Grow with AppMaster Grow with AppMaster.
Become our partner arrow ico

ビジュアルプログラミングとは何か、その仕組みは?

ビジュアルプログラミングとは何か、その仕組みは?

VPLとはビジュアルプログラミングの略で、アイコンやボタン、記号などのグラフィカルな部品をコーディングの形で使用する言語の一種である。このプログラミング言語では、コンピュータが生成するコーディングの概念を視覚的に説明することができます。このタイプのプログラミング言語は、技術者ではないユーザーが、ほとんどの初心者が理解できる方法で図表や処理を説明するのに役立ちます。また、ビジュアルプログラミング言語は、ユーザーがドラッグ&ドロップのインターフェースを使用するだけで、ローコードプラットフォーム上で最も効率的に動作します。

ソフトウェア開発において、ビジュアルプログラミング言語を使用することにはメリットがあります。ビジュアルプログラミングツールとしての最新のソフトウェア開発は、コーディングの専門家ではないユーザーにとって、初心者に優しいソリューションとなります。画像やブロックのシンプルなビジュアルレイアウトにより、一般のユーザーでも理解しやすく、設計や説明も簡単です。そのため、判別不能なコードの行を見る代わりに、このビジュアルプログラミング言語を使って、人々は複雑な概念を論理的に把握し、説明することができるのです。ビジュアルプログラミングは比較的シンプルであるため、ユーザーにコーディングやプログラミングを紹介するシームレスな方法と言えます。

しかし、そのシンプルさとは裏腹に、グラフィックを多用するため、煩わしさを感じることもあります。このプログラミング言語はサイズが大きいため、コンピュータ上でより多くのスペースを占め、さらにドライブに必要なメモリ量のため、機能が低下する可能性があります。VPLは、使用する表現機能の範囲が非常に限定されています。そのため、より複雑な処理を実行することが難しく、その結果、プログラミングの世界では技術的な巨人がこのタイプの言語を使用することはほとんどない。

(VPL) Visual Programming Language - 完全ガイド

Visual Programming

このガイドでは、ビジュアルプログラミング言語 - VPLについて、そのサイズ、外観、開発など、以下の4つの簡単なステップで知るべきすべてのことを推奨しています。

テキストとビジュアルの違い

通常のプログラミング言語はテキストベースですが、ビジュアルプログラミングプラットフォームはグラフィカルベースで、アイコンやシンボル、論理ブロックなどで構成されています。ビジュアルプログラミングプラットフォームのグラフィカルコンポーネントは、フローチャート図のようなレイアウトになっており、テキストベースのプログラミング言語とは異なる。このため、ScratchのようなVPLは、JavaやKotlinのような本来のプログラミング言語よりも可読性が高い。

大型化

ビジュアルプログラミングツールは、グラフィックベースのためサイズが大きく重くなりますが、通常のプログラミング言語は、ほとんどがテキストベースのため、機能はすっきりしています。その結果、通常のプログラムは、このローコードやノーコードよりもコンピュータ上でより少ないメモリしか消費しない。

興味深い事実は、AppMasterプラットフォームを使って作成されたアプリケーションは、プログラマーが古典的なプログラミング言語を使って開発したアプリケーションと同じくらい小さく、速いということです。これは、AppMasterがビジュアルスタイルから基本的なものだけを取り出し、言い換えれば、要件と連動しているからです。このプラットフォームは、ユーザがビジュアル要素やビジネス・プロセス・ブロックを使って作成した要件を分析し、ビジネス・プロセス・ブロックに基づいて、純粋なロジックを生成します。

このプラットフォームは人工知能を備えているため、最初のコードが生成された後、次のステージに進み、人工知能が書かれたものすべてを最適化し、最小限のアプリケーションを出力する。例として、ロガーやテレメトリ・システムなど、アプリケーションに必要な基本的なものをすべて備えた、AppMaster上に構築された標準的なアプリケーションを考えてみましょう。

