魔法の機械でゼロからソフトウェア・アプリケーションを作れると言われたら、何か未来的な発明のように思うかもしれない。一昔前までは、製品を大量生産できる産業について、人々はそう考えていたのでしょう。今日、ほとんどの産業は、自動車、衣料品、化学品などの製造において、機械によって時間とエネルギーが節約されることについて、何とも思っていない。それほど一般的なことなのです。

人間の知性は独創的なアイデアを生み出すユニークな可能性を持っており、どんなビジネスでも、最も賢いリソースを経営レベルで採用することで利益を得ることができるのです。このような自動化が、プログラミング言語やコーディングにも適用できるとしたらどうでしょう。これこそが、ソースコード生成の可能性です。ソースコード生成は、より高度な仕事に時間を割くことができるようになるだけでなく、ソフトウェア開発やプログラミング言語のビルドプロセスを神秘化することができるのです。ここでは、ソース・コード生成のすべての内容、その多数の利点、およびソース・コード生成を始めるのに役立ついくつかの優れたプラットフォームについて、詳しく説明します。

ソースコード・ジェネレータとは?

ジェネレーティブ・コーディングとソース・コード生成の原理は、自動化された方法でソフトウェア・システムを作成するためにプログラムを設計できることです。このようなプラットフォームは、コードを生成することができ、これにより開発者の生産性を大幅に向上させることができます。プログラミング言語を使ってコードを書いたり、複雑なデータベーススキーマを使ったりする必要がなくなります。この生成されたコードは、ランタイム設定時に生成システムとは別に利用することができる。このレベルのコード生成は、Visual Studioなどのプラットフォームでも可能です。Visual Studio 、コードを書くことができ、そのアドオンモジュールの中には、コードを自動補完できるものもあります。

エンジニアは、プログラミング言語を使用してコーディングする代わりに、ソースジェネレータを使用して生成された状態で、ユーザーが生成したコードを見ることができます。彼らは、新しいソースファイルをユーザーのアセンブリにその場で導入できるようなコードを生成することができる。そして、コンパイル中に実行されるコードを生成することができます。それはあなたのソフトウェアを調べて新しいソースファイルを作成し、そのソースファイルはあなたのプログラムの残りの部分と一緒にコンパイルされます。また、多くのオープンソースのコードジェネレータがあります。プログラマーは、これらのオープンソース・ジェネレーターを日々改良し、より使いやすくしています。

source code generator

ソースコード・ジェネレータは、2つの重要な機能を提供します。まず、現在コンパイル中のすべてのユーザー生成コードのコンパイル・オブジェクトを取得することができます。今日のスキャナーと同じように、このオブジェクトを調べて、現在コンパイルされているプログラムの構文およびセマンティックスのフレームワークと相互作用するソフトウェアを開発することができるのです。2つ目の機能は、コンパイルオブジェクトを補完するために使用できるソースファイルを作成することです。つまり、コンパイルの途中で追加のソースコードを追加することができるのです。

この2つの要素がうまく作用して、プログラミング言語よりもソースコード生成の方が実用的です。これは、プログラミング言語全体を学習するよりも、はるかに簡単なことです。コンパイラがコンパイル中に蓄積する詳細な情報は、すべてユーザープログラムの解析に利用することができる。評価した情報に基づいたコード生成のプログラムは、同じコンパイラに納品されます。一般的なオープンソースの生成ツールには、FreeVASIC コンパイラがあります。また、Visual Studio のようなオープンソースのツールも利用できます。

ソースコード・ジェネレータの歴史

どんな新しい技術でもそうですが、ソースコード生成には長所と短所があります。何のコントロールもなく使用すると、多少フラストレーションがたまるかもしれません。プログラミング言語で達成できるような細部へのこだわりは得られないかもしれません。しかし、適切なコード生成ツールを使えば、従来のプログラミング言語よりもはるかに簡単に良い製品を作ることができます。新しい機能、データベーススキーマ、技術が導入されるたびに、その利用者はいくつかの障害を乗り越えなければなりませんが、結果はこれらの障害に見合うものです。

世の中にはいくつかのコードジェネレータがあり、それらは .NET 5るし、マイクロソフト社もこのニッチな分野で始めている。よく使われていたソースコード生成ツールの例としては、ADO.NETのEntity Data Model Designerがあります。これはビジュアルなソフトウェア開発ツールで、テーブルとそのリレーションシップを構築することができます。テーブルクラスは、その後、生成されたコードで利用されるかもしれませんし、自動的に作成されることになります。これにより、すべてのエンティティを管理するために、比較的類似した多数のクラスを作成する必要があった労力を大幅に削減することができます。また、プログラミング言語の知識も必要ありません。

