くの特典があります。しかし、あなたが持っている要件がそれらによって満たされない場合、これらのどれも適用されません。市販のソフトウェアには様々な種類がありますが、ある企業は市販のソフトウェア開発では提供できない特殊な機能を必要としています。その場合、カスタマイズされたソフトウェアの構築を利用することがあります。

市販のソフトウェアにも、いくつかの問題がある。例えば、システムに統合するのがはるかに困難です。また、後で規模を拡大したり縮小したりする場合にも、問題が生じる可能性があります。特定のサイズに合わせて作られているため、一部の機能しか必要ない場合があります。たとえそのソフトウェアが必要ない場合でも、予算を有効に活用することができます。

カスタムソフトウェア開発の長所と短所は何ですか?

カスタムソフトウェア開発サービスが与える利点はたくさんあります。そのうちのいくつかを紹介します。

効率性

カスタムソフトウェアアプリケーションは、開発プロセスを迅速かつ経済的に支援するために特別に設計されており、COTS プログラムを変更したりカスタマイズしたりする必要はありません。

スケーラビリティ

カスタマイズされたソフトウェアは、企業や業界の発展や拡大に合わせて拡張することができます。ソフトウェア開発者とデザイナーは、要件収集の開発プロセスとともに、将来の需要を評価することができます。バンドルされたアプリケーションのための個別の許可やメンバーシップにお金を使う代わりに、これらの要素をプログラムに統合することができます。

統合コストの削減

市販のソフトウェアを購入する際、以前のシステムとの互換性は非常に重要な要素です。仮に、市販のソフトウェアがあなたのアプリと互換性がないとします。その場合、企業は現在のインフラと連携し、接続できるソフトウェアを購入するために、より多くの資金を投入する必要があります。カスタムソフトウェアアプリケーションは、それが意図する環境と統合するために作成される可能性があります。

セキュリティ

どのような企業やソフトウェアであっても、脆弱性のあるプログラムは好ましくないため、セキュリティを優先する必要があります。カスタムソフトウェアアプリケーションは、あなたが望むだけ多くのセキュリティ機能を含めることができるため、潜在的なリスクを低減することができます。既製のデバイスの限られたセキュリティメカニズムに頼る必要はありません。

制御と使用の自由

カスタム・ソフトウェアを作成することで、プログラムを利用したりアップグレードしたりする柔軟性が得られるため、企業はカスタム・ソフトウェア・アプリケーションを完全に制御することができます。カスタムソフトウェアソリューションは、それらを使用するすべての企業に大きな利益をもたらすことができます。しかし、カスタムソフトウェア開発サービスに関しては、企業が注意すべきいくつかの欠点があります。それらについて知っておくことは、そのような問題に対処するのに役立ちます。

カスタム・ソフトウェア開発プロセスに関連する主な問題点をいくつか挙げます。

高い開発コスト

企業はソフトウェアやカスタムソフトウェア・ソリューションを構築する際に多額の費用を負担しますが、一方で市場原理により既製のソフトウェア製品の価格は低下しています。カスタムソフトウェアソリューションの価格には、しばしばサポートやアップデートの費用が含まれています。しかし、一度導入すれば、カスタムソフトウェアアプリケーションの有用性は、構築の費用を上回るように思われます。

開発に時間がかかる

カスタム・ソフトウェアの完全な機能を設計するには、長い時間がかかります。なぜなら、それらの要求は、人々が期待するほど明白であるとは限らないからです。すべてのニーズを理解し、不明確な点や間接的なものを特定するために、調査と評価にかなりの時間が費やされます。

誤ったプログラマーを採用するリスク

間違った個人やソフトウェア開発会社と取引することは、カスタムソフトウェア開発だけでなく、多くの分野で危険性があります。間違ったソフトウェア開発会社を選ぶと、お金と時間の両方が無駄になる可能性があります。業界にはそのような企業がたくさんあるので、劣悪な、または素人っぽいカスタムソフトウェア開発サービスを提供する人を選ぶかもしれません。そのため、ソフトウェア開発会社を選択する際には、時間をかけることをお勧めします。そのため、ソフトウェア開発会社を選ぶ際には、時間をかけることをお勧めします。

カスタムソフトウェア開発サービスの長所と短所を理解することで、あなたにとって正しい道を選択することができます。デメリットを意識することで、デメリットに対しても適切な対策を講じることができます。

カスタムソフトウェア開発のプロセスはどのようなものですか?