このようなアプリケーションを実行する場合、消費するRAMは10メガバイト未満であり、これは優れた結果と考えられます。結論として、VPLのサイズには確かに問題があると言えますが、それはすべて、選択した特定のプラットフォームに依存するのです。AppMasterプラットフォームにはそのような問題はありません。

シンプル&イージー

Scratchのようなビジュアルプログラミングツールのシンプルで簡単なローコードインターフェースは、初心者や技術者でないユーザーにとって、通常のプログラミング言語よりも理解しやすくなっています。ビジュアルプログラミングソフトウェアは、技術的なことを抜きにして、コーディングの基本を学び、応用したいと考える初心者にとって、優れたグラフィカルツールです。

この開発方法は、初心者だけでなく、予算が限られている企業や、開発費を節約したい人にも役立つだろう。昨今、開発者の給与が高いことは周知の事実ですが、VPL方式はこの問題を解決するのに役立ちます。

迅速かつ柔軟な開発

Visual programming

ビジュアルプログラミングシステムは、通常のプログラム言語と比較して、オプションに柔軟性があり、素早く簡単に開発・完成させることができるため、迅速な開発納期を可能にします。グラフィカルでローコードなプログラミングコンポーネントは、マウスのクリックで簡単に移動できるので、論理的なシーケンスを作成するためにサイズを変更したり、配置を変えたりすることができ便利です。

ビジュアルプログラミング言語のデメリット

VPLは素晴らしく、需要があるにもかかわらず、通常の伝統的なプログラミング言語と比較して、VPL - Visual Programming Languageのいくつかの欠点を持っています。

そのトップ3は以下の通りです。

プラットフォームのスケーラビリティが制限される

ビジュアルプログラミングソフトウェアは、より大規模で複雑なソフトウェアプロジェクトには機能が制限されます。初歩的なプラットフォームとグラフィカルなコンポーネントは、開発プロセスにおいて、より大規模なシステムへのスケールアップを困難にしています。これらの大規模なソフトウェアシステムでは、より複雑な機能のためにテキストベースのプログラムの高度な機能が必要となる場合があります。

一方、AppMasterは既存のノーコード・ツールとは異なります。ビジュアルプログラミングというと、ビジュアルブロックをすぐに作成することで、すぐに何らかの機能が縫い込まれることを意味します。AppMasterでは、非常に柔軟なビジネス・プロセス・エディタのおかげで、コンポーネントが行うべきことを最低レベルで設定したり、ビジネス・プロセス・ブロックを使って何らかのロジックを設定したりすることができる。

微調整の可能性があるため、スケーラビリティが劇的に向上する。スケーラビリティについては、他のノーコードソリューションと異なり、AppMasterプラットフォームで作成されたアプリケーションは、デフォルトでDocker Swarm、Kubernetesクラスタ、およびほぼすべてのバランサーで実行する機能を備えており、ほぼ無制限に負荷を拡張することが可能です。

限られた可能性

ビジュアルプログラミングですべてができるわけではない、という神話があります。実際、ビジュアルプログラミングでどのようなブロックを使うかによります。例えば、AppMasterは多数の様々なブロックを使用していますが、その大部分は標準的なプログラミング言語の機能を繰り返しています。競合するプラットフォームでは、原則的に文脈から外れたブロックがあるとすれば、AppMasterの場合は、プログラミング言語の機能を繰り返すブロックになっているのです。

例えば、配列の全要素を順次反復することができる "for each "サイクルがあり、これはJavascriptからС++まで、ほぼすべての高レベル言語の "for each "構造に対応している。AppMasterのビジネスプロセスエディタには、それぞれの言語構成に対応した独自のビジュアルプログラミングブロックが用意されています。ユーザーと開発者は、プログラミング言語を使用しているのと同じレベルの複雑さと柔軟性で、ほとんどすべてのロジックを作成することができます。これらにより、AppMasterは市場で最も柔軟性の高い製品の一つとなっています。

visual programming

面倒でかさばる

複雑なプログラミング機能を実行する開発者にとって、グラフィカルコンポーネントの数が膨大になり、操作が面倒になり、かさばることがあります。ビジュアルプログラミングソフトウェアのために大きな図やフローチャートのシンボルを描くのに必要な時間とエネルギーは、通常のプログラミングツールの簡潔なテキスト行で簡略化できたはずです。