ソースコード生成のメリット

ソースコード生成には、ユーザーにとって魅力的ないくつかの利点があります。プログラミング言語を知らなくても利用できること以外に、その主なメリットを紹介します。

  • 時間の短縮

コード生成は、リリースまでの時間を短縮することができます。コンピュータは自動化された装置であるため、生成されたコードを書くことは、コンピュータを使うことで非常に時間効率がよくなる場合があります。手動でのコーディング作業に関して、自分でやったり、ランダムな情報を記憶したりする必要がなくなります。また、プログラミング言語の習得に多くの時間を費やす必要もありません。

  • 人的ミスの減少

アプリケーションの開発にはパターンが使用されます。機械はこれらの構造を活用して、手作業の手順を省き、一般的な仕事を理解することができます。その結果、プログラミング言語を用いて手作業でプログラムをコーディングするよりも、ミスを大幅に減らすことができます。

  • コードの再利用

生成されたコードは、様々なアプリケーションに対応することができる。そうすることで、現在と将来の両方の取り組みにおいて、時間と労力を節約することができます。生成されたコードを再利用することで、収益性を高め、アプリケーションの一貫性を維持することができます。

  • テストと標準の改善

モデルを使用したテストは、カスタムコードの品質を向上させることができます。企業は、カスタマイズのためのテストを追加し、生成されたコードが意図したとおりに動作することを確認するためにテストを使用することができます。カスタムコードの生成は、これを容易にし、より良い品質を保証し、パフォーマンスを向上させることができます。

  • 安定したアーキテクチャと一貫性

大規模なシステムに対する統一された構成は、技術的負債を軽減するのに役立ちます。組織的なトレーニングにより、優秀な開発者はより生産的になることができます。毎回同じレイアウトを採用することで、生成されたコードがよりプロフェッショナルで一貫性のあるものになります。これは、フォルダやファイルからツリー状の構造を構築し、複数のプロジェクトのナビゲーションを容易にするソースコード生成ツールに特に当てはまります。従来のプログラミング言語を使用する場合、すべてのコンポーネントを別々にコーディングする必要がある場合があります。

  • ドキュメンテーションの充実

一般的なプログラミング言語では、ドキュメントは開発の後に作成されます。ソースコード生成ツールを使ってドキュメントを作成することで、コードを書きながら一貫性を保証することができます。これにより、アプリケーションのメンテナンス時や人事異動の際にも容易に対応することができます。

ソースコード生成のデメリット

プログラミング言語を使用する代わりに、ソースコード生成にはいくつかのデメリットがあります。以下は、コード生成のデメリットとして知っておくべきことです。

  • ブラックボックス化

ブラックボックスの混乱は、プログラマーがコードを理解できないときに起こります。生成されたコードは,開発者がカスタマイズしやすいものでなければならない.カスタムコードが複雑すぎて理解できないようではいけない。

  • 複雑なモデル

ソースコード生成ツールに採用されているモデルは、特にデータベース・スキーマなど、どんどん複雑になっていく可能性があります。

  • コードの肥大化

コード生成ツールが生成するコードが多すぎる場合があります。生成されたコードが効率的であることを保証するために、カスタムコードはレビューを通過しなければなりません。カスタムコードが不必要に長くなると、後で複雑な問題が発生したり、混乱が生じたりする可能性があります。

コードジェネレーターはどのように機能するのか?

ウェブページのHTMLを生成する最も一般的な方法は、コード・ジェネレータがどのように機能するかを示す優れた例となります。アプリケーションの構築を支援する現代のウェブサービスには、実質的にすべて、何らかのタイプのカスタムテンプレートシステムがあります。これは、典型的なターゲットフレームワークが機能する方法でもあります。

任意のコードを生成するために、そのようなカスタムテンプレートが使用され、作業するためにいくつかの情報が与えられます。テンプレートには通常、ループや選択などの一般的なプログラミング言語の操作を実行する方法と、情報を処理するための何らかの方法が含まれます。ですから、非常に同一でありながら異なるHTMLファイルを手作業でコーディングするために1週間を費やすよりも、コードジェネレータを使用することで膨大な時間を節約することができるのです。

最適なコードジェネレーターとは?

