この記事を読んでいる場合は、オンデマンドの宅配便アプリサービスに関与したか、開始を検討している可能性があります。フードオンデマンドの宅配便アプリや宅配業界が活況を呈していることは間違いありません。これは、レストランサービスの顧客にとって最高のフードデリバリーサービスの1つです。ただし、他のベンチャーと同様に、オンデマンドの宅配便配信アプリの配信アプリ開発に進む前に知っておく必要のあることがいくつかあります。

知っておくべきことはたくさんありますが、フードデリバリーサービスのデリバリーアプリ開発で考慮すべき重要なことが1つあります。

配信アプリの開発プロセスを理解する必要がありますか?顧客やレストランの宅配便業者向けの配達アプリを作成するには、何が必要ですか?そして、オンデマンドデリバリーアプリがフードデリバリーサービスでどのように機能するか。

パンデミックCOVID-19の間に、人々の日々の業務が変化し、eコマースが200%まで急成長し、ほとんどの人が安全のためにオンラインで購入し始めました。そうです、から購入する方が便利です。オンデマンド配信アプリを数回タップするだけで、世界中の快適ゾーンにアクセスできます。

パンデミックCOVID-19は、食品配達サービス、食料品、その他のeコマースアイテムの配達など、より多くのビジネスチャンスを生み出しました。オンデマンド宅配便アプリと宅配便アプリは、売り手から商品を受け取って買い手に届ける仕事をしている買い手と売り手の間のサードパーティであり、オンデマンド宅配便アプリはそれを可能にしました。

パンデミックのため、レストラン、フードコーナー、コーヒーショップは閉鎖され、オンラインでの販売が開始されました。彼らはオンデマンドの宅配便配達サービスと提携しています。そして今、専門家は食品配達市場が300%成長すると予測しています。これは膨大な数であり、ビジネスとしてオンデマンド配達アプリサービスを開始する絶好の機会です。

そして幸いなことに、配信アプリの作成方法、オンデマンド宅配便配信アプリの仕組み、オンデマンド配信アプリの開発プロセス、およびオンデマンド宅配便の開始方法を知るために必要なすべてが揃っています。ビジネスとしてのアプリ。

また、配信アプリの構築方法、オンデマンド宅配便配信アプリ開発の配信アプリ開発で使用されるテクノロジー、および利用可能な複数の支払いオプションについても説明しました。

配信アプリはどのように機能しますか?

配達アプリの開発を深く掘り下げる前に、オンデマンドの宅配便配達アプリがどのように機能するかを理解しましょう。

イタリアのピザを注文したい顧客は、オンデマンドの宅配便配達アプリに移動し、イタリアのピザを検索します。そこで、彼はリストされているレストランのリンクの1つをクリックして、ピザを注文します。宅配便アプリは、注文があることを特定のレストランに通知するように構築されています。チーフはピザの準備を始めます。準備ができたら、宅配便の男の子が来てピザを受け取り、定義された場所で顧客に配達し、必要な金額を請求します。そして、それはあなたのビジネスのためのオンデマンド配信アプリを持っていることの美しさです。

これらのオンデマンド配信アプリには、代金引換、オンライン前払いなど、複数の支払いオプションがあります。

マクドナルドやKFCなどの大手食品会社は、顧客にサービスを提供するために独自のレストラン宅配便アプリを構築しています。そして、あなたがそれからいくらかの追加の利益を得ることができるように、あなた自身の宅配便配達アプリを持っていることは有益です。

配信アプリはどのようにお金を稼ぎますか?

