ラピッドアプリケーション開発(Rad)モデルは、長く引き延ばされた開発およびテストサイクルよりも、迅速なプロトタイピングと即時フィードバックを促進する開発モデルである。ラピッドアプリケーション開発モデルの助けを借りて、プログラマーは、毎回最初から始めることなく、短時間でソフトウェアに何度も反復と修正を加えることができます。これは、最終結果がより品質に重点を置き、エンドユーザーのニーズと同期していることを保証するのに貢献します。

ウォーターフォールモデルは、かつてソフトウェア開発のための最も一般的な技術でした。ソフトウェア開発に対する典型的なウォーターフォールアプローチは、綿密な計画を強く意識しています。しかし、開発プロセス中のさまざまな段階で顧客からの意見を取り入れるための柔軟性は比較的限られています。そのため、顧客からアイデアが出され、開発段階が最初からやり直しになることがよくあります。

迅速なアプリケーション開発モデルは、ウォーターフォール式のアプローチに内在するすべての欠点を修正します。

当初、Barry Boehm、James Martin、および他の多くの人々は、ソフトウェアを開発するために従来のエンジニアリングの実践は必要ないことを認識していました。ソフトウェアは、あらかじめ決められたコンポーネントの配置を要求されるような孤独なリソースではありません。

当初、ラピッドアプリケーション開発モデルは、特定のプロジェクトまたはソフトウェア開発に取り組むために1つまたは複数の開発モデルを利用する、スパイラルモデルに従って組織化されました。これは他のモデルとは異なります。

迅速なアプリケーション開発(Rad)は、時間の経過とともに進化してきました。

高速アプリケーション開発の主なステップ

高速アプリケーション開発または Rad モデルは、4 つの異なる部分に分けることができます。

必要な要件の特定

マネージャー、IT スタッフのメンバー、およびユーザーなど、プロジェクト チームのメンバーが全員集まり、プロジェクトの必要性、プロジェクトの範囲、発展しうる困難、およびプロジェクトのターゲットとニーズなどの目的を定義します。

  • Input of User

開発プロセスの第2段階では、開発者とエンドユーザーの両方を含むチームが提供する仕様に従って、プロトタイプが作成されます。このフェーズは継続的に行われることが期待され、その間、消費者は開発者にフィードバックを提供するためにソフトウェアを使用します。

  • Construction

構築フェーズとユーザー入力は、アプリケーション開発または Rad モデルの最終製品を作成するために一緒に機能します。構築フェーズでは、ユーザー入力フェーズでユーザーから提供されたフィードバックが考慮されます。コーディングとテストは、これを達成するために取られる典型的なアプローチです。構築段階とユーザー入力段階の両方は、ユーザーが結果に満足するポイントに到達するまで続けられます。

  • Finalization

ユーザー入力段階と構築期間がともに終了した後、ユーザーが完成品に完全に満足していると仮定すると、次の段階では製品を完成させることになります。テストやトレーニングなどを行い、製品を仕上げていく。そして、ユーザーの手元に届いた後、どれだけ長く使えるか、どれだけ安定しているかなどのテストが行われます。

When to Used Rad (Rapid Application Development) Models

  • 数日以内など、製品の作成に利用できる時間が少ない場合、Rad (Rapid Application Development) モデルが利用されます。
  • それは、成果物や要件がすでに決定されている場合に使用されます。
  • 高速アプリケーション開発 (Rad) モデルは、エンドユーザーまたは顧客に製品のライフサイクルのすべてのフェーズに参加するオプションが与えられる場合に使用されます。より大きな予算を要求する自動化ツールでコードを開発するためには、より大きな予算が必要です。

RAD が最もよく使用されるプロジェクト

Rapid Application Development (Rad) Model は、ユーザー インターフェース ニーズに駆動されるソフトウェアの設計に特に有用ですが、使用できるアプリケーションはこれだけではありません。グラフィカル ユーザー インターフェイスを作成するために使用されるツールは、しばしばラピッド アプリケーション開発 (Rad) ツールと呼ばれます。

RAD はどう違うのか

ラピッド アプリケーション開発モデルを使用したソフトウェア開発のプロセスは、他のソフトウェア開発モデルで使用されるアプローチと大きく異なります。RADフレームワークのプロジェクトで開発に費やされる時間は、他のモデルを使用するプロジェクトに比べ大幅に少なくなります。

ラピッドアプリケーション開発(RAD)モデルの利点

アプリケーション開発手法の主な利点は次のとおりです。

  • リスク管理の強化。
  • 開発時間の短縮と納期の高速化。
  • 適応性と柔軟性の程度が向上する。
  • 適切かつリアルタイムなユーザー入力が常にある。
  • 手動コーディングの必要性が少なくなり、テストに時間がかからない。
  • 要件はいつでも修正可能である。
  • 作業員の削減で生産性が高くなる。
  • 試作から修正までの時間が最小である。
.