AppMasterは、逆にビジネス・プロセス・エディターとビジネス・プロセスを備えている。ビジネス・プロセスといえば、入力と出力のパラメータを持つあらゆる関数と考えるべきだろう。つまり、アプリケーション開発やソースコード生成におけるベストプラクティスは、ビジネスプロセスにも適用されるということです。例えば、ビジネスプロセスで頻繁に繰り返される関数やコードは、視覚的なものであっても、特定の関数として別プロセスに取り出され、別の関数から呼び出されるようにもなっています。

これにより、頻繁に使われるコードを別のビジネスプロセスにリファクタリングし、そのビジネスプロセスを呼び出して必要な場所で使うことができるようになります。これにより、ビジネス・プロセスを多くのブロックでごちゃごちゃにすることなく、煩雑になったり、管理できなくなったりすることがない。AppMasterのビジネス・プロセスにおけるベスト・プラクティスは、25~40以上のブロックを使用しないことである。これにより、どのような論理的連鎖がそこに構築されているのか、どのようなユーザでも理解でき、構築されたすべてのメカニズムを容易にデバッグすることができる。

ビジュアルプログラミング言語の利点

VPL - Visual Programming Languageの利点は、通常の伝統的なプログラミング言語と比較すると、計り知れないほど大きく、避けられないものです。

Advantages of Visual Programming

そのトップ3は以下の通りです。

コストが低い

ビジュアルプログラミング言語のソフトウェアは、ノーコード、ローコードのグラフィカルなソフトウェア開発ソリューションをビジネスユーザーに提供します。このような企業は、モバイルアプリケーションを作成することで規模を拡大したいと考えているかもしれませんが、ソフトウェア開発者のチーム全体を雇用するための十分な資金がない場合があります。VPLによるノーコード、ローコードのソフトウェアツールの開発は、シンプルかつコンパクトなソフトウェアソリューションを必要とする中小企業にとって最適な選択です。

アクセス可能なナレッジベース

ビジュアルプログラミングソフトウェアのシンプルさと簡単な開発により、「専門家」ソフトウェア開発者への依存を減らすことができます。このローコード・ノーコード・プログラミング言語プラットフォームは、シンプルなドラッグ&ドロップ・インターフェースにより、ほとんどの「市民開発者」が比較的容易に、かつユーザーフレンドリーな方法で習得することができます。

より迅速なソフトウェア開発

ビジュアルプログラミングツールは、ローコードおよびノーコードのプラットフォーム上で迅速なアプリケーション開発を可能にします。これは、需要に追いつき、競争相手と高いランクを維持するために、スピードアップと柔軟性を必要とするビジネスにとって有用である。

学習曲線

市民開発者がノーコード、ローコードに触れると、テキストベースのプログラミング環境に移行しやすくなります。このシンプルさのため、ビジュアルプログラミングツールは通常、若い学生にソフトウェア開発の世界を紹介するために使用されます。

ビジュアルプログラミング言語の用途

low-no-code

教育用

学習プロセスを補助・誘導するビジュアルプログラミング言語ソフトウェアは、様々な分野の学生のシミュレーション、トレーニング、教育などに役立っています。ビジュアルプログラミングソフトウェアのシンプルなグラフィカルコンポーネントは、学生が概念や手順を視覚化して把握するのに役立ちます。ローコードのビジュアルプログラミング言語のプラットフォームとインターフェースは非常に把握しやすく、学生はこれらのプラットフォームからコーディングの基礎を学び、新しいアプリケーションを構築することができました。 ノーコード、ローコードのプログラミング環境は、技術者ではないユーザーがIT市場に早く参入し、転職を希望する場合、より容易に参入できるよう支援します。

