成功したプロジェクトは、失敗したイニシアチブよりもモバイル アプリケーション開発プラットフォームを採用する可能性が 31% 高く、クラウドベースのプラットフォームを使用する可能性が 35% 高くなります。モバイル ユーザー、ネットワーク オペレーター、およびクラウド コンピューティング プロバイダーに実質的な計算機能を提供するために、モバイル コンピューティング、クラウド コンピューティング、およびワイヤレス ネットワークの組み合わせは、「モバイル クラウド コンピューティング」または MCC と呼ばれます。

モバイル クラウド コンピューティングのおかげで、リッチなモバイル アプリは複数のモバイル デバイスで機能するように設計されています。このテクノロジーを使用すると、データの処理と保存がモバイル デバイスとは別に行われます。モバイル クラウド コンピューティングでは、アプリケーションはクラウドを介してモバイル デバイスに配布されます。これらのモバイル アプリは、開発ツールを使用してリモートで配信できます。モバイル クラウド アプリは、クラウド サービスのおかげで迅速に開発または改訂される可能性があります。それらは、オペレーティング システム、コンピューティング能力、データ ストレージが異なるさまざまなデバイスに送信される可能性があります。ユーザーは、以前は利用できなかったアプリケーションにアクセスできるようになりました。

現代の顧客は、どこからでも企業の Web サイトやアプリケーションに 24 時間 365 日リモート アクセスできる利便性を求めています。企業は、モバイル クラウド コンピューティング アプリを採用して、この期待を効率的かつ成功裏に満たすことができます。ユーザーがデバイスのオペレーティング システムやストレージ容量に制限されないように、 クラウド リソースを使用して複雑なアクティビティを実行します。モバイル クラウド コンピューティングにより、開発者は、速度とスケーラビリティを最大化するために、デバイスとクラウドの間で処理とデータ ストレージを効率的に共有するために必要な柔軟性を得ることができます。モバイル デバイスの機動性と使いやすさは、クラウドベースのサービスの迅速な柔軟性とともに、顧客ロイヤルティを育むポジティブなユーザー エクスペリエンスを提供します。

モバイル アプリはクラウド コンピューティングを使用しますか?

モバイル デバイス専用に設計されたすべてのクラウドベースのデータ、ソフトウェア、およびサービスは、まとめて「モバイル クラウド」と呼ばれます。その結果、離れた場所にあるクラウド サーバーや環境にアクセスできるモバイル ユーザーが、アプリやサービスにアクセスする可能性があります。モバイル クラウド コンピューティングは、スマートフォンやタブレットなどのポータブル デバイスに適用される特定のタイプのクラウド コンピューティングです。モバイル ユーザーは、モバイルとクラウド コンピューティング テクノロジを統合することで、いつでもどこからでもデータやアプリにアクセスできます。

Mobile Cloud は、モバイル アプリケーションの作成とクラウドベースのサービスを組み合わせたものです。モバイル クラウドのコンテキストでは、多くの場合、ストレージ、アプリケーション、コンピューティング、およびサービスがすべてクラウドを通じて提供されます。モバイル デバイスにはネイティブのリソースとアプリケーションが含まれていますが、ほとんどすべての処理は離れたクラウド サーバーで行われ、すべてのプログラムはローカルではなくブラウザーからアクセスできます。

モバイル クラウド コンピューティングは、モバイル デバイス上のリソースとクラウド環境内のリソースをシームレスに切り替えて、モバイル ユーザーのユーザー エクスペリエンスを向上させます。モバイル アプリケーションからのデータ要求は、インターネット経由でクラウドに送信されます。リクエストは遠隔地のサーバーによって処理され、必要な回答が提供され、モバイル ユーザーに表示されます。モバイル クラウド コンピューティング アーキテクチャで利用されるクラウドベースのリソースの 4 つの基本的なタイプは次のとおりです。