  1. オンデマンド配信アプリは非常に有益で有益であると何度も言いますが、配信アプリを構築することが重要です。物理的な商品をオンラインで販売しているすべての企業は、消費者に商品を配達するための配達アプリを構築する必要があります。一部のビジネスには独自のオンデマンド配信モデルがありますが、他のビジネスは宅配便のアプリとビジネスに依存しています。宅配便の仕事は、荷物を受け取り、購入者の玄関先にドロップすることだけで、彼らの仕事は完了です。また、宅配便アプリの開発では、小包を配達するための手数料、広告料、会員費、配達料などの一定額を請求します。
  2. 手数料:ほとんどの場合、フードデリバリーアプリとクーリエデリバリーアプリは、潜在的な顧客に接続するためにレストランから一定の割合を請求します。たとえば、UberEatsは最大30%の手数料を受け取ります。 30%は膨大な数ですが、それでもレストランですが、UberEatsの顧客からより多くの利益を得ているため、UberEatsに30%を喜んで支払っています。
  3. 広告料:宅配便アプリの収益源の1つです。人々は彼らの製品を宣伝して、より多くの顧客へのリーチを拡大するためにそれらを宣伝することができます。彼らは数時間、数日、あるいは数ヶ月間広告を出すことができ、その見返りに、彼らは宣伝のために定義された料金を支払わなければなりません。広告は、ユーザーの選択と料金に応じて、メイン画面、サイドバー、またはフッターの任意の場所に表示されるなど、さまざまな形式にすることができます。
  4. メンバーシップ:メンバーシップを提供することは、宅配便アプリの最新の方法の1つです。現在、宅配便のアプリとサービスプロバイダーは、月の特定の時間に購入した場合、割引、送料無料、配達のX%OFF、およびその他の特典を顧客に提供しています。 X%OFFやその他の特典付きの月額会員を購入できます。これにより、顧客との良好な関係が構築され、リピーターや忠実な顧客の割合が増加します。
  5. 配送料:ご注文商品の送料無料でない限り、お客様が配送料をお支払いいただきます。料金は異なるモデルにすることができます。一部の宅配便アプリは、注文全体の10ドルまたは20%などの配送アイテムに定額料金を使用しますが、その他のアプリは場所によって異なり、商品のサイズと重量によっても異なります。したがって、配送サービス事業にどのモデルを採用するかはあなた次第です。

配信アプリを作成するにはどうすればよいですか?

オンデマンド配信アプリとは何か、オンデマンド配信アプリの仕組み、オンデマンド宅配便アプリからお金を稼ぐ方法を理解しました。また、デジタルの世界で生き残るために、ビジネス向けの配信アプリを作成することも重要です。

オンデマンド配信アプリは、人々が対話するための単なるフロントエンドインターフェイスですが、配信アプリ開発プロセスの舞台裏では、適切なビジネスおよびロジスティクス計画を立てる必要があります。配信アプリの開発にさまざまなオプションがある場合は、適切なツールとテクノロジーを選択することも重要です。

配信アプリを構築する上で最も重要な要素は、ビジネスとそのユーザーの特定のニーズを満たす適切なテクノロジーとプラットフォームを選択することです。一部のプラットフォームは非常に安全な配信アプリ開発を提供しますが、パフォーマンスが少し低下する可能性があり、その逆の場合もあります。すべてのプラットフォームから配信アプリの開発で同じ機能を利用できますが、ビジネスニーズを満たし、配信アプリを構築するユーザーエクスペリエンスを向上させる適切なプラットフォームを選択することが重要です。

すべてのプラットフォームには独自の長所と短所があるため、配信アプリを構築するためにどちらを選択するかを決定することの間には、いくつかのトレードオフが必要です。

配信アプリの開発では、以下のプラットフォームのいずれかを選択するか、他のプラットフォームを選択する必要がありますが、配信アプリはIOS、Windows、またはAndroidで使用されるため、配信アプリの開発はクロスプラットフォーム開発をサポートする必要がありますユーザー。

配信アプリ開発のためのいくつかの人気のあるプラットフォーム

配信アプリを構築するために利用できるオプションがたくさんある場合、それは常に問題であり、配信アプリの開発に最適なものを選択するのは少し難しいように思われることがありますが、配信を構築するための適切なツールとテクノロジーを選択することが重要ですアプリ。

