すべてのアプリケーションは、データ(プログラムコードの形式で提示される情報)を処理するためのシステムです。アプリケーションと対話している間、データとそれがどのように機能するかを「表示」します。

ユーザーアカウントを開始するか、メッセージを入力することで、新しいデータを作成します。 「保存」ボタンをクリックすると、それらを今すぐ処理し、将来使用するために保存する必要があることを示します。 「アカウントの編集」または「メッセージの送信」の選択-特定の方法でそれらを処理するコマンドを与えます。

データベースクエリ実行スキーム

アプリケーションのすべての情報はデータベースに保存されます。それらは、各要素の場所を明確に定義する順序付けられた構造であり、それらの間の関係と、それらを操作する方法を示します。データベースはさまざまな原則に基づいて構築できます。AppMaster.ioは、 PostgreSQLと完全に互換性のある従来のリレーショナルデータベースを使用します。

リレーショナルデータスキーマの例

アプリケーションに情報を入力できるようにするには、データベースを作成する必要があります。

  • データモデルを作成します。つまり、データが何であるかをAppMasterStudioに「説明」します。
  • これらのモデル間のリンクを確立します。

このため、 AppMasterStudioにはデータデザインデータモデルデザイナーがいます。その中で、あなたは通常のプログラマーのように、データベースを設計します。ただし、コード行の代わりに、ビジュアルプログラミングツールを使用します。

AppMaster.ioデータモデルデザイナー

AppMaster Studioで最初のプロジェクトを作成し、 データデザインデザイナーにアクセスして、この記事の内容を垣間見ることができます。

データモデルの構築

データモデルは、AppMasterStudioにとって「理解できる」アプリケーションに追加する情報を記述します。これらは、図形や図面と比較できます。データがどのように表示されるか、他のどのデータに関連付けられるか、データがどのように保存および処理されるかを決定します。

  • たとえば、 AppMaster Studioで新しいプロジェクトを作成すると、ユーザーモデルが自動的にプロジェクトに追加され、そこからユーザーアカウントが作成されます。

モデルを作成してカスタマイズすることにより、アプリケーションのデータベースを設計します

オブジェクト

特定のモデルに基づいてアプリケーションで生成されるデータの単位は、オブジェクトと呼ばれます。

  • たとえば、従業員のJenny Smithのアカウント(登録フォームを介してあなたまたはJenny自身が作成したもの)は、Userクラス(Userモデルによって作成されたもの)のオブジェクトになります。

AppMaster Studioデザイナでは、将来のオブジェクトの記述と計画のみを行いますが、完成したアプリケーションでのみ作成できます。

データモデルからオブジェクトを作成するには、アプリケーションページに特別な要素(登録フォームなど)を追加する必要があります。アプリケーションデザイナに要素を追加します: Webアプリ(Webアプリケーション用)とモバイルアプリ(モバイルアプリケーション用)。オブジェクトに関する情報を取得するために、他の要素(テーブル、カード)が使用されます。これらは、デザイナーでも追加されます。

  • たとえば、ジェニーが登録フォームに入力し(このフォームはプロジェクトの作成時に自動的に生成されます)、[サインアップ]をクリックするとすぐに、彼女のアカウントが作成され、アプリケーションに保存されます。つまり、ユーザーJennySmithという新しいオブジェクトが表示されます。これに関する情報は、管理者パネルアプリケーションでも自動的に生成されるユーザーテーブルで表示できます。

各オブジェクトにはIDが割り当てられます。これは、アプリケーションがオブジェクトを「認識する」ための一意の番号を持つ識別子です。

田畑

各データモデルには、将来のオブジェクトの特性と、それらを操作する方法に関するアプリケーションの基本的な手順を含むフィールドがあります。

  • たとえば、ユーザーモデルでは、一部のフィールドがデフォルトで作成されます。ジェニーは登録時に、ログイン、パスワード、名、 #nbsp;名、姓を含めて入力しました。 Jennyのアカウントが属するユーザーグループを示すGroupsフィールドがあります。このフィールドの値によって、アプリケーションはJennyがアクセスできる機能を決定します。住所などの追加フィールドを作成して、ジェニーの住所をアカウントに追加することもできます。

フィールドは、オブジェクトが持つことができる特性を定義します。作成時に、すべてを入力する必要はありません。後で実行することも、まったく実行しないこともできます。必要に応じて、オートコンプリートを設定したり、いくつかのフィールドを設定したりすることもできます。

接続

2つのデータモデル間に関係を確立して、それらから作成されたオブジェクトが互いにどのように関連し、相互作用するかを決定できます。

AppMaster.ioのリンクタイプ

このようなリンクには次の3つのタイプがあります。

  • has_one-データモデルAから作成された1つのオブジェクト。データモデルBから作成された1つのオブジェクトにのみ関連付けることができます。
  • has_many -1データモデルAから作成されたオブジェクト。データモデルBから作成された複数のオブジェクトに関連付けることができます。
  • many_to_many-データモデルAから作成されたオブジェクトのセットは、データモデルBから作成された多くのオブジェクトに関連付けることができます。

リンクされたデータモデルは、アプリケーションでの共同処理のための追加機能を取得します。 1つのデータモデルを他の無数のデータモデルに関連付けることができます。主なことは、接続のロジックをそれほど複雑にして、自分で理解できないようにすることです。

例:アプリケーションで従業員が内部注文を作成できる場合(たとえば、文房具の購入)、注文モデルを作成し、 has_manyを介して既存のユーザーをそれに関連付けます-ジェニーは多くの注文を作成できます(たとえば、月または四半期)。 has_one関係を確立すると、ジェニーは1つのチケットしか作成できなくなります。

次は何ですか?

これで、 AppMasterStudioでデータモデルを操作するための基本を学びました。次に、 この命令を使用して最初のモデルを作成します。

アプリケーションのロジックをカスタマイズするには、 ビジネスプロセスエンドポイントを使用します。

ビジュアルコンポーネントをカスタマイズするには-エディターWebアプリ(Webアプリケーションの作成)およびモバイルアプリ(モバイルアプリケーションの作成)。

モジュールを使用して関数を追加できます。

ノーコード開発とAppMaster.ioプラットフォームの詳細については、ブログ電報チャネルをお読みください。 コミュニティテレグラムチャットに参加して、プログラマーや他のノーコーダーと直接チャットしましょう!