あなたは、コードなしを使用して、あなたの会社のためのERPエンタープライズリソースプランニングソフトウェアを作成するために探している?またはちょうど多くのERPシステムへの究極のガイド?YESの場合、この記事はあなたのためです。ERPソフトウェア - エンタープライズ-リソース-プランニング-ソフトウェアは、そのサイズに関係なく、あなたの会社のために素晴らしいことができます。すべてのビジネスニーズを満たすERPアプリケーション - それは、カスタマイズされたリソース-プランニングとして機能します。それは、企業の知識とデータ-データベースを統合し、毎日の割り当てを自動化し、企業の戦略を容易にします。エンタープライズリソースの操作を使用する究極の目的 - ERPソフトウェアは、手順を最適化し簡素化し、従業員関連の職務や仕事のための時間を管理し、それらをより生産的にすることである。組織全体の接触を強化しながら、これらの追求は、収益の伸びと効率を指示することができます。

ERPシステムとは何ですか?

ERPシステム - 企業資源計画ソフトウェアソリューションまたはERPシステムは、その操作の自動的に毎日の活動を調整し、管理するために企業によって使用されます。初期のERPシステムは、製造、財務、会計、プロジェクト管理、顧客関係管理、サプライチェーン管理などのビジネス機能に責任があった。今、新しいERPシステムは、彼らが単一のシステムで管理するために必要なすべての操作を統合することにより、リスク管理、顧客関係管理、リソース計画、予算編成、予測、およびレポートのように、個人の職務を自動化することを可能にするので、企業に不可欠な究極のソフトウェアソリューションプログラムである。

また、ERPソフトウェアのソフトウェアソリューションシステム - エンタープライズ-リソース-プランニング-ソフトウェアはまた、計画、人事、在庫購入、販売、マーケティング、金融、および他の機能を組み込むことができます。ERPソフトウェアは、ビジネスの財務の健全性とビジネス-プロセスの正確な分析を予測する上で重要な役割を果たしています。

ERPは何をするのですか?

エンタープライズ-リソース-プランニングを使用すると - ERPソフトウェアは、簡単に異なる部門や組織全体と通信し、情報を共有することができます。エンタープライズ-リソース-プランニング - ERPアプリケーションは、活動や様々な部門に関する情報を収集し、その情報が必要とされる会社の他の関連部門に利用できるようにします。

あなたは、ERPの実装を使用することにより、一緒にそのような人事、会計、生産、流通など、会社のさまざまな部門を、接続することができます。様々な部門が他の技術を使用するので、しかし、エンタープライズ-リソース-プランニング - ERPソフトウェアは、不一致のERPソリューション、ERPモジュール技術、サプライチェーン、および高価な重複を終了することができます。ビジネスプロセスは、しばしば1つのシステムに受注管理、買掛金、生産管理、配送、受注追跡システム、および顧客関係管理データベースを統合しています。

中小企業や大企業かどうか、エンタープライズ-リソース-プランニング - ERPソリューションとERPモジュールは、業務、コスト、および人的資源を調整し、あなたの中小企業のERP実装を拡張することができます。あなたは、エンタープライズ-リソース-プランニングを使用することができます - ERPシステムは、次のいずれかの業界で。

  • 小売
  • ヘルスケア
  • 製造業
  • 製薬
  • 流通
  • テクノロジー
  • 建設
  • 航空宇宙

どのように機能するのですか?

ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)システムは、企業の人的資源を管理することで、企業の効率を向上させます。エンタープライズ-リソース-プランニング-ソフトウェア/ ERPソリューションは、必要な人的資源の数を減らすことだけに焦点を当てることはありません。それでも、それは品質とビジネスパフォーマンスが効果的な中小企業のERPソフトウェア関連の成長と収益性の要素である、妥協されていないことを保証します。

エンタープライズ-リソース-プランニングは、確立された標準化されたリアルタイムのデータ形式を使用します - 機能する多くのERPシステム。情報は、リアルタイムデータを入力した1つの部門から移動し、その情報を必要とするビジネスパフォーマンスの他の部門にすぐに利用できます。あなたは、この均一な構造を持つ同じページ上のすべての部門を持っています。例えば、食品を提供するためにいくつかの場所を扱う地元のフードデリバリー会社は、正確な場所、注文とタイミングを伝えるために、他のスタッフを管理します。エンタープライズ-リソース-プランニング - ERPシステムは、アカウントに発注から許可された部門に情報を移動するために組織的な方法ですべての詳細をフォーマットすることができ、その後配達部門へ。