  • 遠隔の不動の雲 - 遠隔の不動の雲は、クラウド コンピューティング サービス プロバイダーが管理する仮想サーバーを指します。 Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスなどのアイテムは、このカテゴリに分類されます。開発者はアプリケーション コードを作成し、その後これらの仮想サーバーにデプロイします。モバイル データの要求は、サーバーによって処理および応答されます。
  • 近接固定コンピューティング エンティティは、モバイル ユーザーに物理的に近いバックエンド サーバー デバイスです。ネットワークの遅さの問題を克服し、MCC を高速化します。たとえば、エンド ユーザーに近い AWS リージョンに配置するように Amazon EC2 インスタンスを構成できます。
  • 近接モバイル コンピューティング エンティティ – 一部のクラウドベースのモバイル アプリケーションは、近くのモバイル デバイスの追加処理能力を利用して、パフォーマンスを向上させることができます。スマートフォンやウェアラブルなどのモバイル ガジェットは、近接モバイル コンピューティング デバイスと呼ばれます。
  • ハイブリッド ソリューション – ハイブリッド MCC ソリューションは、上記の 3 つのリソースを組み合わせて、ビジネス アプリケーションにより良いサービスを提供します。

cloud computing

MCC は、クラウド テクノロジーを使用してモバイル アプリケーションを作成します。これは、モバイル アプリを配布するためのモバイル アプリにすぎません。ストレージ スペースやモバイル オペレーティング システムに制限されることなく、誰もがデバイス用のモバイル アプリケーションを作成できます。モバイル ブラウザーは、モバイル クラウド アプリ用の任意のリモート Web サーバーに接続できます。この方法により、クライアント アプリをモバイル デバイスにインストールする必要がなくなります。モバイル クラウド コンピューティングを展開する場合、管理、接続、インターフェイス、およびセキュリティはすべて重要な要素です。

モバイル クラウド コンピューティング アーキテクチャは、2 つの重要な要素で構成されています。最初の重要なコンポーネントは、仮想化されたコンピューティング コア (VC) です。これは、モバイル デバイスで機能するために必要なさまざまなクラウド コンピューティング サービスをホストするホステッド クラウド サービスです。 MCC アプリケーションは、2 番目に重要なコンポーネントであるクライアント側アプリケーション (CSA) を介してホスト デバイス上で実行されます。 CSA は、クラウド実行サービスを利用して顧客のプログラムを実行します。 CES で動作している間、MCC ソフトウェアは多くのクラウド サービスを利用して機能を強化する場合があります。

なぜクラウドコンピューティングが必要なのですか?

現代の顧客は、どこからでも企業の Web サイトやアプリケーションに 24 時間 365 日リモート アクセスできる利便性を求めています。企業は、モバイル クラウド コンピューティング アプリを採用して、この期待を効率的かつ成功裏に満たすことができます。洗練されたワークロードがクラウド リソースで実行され、オペレーティング システムやデバイスの容量によってユーザーが制限されないことが保証されます。

モバイル クラウド コンピューティングでは、アプリケーションはクラウドを介してモバイル デバイスに配布されます。これらのモバイル アプリは、開発ツールを使用してリモートで展開できます。モバイル クラウド アプリは、クラウド サービスのおかげで迅速に開発または改訂される可能性があります。それらは、オペレーティング システム、コンピューティング能力、データ ストレージが異なるさまざまなデバイスに送信される可能性があります。ユーザーは、以前はアクセスできなかったアプリケーションを利用できるようになりました。モバイル クラウド コンピューティングの利用には、いくつかの利点があります。

  • スピードと柔軟性 - モバイル クラウド アプリの迅速な作成または修正は、クラウド サービスによって可能になります。それらは、さまざまなオペレーティング システムを備えたさまざまな種類のデバイスで利用できるようになっている場合があります。
  • 共有リソース – デバイスのストレージと処理能力は、クラウドベースのモバイル アプリの制限ではありません。クラウドは、大量のデータを必要とするプロセスを実行するために使用される場合があります。
  • 統合データ – クラウドを使用するモバイル アプリは、デバイスのストレージや処理能力に制約されません。クラウドは、大量のデータを必要とするプロセスを実行するために使用される場合があります。

