Grow with AppMaster Grow with AppMaster.
Become our partner arrow ico

DDLとDMLの違い

DDLとDMLの違い

の違いを理解する DDL(Data Definition Language) とDML (Data Manipulation Language)の違いを理解することは、データベースを効率的に管理・操作する上で非常に重要です。この記事では、この2つの必須SQLコマンドの重要な違いについて深く掘り下げ、データベースのパフォーマンスを最適化するための使い方を紹介します。SQL初心者の方も、経験豊富なプロフェッショナルの方も、データベース管理のスキルを向上させたい方は必読の記事です。さあ、はじめましょう

とは何ですか? DDL?

DDL(Data Definition Languageは、SQL (Structured Query Language) のサブセットで、データベースの構造や、テーブル、ビュー、インデックス、プロシージャなどのオブジェクトを定義するために使用されます。 DDLステートメントは、テーブル、ビュー、インデックス、ストアドプロシージャなどのデータベースオブジェクトを作成、変更、および削除するために使用されます。最も一般的な DDLステートメントには、次のようなものがあります。

  • CREATE:このステートメントは、テーブル、ビュー、またはインデックスなどの新しいデータベースオブジェクトを作成します。たとえば、次の SQL 文は、"customers" という名前のテーブルを作成します。

CREATE TABLE customers ( ));id INT PRIMARY KEY, name VARCHAR(255), address VARCHAR(255

  • ALTER:このステートメントは、既存のデータベースオブジェクトを変更するために使用されます。たとえば、次の SQL 文は、"customers" テーブルに "email" という新しいカラムを追加します。

ALTER TABLE customers email ;ADD VARCHAR(255)

  • DROP:このステートメントは、既存のデータベースオブジェクトを削除するために使用します。例えば、次のSQL文は "customers "テーブルを削除します。

DROP TABLE customers "テーブルを削除します。

  • TRUNCATE:この文は、テーブルのすべての行を削除するために使用されますが、DROP 文とは異なり、テーブルの構造とインデックスを保持します。
  • RENAME:このステートメントは、既存のデータベースオブジェクトの名前を変更するために使用されます。たとえば、次の SQL 文は、"customers" テーブルの名前を "clients" に変更します。

RENAME TABLE customers clients;TO

ここで重要なのは DDLつまり、一度オブジェクトを作成、変更、または削除すると、その変更は元に戻すことができません。つまり、一度オブジェクトを作成、変更、または削除すると、その変更は元に戻せません。したがって、注意深く、何らかのステートメントを実行する前に、データベースのバックアップを取ることが不可欠です。 DDLステートメントを実行する前に、データベースのバックアップを取ることが重要です。さらに DDLステートメントは通常、データベース構造を変更するための適切な権限と特権を持つデータベース管理者または開発者によって実行されます。

とは何ですか DML?

DML(Data Manipulation Language) は、SQL (Structured Query Language) のサブセットで、データベース内のデータを操作するために使用されます。 DMLステートメントは、データベース内のデータを挿入、更新、および削除するために使用されます。最も一般的な DMLステートメントには、次のようなものがあります。

  • SELECT:このステートメントは、データベース内の 1 つまたは複数のテーブルからデータを取得するために使用されます。たとえば、次の SQL クエリは、"customers" テーブルからすべてのレコードを取得します。

SELECT * FROM customers;

  • INSERT:このステートメントは、テーブルに新しいデータを挿入するために使用されます。例として、次の SQL 文は、"customers" テーブルに新しい行を挿入します。

INSERT INTO customers (id, name, address) (1, 'John Smith,' '123 Main St');VALUES

  • UPDATE:このステートメントは、テーブルの既存のデータを変更するために使用されます。例えば、次のSQL文は、"customers "テーブルのIDが1の顧客の住所を更新します。

UPDATE customers address = '456 Park Ave' id = 1;SET WHERE

  • DELETE:このステートメントは、テーブルからデータを削除するために使用されます。例えば、次のSQL文は、"customers "テーブルからIDが1のお客様を削除するものです。

DELETE FROM customers id = 1;WHERE

DMLステートメントは即座に実行され、ロールバックステートメントで元に戻すことができます。ここで重要なのは DDLステートメントは、データベースオブジェクトを作成、変更、および削除するために使用されます。 DMLステートメントは、これらのオブジェクト内のデータを操作するために使用されます。