EPR

ERPのメリット

ERPソリューションとERPモジュールを提供するエンタープライズ-リソース-プランニングのいくつかの利点があり、今日のビジネスの世界では無視することは不可能であり、その影響。

  • 生産性の向上
    中小企業向けERPソリューションとERPモジュールを自動化することで生産性を向上させ、不要なタスクを排除することで精度を高めることができます。さらに、相互接続された部門は、より良い、迅速な結果を達成するために仕事を同期させることができます。
  • リスクの低減
    正確な予測は、財務統制などのリスク管理を防ぐことができます。例えば、「今度の景気はどうなるのか」「どのような要因で決まるのか」などを予測することができます。
  • レポーティングの向上
    高速レポートシステムを持つビジネスは、正確なプランニング、予算編成、予測から恩恵を受けることができます。さらに、必要な時に従業員や株主などの利害関係者とコミュニケーションをとることができます。
  • 運用コストの削減
    エンタープライズリソースプランニング。ERPシステムとERPモジュールは、異なる部門が個別に作業する必要性を排除し、代わりに単一の自動化されたシステムにそれらのビジネス機能を統合します。このシステムでは、ビジネスの大小にかかわらず、組織全体で情報を交換することができます。つまり、次のことが可能になるのです。

    人的資源を増やすことなく、より多くの仕事をこなす
    より少ない時間で
    より少ない人員で

最終的に、それは運用コストを削減し、あなたのビジネスを成長させることができます。

  • 効率を高める
    エンタープライズ-リソース-プランニング。ERPシステムにより、企業は顧客、ビジネスパートナー、小売業者に対して必要な情報を収集し、迅速に行動することができます。あなたはこれで、従業員と顧客満足度と迅速な応答速度を向上させることができます。このように、あなたの本質的なビジネス機能が効率的に動作することができ、それはコストの減少に関連付けられます。
  • シンプルなIT
    エンタープライズ-リソース-プランニング。ERPソフトウェアシステムは、データベースを共有するすべての人のためのシンプルなソリューションであり、誰もが効率的に任意の場所と時間から作業することができます。

ERPシステムの種類

エンタープライズ-リソース-プランニングの3つの基本的なカテゴリがあります - ERPシステムは、それぞれ展開モデルの選択を持っています。エンタープライズ-リソース-プランニングの最も人気のある3つのタイプ - ERPシステムは、ハイブリッドERP、オンプレミスERP、およびクラウドベースのERPソフトウェアです。

ハイブリッドERP

エンタープライズリソースプランニング。オンプレミスおよびクラウドベースのERPソフトウェアの展開を組み合わせたERPソフトウェアシステムは、 ³"ハイブリッド³"ソフトウェアと呼ばれています。各プロバイダは、異なるホスティングと展開サービスの組み合わせを持っています。これらのモデルは、ハイブリッドERPソリューションのユーザーに配信モデルを切り替えるか、または現在の人工知能システムには存在しない利点を組み込むための自由を与えることができます。

オンプレミスとクラウドERPの実装/エンタープライズ-リソース-プランニングの組み合わせは、彼らのビジネスニーズに合わせて企業のためのハイブリッドERPソフトウェア/エンタープライズ-リソース-プランニングのアプローチを利用できるようになります。また、2層またはハイブリッドERPソフトウェアとして知られています。このソフトウェアとデータは、この時点で部分的にクラウドコンピューティングと部分的にオンプレミスである可能性があります。

オンプレミスERP

オンプレミスのエンタープライズ-リソース-プランニング。ERPの実装では、会社のコンピュータやサーバー上でホスティングのための伝統的なモデルです。あなたは、リアルタイムのデータセンターでこのソフトウェアをダウンロードすることができ、それはあなたの選択の任意の場所である可能性があります。あなたはクラウドERPの実装を確立したら、あなたは全体の人工知能システムの完全な管理、サポート、および所有権の完全なコントロールを持っています。あなたの担当者は、ハードウェアとソフトウェアのインストールと保守を担当しています。それはあなたの物理的な職場にある会社のコンピュータとサーバー上で更新し、保持することができます。