AppMasterは、仕事を簡略化するための優れたソフトウェア開発ツールを探しているなら、完璧なソリューションです。 no-codeは、仕事を簡素化するための優れたソフトウェア開発ツールを探しているのなら、完璧なソリューションです。同じソフトウェアプロジェクトをプログラマーチームに割り当てるだけでなく、ツール no-codeツールからより良い利益を得ることができます。 no-codeプラットフォームを利用することができます。簡単な操作からAPI統合まで、あらゆることに対応します。 AppMasterは、生成されたコードをあなたのために開発することができます。プラットフォームは、より迅速に、より効果的に、より低いお金であなたのプロジェクトを完了します。

生成されたコードが自分のものであるかどうかを疑う必要さえない。 AppMasterは、ソースコードの権利を取ることができます。このプラットフォームは非常に耐久性が高いため、複雑なバックエンドを必要とするアプリケーションであっても、あらゆるアプリケーションのコードを書くために使用することができます。 AppMasterは、間違いなく、あなたが見つけることができる最高のコードジェネレータの1つです。

どのように AppMasterコードを生成するのでしょうか?

プラットフォームは AppMasterは、バックエンド、データベーススキーマ、フロントエンド、モバイルアプリケーション、そしてデータ構造まで、すべての要件を含んでいるため、コードを生成することができます。私たちのプラットフォームは、ユーザーが公開ボタンをクリックすると、データモデルから始まります。そして、すべてのデータモデルを収集します。これらのデータモデルに基づき、アプリケーションのバックエンドバイナリに配置される標準データベーススキーマを構築します。メインのテーブル構造と SQLクエリーが構築され、データベーススキーマクエリーが完了すると同時に、システム内のすべてのビジネスプロセスがコードを生成し始めます。なぜなら AppMasterプラットフォームはすべてRAM で行うため、1秒間に22,000行のソースコード生成速度を達成しました。

ソースコードの大部分が生成されると、当社の知的アルゴリズム(当社には訓練されたaiがいます)がソースコードのコードベース全体を調べ、メインのコード生成パスで生成された非効率なビットをすべて最適化しようと試みます。

人が作ったビジネスプロセスを対象にしているため、最初のコード生成でソースコードの最適でない場所ができてしまうのです。しかし、AIがあるおかげで、いわゆる後処理を経て、もう一度コードベースを見直し、全体を改善する。そうすると、バイナリが縮小される、つまり小さくなる。つまり、バイナリが小さくなり、読み込みが速くなります。これは、より良く動作するようにパフォーマンスを向上させることができ、一般的に、ポスト最適化は、私たちのために最高レベルで動作します。

コード生成の最大のメリットは、要件が変わってもソースコードを書き直す必要がないことです。技術的には、私たちのプラットフォームは、すべての条件をもう一度取り込んで、新しい機能やアプリケーションのためのコードを生成するだけです。つまり、このコード生成では、古いコードも、古い依存関係も、古い要件もありません。プラットフォームは、非常に迅速に行うので、すべてをゼロから行います。このアプローチにより、重要な開発において予算の30%以上を占める技術的負債を完全に回避することができます。つまり、より速く行い、ソフトウェア製品のサポートにかかる費用を大幅に削減 し、総所有コストを下げているのです。

典型的なコード生成のアプローチは、特にすべての要件がすでにシステム内部に表示されている場合は、非常にシンプルになります。つまり、モデルを生成し、次にビジネスプロセスを生成し、次にエンドポイントを生成し、最後にこれらすべてを最適化しコンパイルするのです。しかし、最大の難関はユーザーの要求が変わることです。システムには、多くの相互依存関係があります。例えば、ビジネスロジックはデータモデルに大きく依存し、エンドポイントはビジネスロジックとデータモデルに依存する。 UIエレメントは、今度はデータモデルやビジネスロジックのエンドポイントなど、あらゆるものに依存します。そして、しばしば、ユーザーが非常に大きなドラスティックな変更を行ったときにどうするかという問題を、我々のプラットフォームが自動的に解決しなければならないことがあります。例えば、データモデルでは、あるエンティティを削除したり、フィールドの種類を変更したりします。つまり、これまでの経験とニューラルネットワークに基づき、ビジネスロジック、エンドポイント、場合によっては要素も含めて、すべての接続を自動的に再構築するのです。 UI要素の接続も自動的に再構築する。

まとめ

ソースコード生成について知っておくべき重要なことをまとめました。ソースコード生成の仕組みと、その長所と短所を理解することが重要です。これを理解することで、より良いWebサービスやアプリケーションを構築することができます。