ソフトウェア開発モデルには、ウォーターフォールモデル、アジャイルソフトウェア開発モデル、スパイラルモデルなど、さまざまなものがあります。アジャイル方式は、この3種類の中で最もよく知られている方式です。ソフトウェア開発の方法論は、製品が正常に提供されることを保証するために、独自の戦略を持っています。手法は違っても、どのモデルにも組み込まれている一定の段階があります。

それは以下の通りです。

予備要件の収集

設計者と開発者が、プロジェクトの要件、ソフトウェアの目的、ソフトウェアのユーザー、および最終製品の機能に対するクライアントの期待値を理解する段階です。

計画・分析

クライアントの要望をすべて満たすソフトウェアを実現するために、総合的な調査を行う必要があります。

テクニカルデザインとビジュアルデザイン

ソフトウエアの開発には独自の戦略が必要なため、システム設計を行うことが重要です。

開発アプリケーション

ビジュアルデザインとテクニカルデザインに基づき、コーディング作業を開始します。

テスト

開発したソフトウエアをリリースする前に、不具合を発見し、修正するためのテストを行います。

デプロイメントと維持管理

最後のステップは、ソフトウェアのデプロイメントです。しかし、そこで終わりではありません。ソフトウェアの状態を維持するために、頻繁なメンテナンスとアップデートが必要になります。

カスタム・ソフトウェア開発のコストはどのくらいですか?

カスタムソフトウェア開発プロセスには、12万ドルから22万ドルの費用がかかるかもしれません。カスタムソフトウェア開発のコストは世界的に上昇しているため、この金額は残りません。しかし、価格の方法論は、あなたのソフトウェアを製造するための正確なコストを決定します。これらは、一般的な価格設定モデルがベースにしているものです。

  • 問題の複雑さ

エンティティの数、操作、ユーザー、プログラムのサイズ、プログラム内部の通信方法などがソフトウェアの複雑さを構成しています。プラットフォームの洗練度は、それがどれだけうまく機能するかによって決まります。また、UI/UXアーキテクチャも難易度に影響を与えます。インターフェイスの要素が多ければ多いほど、複雑さが増します。例えば、地図や支払いオプションなどの追加要素を取り入れると、全体の複雑さと価格が上がります。

  • あなたのチームの所在地

あなたがいる場所は、価格設定に大きな役割を果たします。カスタムソフトウェア開発のコストに影響を与えるもう一つの要因は、ソフトウェア開発者をリモートで雇うかどうかです。例えば、世界中からの雇用に前向きであれば、より多くの才能に触れることができ、価格も下がるかもしれません。しかし、コミュニケーションの問題に対処し、ソフトウェアエンジニアが必要なものを正確に把握できるようにする必要があります。

  • 開発チームのタイプ

開発チームの種類は、価格を決定する上で重要な役割を果たします。一般的に、フリーランスの開発者は最も安く、社内の開発チーム全体は最もコストがかかります。社内の開発チームはお客様のニーズを正確に把握し、最適なソリューションを提供することができますが、その分非常に高価になることが多いです。質の高い製品を安く手に入れたいのであれば、アウトソーシングや現地の開発チームを雇う方がよいかもしれません。

カスタムソフトウェア開発のコストに影響を与える要因は何ですか?