クラウド型ERP

クラウドERP。Enterprise Resource Planningは、Software as a Service(SaaS)と呼ばれるWebベースのソリューションで、現在最も好まれる導入戦略です。クラウドERPは、クラウド上でホストされているクラウドERPで購読するサービスとして、インターネットに接続されています。それは、ビジネスがインターネットに接続されている任意のデバイス上で正確な時刻データにアクセスし、保存することができ、通常、手数料を支払うことによって。クラウドERPはあなたに代わってプログラムのサプライヤーを必要とし、多くの場合、定期的なメンテナンス、セキュリティ、サポート、アップデート、および柔軟なカスタマイズを処理します。クラウドERP -エンタープライズ-リソース-プランニングは、様々な理由のために人気を集めています。クラウドERPには、初期コストの削減、拡張性の向上、より分かりやすい統合、その他多くのメリットがあります。

CRMとERPの違いは何でしょうか?

ERP(エンタープライズ・リソース・プランニング)とCRM(コンテンツ・リソース・マネジメント)は、全体像として見れば収益性を高めるために機能します。それでも、彼らは両方とも収益性という目標を達成するために異なるアプローチを使用しています。エンタープライズ-リソース-プランニング - ERPとコンテンツ-リソース-マネジメント - CRMシステムは、最終的に組織全体が依存しています。ERPは、主に金融、リアルタイムデータ、および財務部門のためのものであるのに対し、2つの間の主な違いは、コンテンツ-リソース-マネジメント -CRMは、販売および顧客関係管理によって利用されるということです。簡単に言えば、CRMの動機は、顧客との関係を改善することにより、より多くの売上高を生産し、利益を増加させることです。同時に、ERPの主な動機は、システムを自動化し、コストを削減し、オーバーヘッドを削減することです。これにより、ビジネスはより効率的になり、プロセスに費やされる資本のコストを最小限に抑えることができます。

difference CRM and ERP

CRMの特徴

  • セールスフォースの自動化
  • マーケティングオートメーション
  • 顧客関係管理
  • データレポート作成
  • ビジネスコンタクトの管理
  • ビジネスプロセスの管理
  • 売れ筋商品の分析
  • リードの由来を追跡
  • 顧客プロファイルを同僚と共有
  • 販売履歴に基づく在庫管理
  • リードを成約に結びつける
  • 他者との連携による販売

ERPの機能

  • 生産管理
  • 受注管理
  • プロジェクト管理
  • サプライチェーンマネジメント
  • 人的資源管理
  • 在庫管理
  • 不要なタスクの削減
  • 財務管理
  • コアビジネスプロセス
  • 調達
  • 購買コストの削減
  • 給与計算

ERPシステムの例とは?

多くの有名企業は、人気のERPベンダーとそのエンタープライズ-リソース-プランニングを使用している - ERPシステムは、彼らの利益と時間をスムーズに実行するために倍増する。そのようなアマゾン、トヨタ、スターバックスとして。ERPシステム - 我々は彼らのエンタープライズ-リソース-プランニングについて学ぶ前に、我々は、エンタープライズ-リソース-プランニングの利点と欠点に光を投げる必要があります - 彼らはビジネスのサプライチェーンのために適しているかを確認するためにERPシステムの仕事。

カスタムベースのERPソフトウェアの利点

  • 柔軟性
    3つ目は、ソフトウェアに特定の機能を持たせることができることです。必要かつ適切な機能のみを搭載し、それ以外の機能を搭載しないことで、システムに負荷がかかり、混乱を招く可能性があります。
  • 必要な機能
    それは、システムだけでなく、部門でも特定の、いくつかの機能を追加することが可能です。例えば、受注管理部門にトラッキング機能が必要な場合、無理なく搭載することができます。同様に、他の多くのエンタープライズ-リソース-プランニングを除外することができます - ERPのツールは、機能を持っています。

カスタムベースのERPソフトウェアの欠点

  • 高価な
    それは、プロジェクト管理、サイズ、複雑さ、ユーザーの数、レイアウト、および機能に依存するので、エンタープライズ-リソース-プランニングの実際のコストを計算することは困難である - ERPソフトウェア。それは複数のソフトウェアと人件費を購入する必要があるため、しかし、標準的なプロジェクトのコストを考慮すると、巨大なことができます。
  • 開発時間
    ERPシステムは、それがそれに部門全体、機能、従業員のリアルタイムデータをカバーしているので、コアビジネスプロセスを取っている時間です。だから、任意のERPベンダーを取るか、独自のERPを構築することができます。それは、エンタープライズ-リソース-プランニングを開発するために多くの時間がかかる - あなたの全体のビジネスプロセスとサプライチェーンをカバーするためにERPシステム。