ビジュアルなアプリモデリング

現代のソフトウェア開発において、ビジュアルプログラミング言語は、論理的な概念やフローチャートのプロセスを説明するのに役立つプログラミングソフトウェアです。例えば、ビジュアルプログラミング言語は、ソフトウェア設計のプロトタイプの機能をシミュレートするためのビジュアルアプリモデリングに広く使用されています。これは、Visual App-Modelingと呼ばれ、多くの組織で採用されているソフトウェア開発プロセスである。

組織的なツール

その他の実世界でのビジュアルプログラミング言語のアプリケーションには、データ管理、ビジネスプロセス、および分析が含まれます。ビジュアルプログラミング言語は、その直感的なインターフェースと自動化されたプロセスの簡単な描写の使用により、ビジネスのスケールアップを支援します。ハイテクプログラマーの必要性をなくすと同時に、貴重なデータを豊富に含むレポートや分析を収集、作成、生成できるようになります。VPL ソフトウェアのインターフェイスの直感的な機能は、より大きなプラットフォームや他のコラボレーション技術に「おんぶにだっこ」することを可能にします。

まとめ

多くの経験豊富なプログラマーにとって、シンプルなビジュアルプログラミングツールは、現代のソフトウェア開発の中核をなしています。しかし、このことは、その実世界での応用が当然ということを意味するものではありません。これらのアプリケーションには、学習のしやすさ、シンプルなグラフィカルコンポーネント、より大きな技術プラットフォームとのインターフェース機能などがあります。多くの企業や組織にとって、競争の激しい経済環境の中でスケールアップするために必要なまさにそのツールなのです。

また、費用対効果も高く、多くの企業が今日やっと持てるようになった大規模な労働力の必要性を最小限に抑えることができます。さらに、そのソフトウェア・プラットフォームは、経営陣が自社の技術開発に対して、より実践的なアプローチをとる機会を与えてくれます。

最終的に、何が最適なソリューションであるかは、各自が判断しなければなりません。しかし、私たちは、ノーコード、ローコードのイシュアルのプログラミング言語であるVPLプラットフォームを豊富に揃えています。もし、そのようなことでお困りでしたら、当社の熟練したチームが喜んでご相談のためのミーティングを予約させていただき、お客様のニーズと懐具合に応じてお勧めすることが可能です。

AppMasterは、低予算のVPLプラットフォームをお探しなら、最適なソリューションです。AppMasterは単なるノーコードではなく、そのユニークさはソースコードを生成することにある。つまり、ユーザが望めば、プラットフォームに縛られることを恐れることなく、いつでもソースコードを手に入れることができるのです。さらに、AppMasterプラットフォームは、経験豊富なプログラマが行うのと同じ方法で技術文書を書くことができる。最終的には、開発者の手によって作られたソリューションに劣らない高品質のソリューションが、一行のコードも書かずに、はるかに短い時間と予算で手に入るのです。最近のソフトウェア開発チームには、ビジュアルプログラミングプラットフォームが必要なのです。

関連記事

2024 年のオンライン ストア向けトップ 6 の e コマース ウェブサイト ビルダー
2024 年のオンライン ストア向けトップ 6 の e コマース ウェブサイト ビルダー
2024 年のオンライン ストア向けのトップ 6 の e コマース ウェブサイト ビルダーをご紹介します。それぞれの機能、利点、ビジネスに適したプラットフォームの選択方法について理解を深めましょう。
2024 年のバウンス率への取り組み: メール リスト検証ソリューション
2024 年のバウンス率への取り組み: メール リスト検証ソリューション
2024 年にメール リスト検証を使用してバウンス率を削減する方法を学びます。メール マーケティング キャンペーンを改善するためのテクニック、ツール、影響についての洞察を得ます。
AppMaster の新しい成功事例: VeriMail
AppMaster の新しい成功事例: VeriMail
VeriMail が AppMaster のノーコード プラットフォームを使用して革新的な電子メール検証サービスを開始した方法をご覧ください。急速な開発について学びましょう。
無料で始めましょう
これを自分で試してみませんか?

AppMaster の能力を理解する最善の方法は、自分の目で確かめることです。無料サブスクリプションで数分で独自のアプリケーションを作成

あなたのアイデアを生き生きとさせる