モバイル クラウド コンピューティング (MCC) は、一般的に使用されているスマートフォンと急速に成長しているクラウド コンピューティング アプリケーション市場を融合させているため、その設計が独特です。モバイル クラウド コンピューティングを採用する利点は、モバイル ユーザーとクラウドベースのサービス プロバイダーの両方に認識され、採用されています。

MCC インターフェースのおかげで、スマートフォンとして知られるこの小さな、いつでもあなたと一緒にいるガジェットは、映画、音楽ファイル、写真などを組み合わせることができるようになりました。モバイル アプリをクラウドにプッシュすると、ユーザーのデバイスのストレージ スペースがほとんど必要なくなり、クラウドと直接対話してデータ転送やその他の用途に使用できるようになります。クラウド コンピューティングが提供する複数の利点を認識している場合でも、クラウド モバイル アプリケーションが成功する上位 5 つの理由を以下に示します。

  • アプリをダウンロードする必要はありません
  • OSやデバイスによる制限なし
  • 費用対効果の高い
  • 高度なデータ セキュリティ
  • データベースの統合は簡単です

クラウド コンピューティングとモバイル コンピューティングのどちらが優れていますか?

モバイル コンピューティングとは、場所、時間、デバイスを問わず、情報やアプリケーションにアクセスできる機能です。これは、モバイル ハードウェアおよびソフトウェアを介してデータ、サウンド、およびビデオを送信できるようにするテクノロジーです。アプリの設計プロセスを開始するだけでも、いくつかの段階があります。モバイル クラウド コンピューティングは、スマートフォンやタブレットなどのポータブル デバイス向けに特別に設計された、クラウド コンピューティングの独自のサブセットです。

モバイル ユーザーは、モバイルとクラウド コンピューティング テクノロジの融合により、いつでもどこからでもデータやアプリにアクセスできます。モバイル クラウド コンピューティングは、オペレーティング システム、ストレージ容量、または計算要件に関係なく、プログラマーがモバイル デバイス上でワールド クラスのアプリケーションを作成して実行できるようにする最先端のテクノロジです。どの種類のアプリがコンセプトに最も合っているかは、最も重要な決定事項の 1 つです。

エンド ユーザーとアプリケーション開発者の両方が、モバイル クラウド コンピューティングの改善されたパフォーマンスと柔軟性から恩恵を受けます。モバイルアプリ開発とクラウドベースのサービスを融合することで、開発者はスマートフォンを介して顧客にクラウド サービスとアプリを提供できます。関連データを格納するリモート データ センターは、アプリが使用される場所です。

これにより、モバイル クラウド アプリを物理デバイスよりも強力なクラウド サーバーで実行できるようになります。パフォーマンスが高いのは、データ処理が高速であり、プロセッサに依存しないデータ ストレージが少ないためです。これら 2 つの文の唯一の類似点は、どちらもワイヤレス デバイスを使用したデータの転送に関係していることです。モバイル クラウド アプリの使用は、数ある選択肢の 1 つにすぎません。以下に示すように、柔軟性とスケーラビリティが大幅に向上します。

  • クラウド コンピューティングにより、クライアントのローカルまたはクローズド ネットワークの接続だけでなく、独自のデータ ストレージおよびバックアップ システムも可能になります。ブラウザーベースのインターネット アクセス、1 つのオペレーティング システムで複数のソフトウェア アプリケーションを実行する機能、さまざまな種類のデータの交換など、数多くの機能がモバイル コンピューティングによって可能になります。
  • コンシューマは、モバイル コンピューティング サービスの通常のターゲット オーディエンスです。その一方で、幅広い企業や組織がクラウド コンピューティングを最初の選択肢として選択しています。
  • クラウド コンピューティングの基盤は、分散型ネットワークを介した有線または無線のデータ伝送を提供する新しいプラットフォームとサービスの開発です。モバイル クラウド コンピューティングは、開発中の新しいハードウェアとユーザー インターフェイスに接続されています。
  • クラウド コンピューティングの出現により、企業は以前は有線接続でしかアクセスできなかった機能やサービスを採用する機会を得ています。モバイル クラウドの目的は、さまざまなモバイル ネットワーク キャリアを介してサービス アクセスを提供することです。
  • クラウド コンピューティングは、データの保存と管理を可能にしながら、基本的に複雑なさまざまなコンピューター機能へのアクセスを人々に提供する、統合されたエントリ ポイントとして機能します。ただし、インテリジェント ネットワーキングは、モバイル コンピューティングにおける仮想ホスティングやリソース共有よりも優先されます。

モバイル クラウド コンピューティングの利点は何ですか?

