優れたUIデザインの作成には時間がかかり、エラー、改訂、再設計、細部のテストが行われます。 UIデザインは、効果的で直感的で、どのユーザーにとっても親しみやすいものでなければなりません。したがって、Webページ、アプリケーション、またはその他のデジタル製品のインターフェイスを作成するときは、ユーザーのニーズを考慮する必要があります。

より成功したインターフェースを構築するための貴重なUIデザインのヒントを集めました。

UIデザインとは何ですか?

ユーザーインターフェイスまたはUIデザインは、Webサイトのグラフィカルインターフェイスを設計するプロセスです。これには、ボタン、メニュー、アイコン、製品の全体的な外観などのレイアウトとインターフェイス要素の作成が含まれます。 UIデザインの目的は、ユーザーが製品を操作し、目標を迅速かつ効果的に達成できるようにすることです。

UIコンポーネント

ユーザーインターフェイスコンポーネントは、UIデザインの主要な構成要素です。これらのコンポーネントを介して、ユーザーはWebサイトまたはアプリケーションを操作します。 UI要素には、ユーザーに何をすべきかを伝えるインタラクティブなテキストとグラフィックが含まれています。

Webサイトを設計するときに考慮すべきいくつかの重要なUI要素があります。

  • ボタンとラジオボタン;
  • リンク;
  • アイコン;
  • メニュー;
  • ツールバー;
  • 文章;
  • チェックボックス。

これらの要素は特定の目的を果たし、魅力的なUIを作成するには、それらの機能を理解することが不可欠です。たとえば、ボタンを使用するとユーザーは行動でき、リンクを使用するとユーザーは他のページやWebサイトに移動でき、アイコンを使用するとユーザーは重要な情報をすばやく識別できます。

使用するツール

成功するインターフェースを設計するときに使用でき、使用すべきツールはたくさんあります。これらには、ソフトウェアおよびハードウェアツールが含まれます。以下は最も人気があり重要なものです:

スケッチなどのデザインツール。初期のアイデアから、ユニバーサル機器のコレクションを使用したプロトタイプの作成まで、あらゆるものをキャプチャするのに最適です。

Adobe XD、Adobe Photoshop、Illustratorなどのグラフィックデザインソフトウェア。 Adobe XDは、UIデザイナーが最もよく使用するソフトウェアの1つです。ベクターベースの機器は、プロトタイプやモックアップの作成に役立ちます。

InVisionなどのプロトタイピングおよびワイヤーフレーミングツール。 InVisionには、アニメーションと動的要素を備えた機能的なプロトタイプを構築するために必要なUIデザインツールのコレクションがあります。

UserTestingやHotjarなどのテストツール。たとえば、Hotjarは、ヒートマップやセッション記録などのさまざまな機器を介してフィードバックを提供します。これは、製品との対話中のユーザーの行動を理解するのに役立ちます。

UIデザインのベストプラクティス

前述したように、UIデザインの主な目的は、ユーザーフレンドリーで効果的なインターフェイスを作成することです。そのために、いくつかのプラクティスを実装できます。

  1. インターフェイスがナビゲートしやすいことを確認してください。最も重要な要素を簡単にアクセスできる場所に配置し、簡潔なラベルを使用します。
  2. 細部に注意してください。すべてのUI要素は一貫して表示および動作する必要があり、テキストフィールドは読みやすく理解しやすいものである必要があります。
  3. デザインを広範囲にテストします。さまざまな画面サイズとデバイスでデザインをテストして、すべてのユーザーに最適化されていることを確認することをお勧めします。
  4. デザインパターンを使用します。これらは、すでに効果的であることが証明されているUI要素です。エラーや試行錯誤を繰り返す代わりに、それらを実装できます。
  5. 標準の設計原則を使用します。対称性、コントラスト、位置合わせ、および近接性の原則を適用して、ユーザーが喜ぶ視覚的に魅力的なインターフェイスを作成します。

UIデザインの原則

UIデザインの原則は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを作成するのに役立つガイドラインです。それらは、人間とコンピューターの相互作用のルールとグラフィックデザインの原則に基づいています。

対称性:バランス感覚と秩序感を生み出し、ユーザーがインターフェースをナビゲートするのを非常に簡単にします。

コントラスト:主要な要素に注意を引く視覚的な階層を作成します。これは、インターフェースをよりアクセスしやすく、理解しやすくするのに役立ちます。

配置:インターフェースがよりすっきりと整理されたように見えます。これを使用して、ユーザーの目を主要な要素に向けます。

近接性:ユーザーが関連するコンポーネントを簡単に関連付けられるようにし、適切な要素をクリックまたはタップするように促します。

フィードバック:フィードバックループを設定すると、ユーザーがインターフェースを操作し続けるように促すことができます。また、アクションが完了したことをユーザーに知らせるための良い方法でもあります。ユーザーのさらなるアクションに関する追加のフィードバックと指示を提供することは無駄ではありません。

アフォーダンス:オブジェクトの使用方法を説明する設計原則。これは、ユーザーとオブジェクトの間の関係を定義します。

マッピング:このUI設計の原則は、ユーザーが特定のアクションを画面上の特定の要素に関連付ける方法、およびその逆の方法を指します。たとえば、封筒の画像がメールに関連付けられ、虫眼鏡のアイコンが検索を表すことを期待することがよくあります。

フィッツの法則:この法則は、サイズ、場所、および物理オブジェクトの使いやすさの関係を説明します。また、デジタルインターフェースの設計にも適用できます。

説得力のあるデザイン:この原則は、ユーザーの行動に影響を与えるために使用されます。たとえば、相互主義の原則は、誰かが彼らのために恩恵を与えるとき、人々はしばしば恩返しをする義務があると感じることを示唆しています。

注意深い処理:画面上のさまざまな要素を完全に注意を払わずに区別することを指します。色や間隔など、さまざまな方法で実行できます。

UIデザインを完璧にする方法は?

この質問に対する単一の答えはありません。ユーザーのニーズとインターフェイスを使用するコンテキストによって、UIデザインが定義されます。私たちが共有したすべてのヒントと情報を要約して、製品インターフェイスの設計を成功させるために役立つ基本的なプラクティスと原則の候補リストを作成しましょう。

ユーザーとそのニーズ。彼らのニーズを特定するために適切な質問をすることを学びましょう:彼らの目標は何か、彼らがそれらの目標を達成するのを助けるもの、そしてユーザーがそれらを達成するのを妨げるもの。

直感的で使いやすいインターフェース。シンプルに保つようにしてください。インターフェースに何を期待するかは、ユーザーにとって明らかなはずです。優れたUIデザインは、ユーザーに次のステップについて考えさせることはありません。直感的である必要があります。

さまざまな画面サイズとデバイス。さまざまなデバイスや画面サイズを使用して、製品を簡単に操作できることを確認してください。ユーザーの行動を分析します。スワイプやショートカットなど、何を適用するかを提案します。

明確で理解しやすい要素のラベル付け。すべてのクリックターゲットを、見やすくクリックしやすい大きさにします。一般的なアクションのボタンも表示され、簡単にアクセスできる必要があります。ウィンドウの端または隅にインタラクティブなナビゲーション要素を配置します。

実際のユーザーでデザインをテストします。何を改善するかを特定し、ユーザーの満足度を評価し、製品のパフォーマンスを分析し、それがユーザーの目標を満たしているかどうかを特定するのに役立ちます。

これらの標準的な慣行に従うようにしてください。常にユーザー向けのデザインを作成し、その価値を最大化することを忘れないでください。