配信アプリの開発に使用できるものをいくつか紹介します。オンデマンドの宅配便配信アプリは、さまざまなオペレーティングシステムを搭載したさまざまなデバイスで使用されるため、クロスプラットフォームテクノロジーで配信アプリを構築して、アプリケーションのアクセシビリティを高め、より多くのオーディエンスを獲得することをお勧めします。これは、配信アプリの開発時に考慮すべき重要なことです。

React Native:React Nativeは、ネイティブモバイルアプリを構築するためにFacebookによって開発されたオープンソースフレームワークです。これは、開発者がモバイルアプリを構築できるようにするクロスプラットフォームSDKであり、JavaScriptをバックエンド言語として使用する配信アプリを構築できます。 React Nativeには、開発時間の短縮、コードの再利用、効率的なパフォーマンスなど、多くの利点があります。 React Nativeを使用して、配信アプリを構築できます。これは、配信アプリの開発とオンデマンド配信アプリに関しては、よく知られているプラットフォームの1つです。

  • コードの再利用性:コードの再利用性は、ReactNativeの主要なコア機能です。両方に使用できるJavaScriptであるため、AndroidやIOSなどのクロスプラットフォームオペレーティングシステム用の配信アプリを構築できます。
  • 効率的な開発:コードの再利用性により、コスト、開発期間、および人的労力が削減されます。配信アプリの開発では、コードの再利用性が効率的かつ迅速な開発に役立ち、開発者は配信アプリを効率的に構築できます。
  • テストとデバッグ:配信アプリの開発プロセスでのテストとデバッグは、バグのない配信アプリを構築するために必要な手順です。 Reactを使用すると、ライブアプリケーションでリアルタイムに変更を加え、アプリの読み込み中に修正することができます。また、特定のコードのみが更新され、アプリケーション全体は更新されません。つまり、アプリ開発プロセスでは、アプリケーションの一部に変更を加えても、それらの部分の間に関係がない限り、アプリケーション全体に影響はありません。ライブアプリケーションのバグのテストと修正に役立ちます。
  • Xamarin:Xamarinは、Microsoftが所有するオープンソースのアプリ開発プラットフォームであり、開発者はC#を使用して配信アプリやその他のモバイルアプリを構築できます。 IOS、Android、Windows、およびその他のプラットフォームで単一のコードを使用します。アプリの開発プロセスとエクスペリエンスは、ネイティブアプリとまったく同じです。さまざまなオペレーティングシステム用のアプリは、単一の共有.NETコードベースを使用して開発されています。また、Xamarinフレームワークは、プラットフォーム固有のすべての機能を含む、基盤となるプラットフォームおよびデバイスによるすべての機能への完全なアクセスをサポートします。配信アプリの開発にクリーンでモダンなユーザーインターフェイスデザインが必要な場合は、Xamarinを使用して配信アプリを構築するのが適切です。
  • API統合:Xamarin開発者は、プラットフォーム固有のプログラミング言語で既存のAPIとUIコントロールを使用できます。これにより、統合コストと配信アプリの開発時間が削減されます。複数の支払いオプションを追加するにはAPIも必要です。XamarinはAPIの統合と配信アプリの開発に関して非常に使いやすいです。
  • ネイティブユーザーインターフェイス(UI):ユーザーは常にモバイルアプリに一貫したエクスペリエンスを期待します。ここでXamarinを使用すると、各オペレーティングシステムのネイティブユーザーインターフェイス(UI)に厳密に一致するコードを記述できます。これにより、IOS、Android、Windowsなどのさまざまなオペレーティングシステム間でのコード共有が簡素化されます。1つのコードがさまざまなオペレーティングシステムに使用されるため、Xamarinを使用して配信アプリを簡単に構築できます。
  • オープンソース:オープンソースフレームワークであるため、時間とともに継続的に改善されています。これとは別に、それはそれを安定させ、販売可能で、そして頑強に保つ技術の巨人マイクロソフトによって支えられています。
  • Flutter:Flutterは、Googleが所有するオープンソースの開発キットでもあり、クロスプラットフォームのアプリ開発をスムーズかつ簡単に行うことができます。 Flutterで配信アプリを簡単に作成できます。 Flutterは、AndroidとIOSのコードを別々に作成する代わりに、AndroidとIOSの両方に1つのコードベースで配信アプリを構築できるプラットフォームの1つでもあります。