モバイル テクノロジの急速な進歩とモバイル ユーザーの大幅な増加を考えると、企業はモバイル クラウド コンピューティングに適応する必要があります。現在、地球上のほぼ 89% の人々がクラウド コンピューティングを利用しており、アクセスできるようになっています。あらゆるセクターがクラウドを採用しており、企業と顧客は恩恵を受けています。多くの企業がクラウド ストレージ サービスを採用することを選択したのは、その安全性を認識したからです。 MCC には多くのメリットがあります。

  • 価格が安いため、予算を守りやすい- ビジネス用のモバイル アプリを開発する場合は、関連するコストと設定する必要がある予算を調べておく必要があります。これはかなりの金額であり、すべての計画の代替案を検討する必要があるかもしれないという事実を認識しています。ネイティブ モバイル アプリを作成するためのコストはいくらだと思いますか?コストは、複雑さ、機能、デザイン、およびその他のいくつかの要因に応じてアプリごとに異なるため、この問題に対する唯一の答えはありませんが、安価なベンチャーにもなりません.
  • API の使用- アプリケーション プログラミング インターフェイス ( API ) は、データ ストレージやサード パーティのデータ ソースにアクセスするための一般的な方法です。処理または分析計算のためにこれらの API ベースのバックエンド サービスにデータが提供され、結果がクラウド アプリケーションに返されるため、クラウド アプリケーションを小さく保つことができます。
  • これらのアプリはインストールする必要がありません- クラウド アプリケーションのユーザーが、それらを使用するためにモバイル デバイスにダウンロードしてインストールする必要がないという事実は、非常に有利です。アプリのユーザーは、ブラウザ ウィンドウで UI 全体を問題なく表示および使用できます。 ネイティブ アプリケーションは、操作を開始する前に、まずユーザーのモバイル デバイスにダウンロードする必要があります。アプリケーションにはいくつかのバージョンがあり、使用しているデバイスの種類に応じて各ユーザーのエクスペリエンスが変わります。
  • 簡単に拡張可能- アプリが公開された後に仕事が終わったと思う場合は、アプリがすべてを処理するので、ただ座ってビューを楽しむことができます。アプリとアプリのエクスペリエンスを改善しながら、継続的なメンテナンスとアップグレードが必要です。このメンテナンスと機能強化には、たとえ不可欠であっても価格があります。当然のことながら、会社を成長させたいと考えており、そのためにアプリケーションを拡張したいと考えています。
  • データベースはシームレスに統合できます- 商用目的でアプリを構築している場合は、何らかのデータベースを含める必要があります。このプロセスは、ネイティブ モバイル アプリの開発において最も難しく、時間がかかり、混乱を招く側面の 1 つになる可能性があります。前述したように、時間は非常に重要です。したがって、ネイティブ アプリの開発期間を選択する際には、かなりの時間を割り当てる必要があります。しかし、クラウド アプリを使用すると、このすべてのデータをクラウド サーバー経由で同期できるため、この手順が大幅に簡単になります。
  • データの回復 -ネイティブ アプリを使用したことがある方ならご存知のとおり、プログラム全体のデータはローカル サーバーに保持されます。しかし、もしサーバーが損害を受けたり、滅びたりしたらどうなるでしょうか?したくない場合でも、考慮に入れる必要があります。自然災害によってローカル サーバーが損傷し、データが永久に失われる可能性があります。ただし、クラウド アプリケーションを構築する場合は、すべてのデータが複数のサーバーに保存されるため、損失から保護されます。
  • 時間を節約する- 従来のネイティブ モバイル アプリの開発には時間がかかると思いますか?繰り返しますが、この質問に対する明確な答えはありません。機能、複雑さ、必要な設計要素、およびその他のさまざまな考慮事項の違いにより、それぞれのビルドにかかる時間は異なります。ビジネスの創業者や起業家は、タイミングの重要性をよく理解しています。作成するアプリの種類に応じて、明確で公平な開発スケジュールが必要です。ネイティブ アプリの開発は、完了するまでに数か月かかります。