ソフトウェア開発プロジェクトは、その複雑さや必要な技術が異なるため、それぞれ異なるコストが発生します。一般的に、カスタムソフトウェア開発のコストに影響を与える主な要因には、以下のようなものがあります。

  • 複雑さ

ソフトウェア開発プロセスによっては、簡単な技術スタックしか必要としないものもあれば、もっと複雑なものを必要とするものもあります。また、必要なプログラミング言語も変わってきます。同様に、専門知識のレベル、開発ツール、カスタムソフトウェアの構築に必要なライセンスも、カスタムソフトウェア開発の全体的なコストに貢献します。複雑さのレベルに応じて、コストは増加します。どのようなソフトウェア開発プロセスも、基本的なもの、平均的なもの、複雑で難しいもののいずれかに分類されます。特徴や機能の数が増えれば増えるほど、複雑さのレベルも上がります。

  • 一緒に仕事をするチーム

前述したように、ソフトウェア開発者の経験が豊富であればあるほど、コストは高くなります。シニア・エンジニアやソフトウェア・アーキテクトはより高価になりますが、同時に中堅の開発者やインターンはより手頃な値段になる可能性があります。開発者の経験が豊富であればあるほど、より多くのプログラミング言語に精通し、より良い仕事をすることができます。

  • マーケティング

カスタムソフトウェアソリューションの開発には、マーケティング費用と初期費用は含まれないかもしれません。しかし、製品やサービスをそれなりの数の人に使ってもらうには、マーケティングが必要です。これは、カスタムソフトウェア開発のコストの2倍、あるいは3倍までかかる可能性があります。このコストは、ソーシャルメディア・マーケティングからオンサイトおよびオフサイトのSEO対策まで、マーケティングの手法によって異なります。

  • メンテナンス

ソフトウェアは、そのライフサイクルを通じてメンテナンスが必要です。これには、アップデート、ホストの維持、テクニカルサポートなどの費用が含まれます。あなたが非常に特殊で専門的な機能を持っている場合、あなたはまた、増加するメンテナンスコストを期待することができます。一般的に、保守費用もソフトウェア開発費用の2倍程度かかると予想されます。

カスタムソフトウェア開発ならno-code

技術の進歩や新しいフレームワークによって、ソフトウェア開発者の職務が簡素化され、プログラミングが大きく変化しました。その no-codeアプローチは、そのような技術の1つであり、日に日に勢いを増しています。デジタルトランスフォーメーションと AppMaster のようなno-code プラットフォームにより、難しい学習曲線やプログラミング言語を経ることなく、誰でもより迅速にカスタムソフトウェアを開発することができるようになりました。

no-code-feautures

カスタムソフトウェア開発の世界は急速に変化しています。No-code プラットフォームによって、ビジネスオーナーや起業家は、コーディングの経験を必要とせずにカスタムアプリケーションをこれまで以上に簡単に作成できるようになりました。これらのプラットフォームでは、以下のことが可能です。 drag-and-dropコンポーネントを使用し、プログラミングの必要なくアプリを作成できます。このため、カスタムアプリケーションを必要としながらも、開発者を雇う時間やリソースがない企業にとって、素晴らしい選択肢となります。

AppMaster は、カスタムソフトウェア開発に最適な選択肢です。私たちは、お客様独自のアプリケーションを簡単に作成できるよう、様々な機能を提供しています。 、コーディングの経験がなくても、複雑なアプリケーションを簡単に作成することができます。さらに、drag-and-drop アプリを作成するために使用できるコンポーネントも豊富に取り揃えています。また、様々なサポートオプションもご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。あなたが経営者であれ起業家であれ、 はコーディングの経験がなくてもカスタムアプリケーションを簡単に作成することができます。AppMaster

まとめ

日々多くの企業が設立される中、それぞれの企業のニーズは既存のソフトウェアだけでは対応しきれません。カスタムソフトウェア開発は、特化した企業のニーズに応えます。カスタムソフトウェアでは、社内システムが複雑であっても、そのようなソリューションが対応してくれるため、心配する必要はない。カスタムソフトウェア開発により、最高の製品・サービスを生み出すことができます。また、従業員の満足度も向上します。これらはすべて、より多くの顧客と生産性の向上につながります。

カスタム・ソフトウェア開発は、不必要に高価である必要はありません。生産性を最大化するために、既存のシステムと特定のカスタム・ソフトウェアの両方を使用することを検討することができます。最も重要なことは、必要なものに関して明確な目標を持つことと、従業員にとって働きやすい環境を確保することです。