アマゾン
アマゾンはSAP(Systems Analysis and Program Development)を使って管理しています。

  • ロジスティクスビジネスプロセスのニーズ
  • 財政
  • 人的資源
  • 在庫管理
  • 注文管理
  • 販売
  • サプライチェーン
  • 出荷管理
  • トラッキング

SAP ERP

ユーザーは、単一のデータベースを使用して、上記のすべての部門機能を管理することができます。これにより、全国各地の注文を処理し、注文の履行、キャンセルなど第三者の側面を追跡することができる。

トヨタ
トヨタは、ビジネスのサプライチェーンをグローバルに展開するために、Microsoft Dynamics 365のEnterprise Resource Planning - ERPシステムを採用し、ペーパーレスのビジネスとサプライチェーンに取り組みました。これにより、労働時間の短縮、業務管理の精度向上、全体的な効率化を実現しました。

Microsoft Dynamics 365

さらに、トヨタは世界中の顧客にアフターサービスを導入した。このERPソフトウェア/エンタープライズリソースプランニングソフトウェアによって、トヨタは顧客の心をつかみ、より忠実な顧客となり、結果として売上を伸ばしたのである。

スターバックス
スターバックスは、Oracle ERPというクラウドベースのERPソフトウェア/Enterprise Resource Planningソフトウェアを使用して、日々のビジネス活動やサプライチェーンの自動化を実現しています。この経営管理ソフトウェアにより、以下のようなことが可能になります。

  • 財務管理
  • プロジェクト管理
  • サプライチェーンマネジメント
  • 調達
  • 会計ソフト

このオラクルERPでは、以下のようなデータベースで重要な情報や収益分析も見ることができます。

  • 経費
  • 収益
  • 販売データ
  • オペレーションの更新
  • インベントリ管理

Oracle ERP

Oracle ERPを開くと、さまざまな部門がサブカテゴリで表示されます。例えば、販売部門では、業務に応じてデータベースに作成したリード、機会、アカウントなどの一覧を確認することができます。

ERPのコスト

エンタープライズ-リソース-プランニング-システム/ ERPシステムを作成するための正確なコストは、いくつかの要因が総コストを決定に向かって貢献するように決定または分析することはできません。しかし、エンタープライズ-リソース-プランニング-システム/ ERPアプリのコストを決定しながら、主に考慮されている本質的な側面は、次のとおりです。

  • ソフトウェアライセンス料
  • 開発チームのコスト
  • あなたの会社の規模は何ですか?
  • どのようなERPモデルが必要ですか?
  • どのような機能は、ERPシステムのために必要なのでしょうか?
  • どのように多くのカスタマイズが必要ですか?

あなたはコーディング言語を介してエンタープライズ-リソース-プランニング-システム/ ERPソフトウェアを構築するために計画している間、これらの要因は、通常、考慮されます。あなたの会社が小さく、あなただけの基本的な機能を必要とする場合、そのことを念頭に置いて、正常にあなたのエンタープライズ-リソース-プランニング-システム/ ERPシステムのアプリを開発するための価格帯は、約25Kドルから 35Kドルの費用がかかります。あなたは大規模な組織のためのすべての高度な機能を備えたERPソフトウェア/エンタープライズ-リソース-プランニング-システムを構築したい場合は、しかし、コストは350kドル以上に少なくとも30万米ドルすることができます。

一方、ノーコード方式を使用してエンタープライズ-リソース-プランニング-アプリを開発すると、あなたとあなたのビジネスインテリジェンスシステムのためのより良い、より実りあるオプションになります。AppMasterのようなノーコード・プラットフォームを使用することで、コーディング言語を通して企業資源計画ERPソフトウェアを開発するよりもはるかに少ないコストで済みます。さらに、AppMasterを使用すれば、プロの開発者チームやプロジェクトが完成して立ち上がるまでの長い待ち時間を必要としません。

どのようにカスタムERPを作成するか?