DMLステートメントは通常、データを取得、更新、削除するためにデータベースと相互作用するアプリケーションやシステムのようなエンドユーザーによって実行されます。データベース管理システムは、クエリの実行後に DMLステートメントは、クエリーが作成された後に実行されます。

DDL対 DML

DDL(Data Definition Language) と DML(Data Manipulation Language) はどちらも SQL (Structured Query Language) のサブセットで、データベースを管理・操作するために使用されます。しかし、両者は異なる目的を持ち、異なる特性を持っています。

DDLは、データベースの構造と、テーブル、ビュー、インデックス、プロシージャなどのオブジェクトを定義します。 DDLステートメントは、テーブル、ビュー、インデックス、ストアドプロシージャなどのデータベースオブジェクトを作成、変更、および削除するために使用されます。ステートメントの例 DDLステートメントの例としては、CREATE, ALTER, DROP, TRUNCATERENAME があります。 DDLつまり、一度オブジェクトを作成、変更、または削除すると、その変更は元に戻すことができません。つまり、一度オブジェクトを作成、変更、または削除すると、その変更は元に戻せません。したがって、注意深く、データベースのバックアップをとってから、ステートメントを実行することが重要です。 DDLステートメントを実行する前に、データベースのバックアップを取ることが重要です。 DDLステートメントは通常、データベース構造を変更するための適切な権限と特権を持つデータベース管理者または開発者によって実行されます。

DMLは、データベース内のデータを操作するために使用されます。 DMLステートメントは、データベース内のデータを挿入、更新、および削除するために使用されます。ステートメントの例 DMLステートメントの例としては、SELECT, INSERT, UPDATE 、およびDELETE があります。 DMLステートメントはすぐに実行され、ロールバックステートメントで元に戻すことができます。 DMLステートメントは通常、データを取得、更新、削除するためにデータベースと相互作用するアプリケーションやシステムなど、エンドユーザーによって実行されます。

要約すると DDLはデータベースの構造を定義し管理するために使用され、一方 DMLはデータベース内のデータを操作するために使用されます。 DDLステートメントは永久的であり、元に戻すことはできません。 DMLステートメントはすぐに実行され、元に戻すことができます。 DDLステートメントは権限のある人が実行するのに対し、エンドユーザーが実行するのは DMLステートメントを実行します。

なぜ DDL?

DDL(Data Definition Languageは、データベースの構造とそのオブジェクト(テーブル、ビュー、インデックス、プロシージャなど)を定義します。 DDLステートメントは、テーブル、ビュー、インデックス、ストアドプロシージャなどのデータベースオブジェクトを作成、変更、および削除するために使用されます。が必要な理由はいくつかあります。 DDLが必要な理由はいくつかあります。

  • データベースの作成と管理DDLステートメントは、データベースの構造を作成し、管理するために使用されます。を使えば DDLがあれば、データベースの構造を開発し、維持することが容易になります。
  • データの整合性DDLステートメントは、プライマリキー、外部キー、ユニークキーなどのデータ整合性制約を強制します。これらの制約は、データベース内のデータが正確で一貫性のあるものであることを保証するのに役立ちます。
  • パフォーマンスDDLステートメントは、データベースのパフォーマンスを向上させるインデックスやその他のデータベースオブジェクトを作成するために使用されます。例えば、テーブルにインデックスを作成すると、そのテーブルに対するクエリーの速度を向上させることができます。
  • データセキュリティDDLステートメントを使用して、データベースオブジェクトにアクセス権を設定し、誰がアクセスし、操作できるかを制御することができます。これにより、許可されたユーザーのみがデータベースのデータにアクセスし、変更できるようにすることができます。
  • データのバックアップとリカバリーDDLステートメントを使用して、バックアップとリカバリの手順を作成し、維持することができます。これは、障害が発生した場合にデータベースが確実に復元できるようにするために役立ちます。

DDLは、データベースの構造の作成と管理、データの整合性の強化、パフォーマンスの向上、データの安全性の確保、バックアップとリカバリの手順の維持に使用されるため、重要です。これらの機能はすべて、データベースを円滑、安全、効率的に運用するために不可欠なものです。

なぜ DML?

