ローコードプラットフォームとノーコードプラットフォームはどちらも、Excelを使用するよりもアプリケーション開発を容易にするという約束を誇大宣伝しているため、プログラミングの知識、追加コスト、または専門家の助けがなくても、すべてのユーザーがプロジェクトを作成できます。

ローコードとノーコードは同じことを約束しますが、違いがあるはずです。両方の概念の定義、利点、および制限を注意深く調べて、それを見つけましょう。

ローコードとノーコードの定義

ノーコードの定義と利点については、 前の記事ですでに説明しました。つまり、ノーコードはコーディングの必要性を完全に排除し、視覚的な要素とドラッグアンドドロップに置き換えます。したがって、プログラミングの知識がない人でもソフトウェアを開発できるようになります。

ノーコードプラットフォームとは異なり、ローコードプラットフォームはコーディングスキルを必要としますが、事前に記述されたコード行があるため、必要なスキルは少なくなります。ローコードは通常、開発者向けのツールとして販売されていますが、従来のコーディングと比較すると、ジュニアプログラマーや初心者でも、ローコードプラットフォームで作業して、事前にカスタマイズすることができます。書かれたコード行。

ノーコードとローコードの3つの差別化ポイント

ターゲットオーディエンス

ノーコードプラットフォームは、技術的でないバックグラウンドを持つすべての人を対象としており、ほとんどの場合、技術チームを節約し、アプリ開発に必要な全体的なコストと時間を削減したいビジネスユーザーにアピールしています。このようなプラットフォームは、より簡単なインターフェイスを備えており、視覚的なドラッグアンドドロップ技術を適用してアプリケーションを構築します。このため、プロジェクトとMVPは、数分で構築および公開できます。

代わりに、ローコードプラットフォームは、コーダーがより高速に動作するために使用されます。これにより、コード行の生成に費やされる全体的な時間が短縮されるため、プログラミング分野に携わる人々だけが理解できます。

制限事項

ほとんどのノーコードプラットフォームの主な問題は、限られたオプションとプラットフォームの依存関係です。ユーザーはノーコードプラットフォームで実行可能なアプリケーションを構築できますが、その外観と機能は常にプラットフォームの製品に限定されます。発生する可能性のあるエラーの時間と量は減少しますが、アプリをより複雑なものに改善する可能性は非常に低くなります。また、アプリを維持し、さらに変更を加えるには、ユーザーは常にアプリケーションが作成された元のプラットフォームに戻る必要があります。他のツールへの転送やアプリケーションの独立性は、通常、非常に複雑であり、場合によっては不可能ですらあります。

ローコードプラットフォームは、最初に事前に記述されたコード行を提供し、ユーザーが好きなようにそれらをカスタマイズできるようにします。ローコードツールは、アプリケーションの完全な制御を提供し、開発プロセスを制限しません。ただし、このような自由は多くの潜在的なエラーからユーザーを保護するものではなく、アプリの構築にはさらに時間がかかる可能性があります。

システムの開放性

オープンシステムは、ユーザーがその動作を変更できるようにし、基本的にはカスタマイズできるようにします。

ノーコードプラットフォームには閉鎖系があります。前に述べたように、ノーコードプラットフォームは通常、100%のカスタマイズを許可せず、アプリ用に事前に選択されたツールと機能でユーザーを囲みます。このようなことは部分的に行われるため、プラットフォームのアップグレードによってビルドされたアプリケーションが変更または破損することはなく、ユーザーはテストと再変更に時間を費やすことを心配する必要がありません。

ローコードの利点は、カスタムでコードを追加できるオープンシステムであり、より多くのユースケースに適用できるようになります。ただし、オープンシステムの欠点は、プラットフォームの新しいバージョンごとに、誰もが持っているカスタムコードのために、ユーザーがアプリケーションを試して変更する必要があることです。変更後のみ、必要に応じて、ユーザーはプラットフォームのバージョンを更新できます。#nbsp;

Appmaster.ioでは何を使用しますか?

AppMaster.ioは、もともとノーコードプラットフォームです。ただし、ローコードの機能を部分的に組み合わせるために作成されました。したがって、プラットフォームはすべてのノーコードツールと同じユーザーフレンドリーなインターフェイスとドラッグアンドドロップロジックを共有し、ローコードと同じように任意の機能を追加できるビジネスプロセスエディタにより、カスタマイズも可能です。ビジュアルブロックの使用。プラットフォームはまた、すべてのアプリケーションの独立性を重視しており、アプリを公開する準備ができた後、ユーザーは管理者権限とプラットフォームで生成されたコードのシートを受け取ります。これらの理由により、従来のプログラミングを使用するだけでなく、プラットフォーム上で任意のアプリをカスタマイズおよび保守できます。

新しいものを作る準備はできましたか? Appmaster.ioプラットフォームの機能をよりよく理解するためにドキュメントを参照するか、今すぐ無料でアプリケーションの開発を開始することをお勧めします。