エンタープライズリソースプランニングソフトウェア/ ERPシステムの利点と欠点について読んできたように、あなたはそれがかかるコストと時間のかかるビジネスプロセスを心配する必要があります。しかし、心配しないでください!我々はこれに対する解決策を持っています。あなたは、ノーコードプラットフォームについて聞いたことがありますか?ノーコードプラットフォームは、あなたがコードの単一の行を記述せずにソフトウェア、Webサイト、およびエンタープライズ-リソース-プランニング-ソフトウェア/ ERPシステムを開発することができる素晴らしいツールです.プログラミングの知識は必要ありません。あなたのビジネスのためのERPソフトウェア - あなたは、カスタムエンタープライズ-リソース-プランニングを作成するためのオプションや機能をドラッグ-アンド-ドロップするための視覚的なインターフェイスが与えられます。

カスタムERPを開発するのに役立つノーコードプラットフォームの何百もあります。ERPシステム - 我々はさらに行く前に、我々はすべてのノーコード-プラットフォームは、複雑で巨大なエンタープライズ-リソース-プランニングを作成するのに十分ではありません理解する必要があります。この記事では、まだあなたのビジネスのための複雑なエンタープライズ-リソース-プランニング - ERPシステムを作成することができる使いやすい優れた、最も推奨される無コードのプラットフォームは、AppMasterです。

AppMaster

AppMasterはダイナミックな機能を備えたノーコード・プラットフォームで、モバイル・アプリケーション、ウェブ・アプリケーション、企業資源計画(ERP)アプリケーションをコーディングのスキルなしで開発することができる。膨大で複雑なプロジェクト管理を作成するために必要なすべてのコンポーネントを備えています。このプラットフォームは、ビジネスユーザーが自分のアイデアをテストし、タスクがどのように行われるかを分析するために最適です。全ての作業を終えたら、ダブルチェックは必要ありません。AppMasterがすべて勝手にやってくれるのです。AppMasterを使用することで、以下のサービスを開発することができます。

  • CRM
  • ERPシステム
  • 管理パネル
  • カスタム・サポート
  • アプリケーション
  • ワークフローオートメーション
  • コンタクトセンター
  • その他多数

なぜAppMasterなのか?

AppMasterは1秒間に22,000行のコードを生成することができ、これは標準的なプログラミングによるソフトウェア開発の100倍の速さです。そのユニークな機能は、以下のように他とは一線を画しています。

  • オープンソース・コード
  • 公開することが可能
  • コンパイル
  • プロジェクトのドキュメントを自動生成

また、このノーコード・プラットフォームでは、変更が加えられるたびにコードが自動的に生成され、再 生成されるため、テストのために時間やリソースを浪費する必要がありません。このアプローチのおかげで、エラーやバグのないクリーンなコードを常に手に入れることができます。

AppMasterはカスタマイズに優れた選択肢です。ビジネスを始めると、時間とともに変更を加える必要があります。時には、ワークフローを変更したり、製品やすべてに変更を加えたりします。あなたがコーディングでエンタープライズ-リソース-プランニング - ERPシステムを作成する場合、それはあなたが正しいコードラインに移動してから、コストと時間がかかることができる変更を行う必要がありますので、既存のERPシステムに変更を加えることは困難である。一つ間違ったコードは、あなたのシステム全体を削除し、ビジネス-インテリジェンス-システムの大きな問題である新鮮で開始するためにあなたを導くことができる。

コードのないAppMasterプラットフォームを使用する場合、変更を加える際、プラットフォームはシステム全体のコードを書き直し、混乱が生じないようにする。AppMasterのコードはすっきりとして短く、スペースも取らず、理解しやすい。

一言で言えば

ビジネスのための右のプラットフォームを決定するために、それはあなたのすべてのビジネスニーズを満たすエンタープライズ-リソース-プランニングのERPソフトウェアを構築するためのプラットフォームを選択することが不可欠である。あなたの会社のためのエンタープライズ-リソース-プランニングのERPシステムを実装することで、企業の業務を容易にし、長期的には会社の生産性を向上させるのに役立ちます。AppMasterを使用することにより、素早くエンタープライズリソースプランニングERPシステムを構築することができます。

AppMasterはノー・コード・プラットフォームであり、コーディング言語に煩わされることなく、資金効率の良い方法でゼロからエンタープライズリソースプランニングシステムを開発することが可能です。AppMasterはユーザーフレンドリーな視覚的干渉を備えており、誰でも簡単に好きなアプリを、どんな目的でも構築することができるようになる。また、24時間365日体制でサポートするチームもあり、プラットフォームをよりよく理解することができる。

AppMasterでエンタープライズリソースプランニングのERPシステムアプリを構築するために、今すぐ価格プランをチェックしてください。