DML(Data Manipulation Language) は、データベース内のデータを操作するために使用されます。 DMLステートメントは、データベース内のデータを挿入、更新、および削除するために使用されます。が重要である理由はいくつかあります。 DMLが重要である理由はいくつかあります。

  • データの入力とメンテナンスDMLステートメントは、データベースに新しいデータを挿入し、既存のデータを更新または削除するために使用されます。これは、データベース内のデータの正確性と完全性を維持するために不可欠です。
  • データの検索DMLSELECT ステートメントのようなステートメントは、データベース内の 1 つ以上のテーブルからデータを取得するために使用されます。これは、データベース内のデータにアクセスし、分析するアプリケーションやシステムにとって不可欠なものです。
  • データの整合性DMLステートメントは、関連するテーブルのデータを更新または削除することによって、参照整合性のようなデータの整合性制約を強制するために使用することができます。
  • データ監査DMLステートメントを使用して、誰がいつ変更したかなど、データベース内のデータの変更を追跡することができます。これは、監査やコンプライアンスに有効です。
  • データのバックアップとリカバリDMLステートメントを使用して、バックアップとリカバリの手順を作成および維持することができます。これは、障害が発生した場合に、データベースを確実に復元するのに役立ちます。

DMLは、データベースへのデータの挿入、更新、削除、データベースからのデータの取得、データの整合性の強化、データへの変更の追跡、バックアップおよびリカバリ手順の維持に使用されるため、重要です。これらの機能はすべて、スムーズで正確、かつ効率的なデータベース運用に不可欠なものです。

よくある質問

とはどう違うのですか? DDLと DML?

DDL(Data Definition Language) は、データベーススキーマを定義するための SQL コマンドのセットです。単にデータベーススキーマの記述を扱うもので、データベースオブジェクトの構造を作成・変更するために使用されます。例 DDL文の例としては、CREATE, ALTER, およびDROP があります。

DML(Data Manipulation Language) で作成されたスキーマ内のデータを操作するために使用されるSQLコマンド群です。 DDL.実際のデータを扱い、データベースへのデータの挿入、更新、取得に使用されます。ステートメントの例 DML文の例としては、SELECT, INSERT, UPDATE 、およびDELETE があります。

ステートメントを DDLステートメントをロールバックできますか?

いいえ。 DDLステートメントはデータベーススキーマを永久に変更するため、ロールバックすることはできません。

ステートメントを DMLステートメントをロールバックすることはできますか?

はい、できます。 DMLステートメントは、データベース内のデータに一時的な変更を加えるので、ロールバックすることができます。

どのSQLステートメントが含まれますか? DDL?

DDLは、テーブル、インデックス、ユーザーなどのデータベース構造を作成、変更、削除するために使用されるCREATE, ALTER 、およびDROP のようなSQLステートメントを含んでいます。

に含まれるSQL文は? DML?

DMLは、SELECT, INSERT, UPDATEDELETE などの SQL 文を含みます。これらは、データベースからデータを取得、挿入、更新、および削除するために使用されます。

の実行順序は何ですか? DDLと DML文の実行順序は?

DDLステートメントが先に実行され、その後に DMLステートメントが先に実行され、その後に実行されます。これは、データを操作する前にデータベーススキーマを定義する必要があるためです。

関連記事

AppMaster の 6 月のアップデート
AppMaster の 6 月のアップデート
AppMaster の 6 月のアップデート: 最新の機能強化の詳細
メール戦略の最適化: 効果的なアドレス検証と配信保護
メール戦略の最適化: 効果的なアドレス検証と配信保護
電子メール マーケティング戦略を最適化するための重要なテクニックを学びます。電子メールが受信トレイに確実に届くようにするためのアドレス検証と配信保護の重要性について学びます。
2024 年のアプリ開発のトレンド: 何が期待できるか
2024 年のアプリ開発のトレンド: 何が期待できるか
AI を活用した機能から強化されたセキュリティ プロトコルまで、2024 年のアプリ開発の最新トレンドをご紹介します。モバイル アプリケーションと Web アプリケーションの未来を形作る新しいテクノロジーに関する洞察を活用して、一歩先を進みましょう。
無料で始めましょう
これを自分で試してみませんか?

AppMaster の能力を理解する最善の方法は、自分の目で確かめることです。無料サブスクリプションで数分で独自のアプリケーションを作成

あなたのアイデアを生き生きとさせる