モバイル クラウド コンピューティングの課題は何ですか?

MCC は人間に知られているすべての利点を提供すると言われていますが、欠点もあります。モバイル クラウド コンピューティングの主な問題の 1 つは、帯域幅の不足です。ワイヤレス接続は制限のない電波を使用しますが、モバイル クラウドは限定された電波を使用します。いくつかのポータブル デバイスは、異なる波長を利用できます。したがって、そのアクセス速度は、有線ネットワークの 3 倍遅くなります。 MCC の実装中に発生したいくつかの問題を次に示します。

  • セキュリティとプライバシー -ポータブル デバイスのリスクを見つけて排除することは、デスクトップ コンピューターよりもワイヤレス接続による情報損失の可能性が高いため、より困難です。
  • サービスの可用性- ユーザーは、ネットワーク、トラフィック、カバレッジ、およびその他の問題に関する問題について頻繁に言及します。お客様は散発的に低周波信号を経験し、データ アクセスとストレージが遅くなります。
  • ネットワークの変化- モバイル クラウド コンピューティングは、Apple iOS、Android、Windows Phone など、さまざまなオペレーティング システムを実行するプラットフォームで使用されています。その結果、クロスプラットフォーム互換性が必要です。 IRNA (Intelligent Radio Network Access) テクノロジは、複数のモバイル プラットフォーム ネットワークの機能を管理します。

結論

要約すると、MCC はモバイル コンピューティングに対する最先端のアプローチであり、ユーザーにより大きな自由とオプションを提供します。 MCC のおかげで、ユーザーはスマートフォンやタブレットの機能を十分に活用できます。MCC は、これらのデバイスのコンピューティング能力とクラウド経由で提供されるコンピューティング能力を組み合わせます。ユーザーは、各デバイスだけでは利用できない他のサービスにアクセスでき、デバイスの 1 つだけを利用するよりも多くの機能を利用できます。

テクノロジーの世界では、クラウド コンピューティング、クラウド アプリケーション、モバイル クラウド コンピューティング、モバイル クラウド アプリはすべてホットな話題です。ただし、これは単なる流行語の集まりではありません。それには多くの実質があり、トレンドはここにとどまるようです.このテクノロジーには多くの利点がありますが、注意して避けるべき落とし穴もあります。この技術はまだ初期段階にあるという事実にもかかわらず、その範囲と可能性は素晴らしいようです.

ただし、より多くの企業がそれを使用し、投資を開始するまで、その真の方向性は完全には明らかになりません。今日、ビジネスにアプリを使用することは非常に重要です。コーディングやプログラミングのスキルが不足している場合は、いくつかの方法があります。 AppMaster を使用すると、最先端の UI、バックエンド、およびネイティブ モバイル アプリケーションを備えた完全に機能するソフトウェアを構築できます。 AppMaster は、アプリケーションのソース コードを生成してコンパイルし、任意のクラウド サービスまたはプライベート サーバーに配布します。

AppMaster の基礎となる概念は、エンジニアが自然に理解し始めるまでに 20 分かかることがよくあります。販売、運用、顧客サポート、および IT スタッフ向けのツールを含む、社内向けのソフトウェア。 AppMaster は顧客向けソリューションの作成にも適していますが、すべての要求を満たすには他のテクノロジが必要になる場合があります。ノーコード!かなりの応募数!ワンクリックで、ALL-IN-ONE を手に入れましょう。 AppMaster プラットフォームにサインアップして、チーム用のアプリケーションを作成します。