FlutterのSDKは、Dartプログラミング言語に基づいています。モバイルアプリの場合はDart言語を使用し、ウェブの場合はDrat2jsTransコンパイラを使用してDartをJavaScriptに変換します。 Flutterを使用した配信アプリ開発は、IOSとAndroidの両方をサポートしているため、最良のオプションの1つです。

単一のコードベース:開発のコード再利用可能性要素もサポートします。コードベースを1つ作成するだけで、Android、IOS、さらにはWebでも必要な場所で使用できます。

豊富なライブラリ:Flutterは最も豊富なプラットフォームの1つであり、インポートして特定のタスクを実行するために使用できるライブラリが多数あります。配信アプリの開発では、多くのライブラリが必要になります。Flutterは、開発を容易にするために多数のライブラリを提供し、配信アプリの構築を支援します。

オンデマンドの宅配便配達アプリを開始するにはどうすればよいですか?

これで、オンデマンドの宅配便配信アプリのビジネスモデル、オンデマンド配信アプリの動作、および配信アプリの開発をサポートするさまざまなテクノロジーについて理解できました。

プラン

事業を始める前に最初に考慮すべき最も重要なことは、適切な計画です。あなたの計画はあなたの目的地へのあなたのロードマップです。達成するためのビジョンと目標を作成します。運用コスト、税金、保守コストなどのすべての費用を計算します。次のステップは、オンデマンドの宅配便サービスのニッチをターゲットにすることです。一部のビジネスは非常に幅広いです。彼らはすべてのアイテムを配達しますが、食品や医薬品の宅配便配達アプリのように、ニッチに固有のものもあります。

チームと配信アプリの開発

これで適切な計画ができました。今度は、ドライバー、ライダー、マネージャーを雇ってビジネスモデルのプロセスを管理し、オンデマンド配信アプリと配信サービスビジネスモデルについてトレーニングします。配信アプリの開発中に、複数の支払いオプションを統合して、顧客の使用を容易にします。

また、顧客がオンラインであなたとやり取りするフロントデスクとなる配信アプリを並行して構築します。

あなたのビジネスを促進する

最後のステップは、あなたが存在し、オンデマンドの宅配便サービスを提供していることを潜在的な顧客に知らせることです。

オンデマンドアプリの7つの例

テクノロジーとデジタル化の進歩に伴い、ビジネスは業界で生き残るためにプロセスとモデルを変更しました。すべての物理的なビジネスには、ソーシャルプラットフォーム上または直接ウェブ上にデジタルフットプリントがあるため、ビジネス用の配信アプリを作成することが重要です。

これらの足跡は、私たちが要求する商品やサービスを私たちに提供しています。簡単に言えば、オンデマンドの宅配便アプリは、場所や時間に依存することなく、私たちが望むものを手に入れることを意味します。オンデマンド配信アプリサービスはそれを可能にしました。指定された場所と時間に製品をお届けします。そのため、モールのタイミングを考慮して、買い物のために市場に行く必要はありません。さらに、これらの新しいオンデマンド配達宅配便のビジネスモデルは、顧客体験を容易にし、改善するために複数の支払いオプションを受け入れます。

これは、最近トレンドになって莫大な利益を上げているさまざまなオンデマンド配信アプリのリストです。

  1. Zomato:これは、世界25か国以上で利用できるオンデマンド配信アプリです。インドを拠点とする会社でしたが、後にUberEatsに買収されました。 2021年に、プラットフォームの成功は39倍のオーバーサブスクライブの新しい高さに達しました。
  2. UberEats:UberEatsは、もう1つのオンデマンド宅配便アプリであり、世界中の1000を超える主要都市で運用されています。これは、市場で優位に立つトップのオンデマンド配信アプリの1つであり、さまざまなレストランがUberEatsと協力していく所存です。
  3. UberEatsはまた、品質と標準を確保するために、顧客のレストランの宅配便をチェックしてバランスを取り続けています。グループ注文などのサービスを提供し、特定の時間に注文をスケジュールします。
  4. MercadoFresh:ブラジルを拠点とするオンデマンド配信アプリで、電話を数回タップするだけで商品を玄関先に配達することで時間を節約できます。 MercadoFreshを使用すると、オーガニックショップ、食料品店、ペットショップ、肉屋、酒屋、スーパーマーケットから買い物をすることができます。
  5. Booster Fuels:Booster Fuelsは、トップクラスのオンデマンド宅配便配達サービスプロバイダーの1つですが、燃料を配達するだけなので、ニッチ特有のものです。 Booster Fuelsはカリフォルニアを拠点とする新興企業であり、これまでに商用車、企業、大学、不動産所有者に燃料を供給してきました。 Cisco、Oracle、Facebook、PepsiCoなどを含む300以上の企業で10,000人以上の人々にサービスを提供してきました。
  6. Healthtap:このアプリはヘルスケア業界に限定されており、医師と患者を結び付け、これまでに108000人の医師と患者を結び付けてきました。患者は医師との仮想予約をします。 Healthtapは、患者と医師のプライバシーとセキュリティを確保します。
  7. 便利:ニューヨークを拠点とするオンデマンド配信アプリで、米国、英国、カナダ全土で利用できます。家庭やオフィスの掃除、テレビの取り付け、家具の組み立て、壁の取り扱いなど、さまざまなサービスを提供します。これは、家庭用サービスプロバイダーを予約するための信頼できる最速の方法の1つです。電話を数回タップするだけで、プロの家庭用サービスプロバイダーを予約できます。

Handyによると、1,000,000件の予約、500,000以上のクライアント、および50,000人を超える独立した専門家を処理しています。 Handyは、Google Home、Walmart、Nest、Wayfairと協力してきました。

Wype:Wypeはもう1つのオンデマンド配信アプリです。いつでもどこでも洗車サービスを提供します。ロサンゼルスにあり、ユーザーは洗車サーバーをすぐに利用できるだけでなく、後でスケジュールすることもできます。

オンデマンドアプリの5つの重要な主要業績評価指標。

主要業績評価指標は、ビジネスパフォーマンスへの洞察を提供するため、オンデマンド配信アプリにとって非常に重要です。ご存知のとおり、オンデマンドアプリはアプリ市場で急速に成長しているセクターであるため、この分野で事業を行う企業は、主要業績評価指標(KPI)を追跡して、ビジネス目標を確実に達成することが重要です。

ここに、すべてのオンデマンドデリバリービジネスが考慮すべきいくつかの重要なKPIがあります。

配信あたりの平均コスト。インジケータは、小包を配達するためにカバーされた距離に対するコスト測定を決定します。

配信あたりの平均時間。この指標は、小包の配達にかかる平均時間を理解するのに役立ちます。また、ネットワークの有効性と計画された配信ルートの効率についての洞察を提供します。

注文精度。これは非常に便利な指標です。総配信数に対する成功した配信の割合を知ることができます。これは、配信の成功率を知るのに役立ち、特定の状態に基づいてさらに改善する余地を提供します。

納期について。このマトリックスは、配達の合計に対して、正確に時間どおりに配達された小包を正確に識別するのに役立ちます。これにより、マネージャーは配達の遅れに責任を持つことができます。

配達の数。これは有用な指標ではありませんが、それでも、ビジネスへの洞察が得られ、比較のために1月の総配信数と2月の総配信数など、指標によって成長率と減少率を簡単に識別できるため、検討する必要があります。 、など。