洗濯アプリなどは必要ないようです。あなたはただあなたのものを手に入れて、最寄りのドライクリーニングサービスに行きます。しかし、アプリが顧客やランドリースタッフのこれらのプロセスをどのように容易にするか想像さえできません。いくつかのボタンを押すだけで、ドライバーが注文を受け取り、服を受け取ります。サービスが完了すると、クライアントは配達を受け取ります。

平均して、人は月に約10時間洗濯をします。洗濯物配達アプリの助けを借りて多くの時間を節約することができます。これは通常、通勤や長い列で無駄になります。

ランドリーアプリの作成についてはすでに考えており、読み続けてください。そうすれば、その方法に関する貴重なヒントやアイデアを見つけることができます。

ランドリーアプリの構造:どのように機能しますか?

ランドリーサービスアプリは、他の配達アプリケーションと似ています。クライアント側からは、服の仕様で注文を作成し、住所を入力するだけです。スタッフとドライバーが注文を受け、集配サービスを手配します。

Cleanlyは、オンデマンドのクリーニングサービスを備えたランドリーアプリの優れた例です。 Cleanlyのようなアプリは、衣服の洗濯に費やす時間を毎月最大数十時間節約します。

Cleanlyと同様に、ランドリーアプリのアルゴリズムは、いくつかの簡単な手順で機能します。

  1. クライアントは、アプリを介してクリーニングサービスを注文します。
  2. 運転手が服を集めるためにやってくる。
  3. 衣類はクリーニング/ドライクリーニング/アイロンがけされています。サービスはクライアントの要求に依存します。これがオンデマンドサービスアプリの主な利点です。
  4. すべてのアイテムは、推定時間内にクライアントに返送されます。

すべてが機能し、プロセス全体が中断されないようにするために、開発者は、アプリケーションが4つのコンポーネント(4つの異なるアプリ)に基づくパターンを作成しました。

  • カスタマーアプリ;
  • ランドリースタッフアプリ;
  • ドライバーアプリ;
  • 管理パネル。

それぞれを確認してみましょう。

カスタマーアプリ

顧客が洗濯物を注文するには、クライアントのアプリが必要です。お客様は次のことを行う必要があります。

  • プロファイルを作成し、個人情報を追加します。
  • 利用可能なベンダーの中から選択します(アグリゲーターであり、顧客とランドリー施設をつなぐアプリを作成する場合)。
  • ランドリー会場で実行する衣服、生地、サービスの種類を選択します。
  • 配達を追跡し、集荷と配達の時間を指定します。

スタッフアプリ

ランドリースタッフは注文を受け付けて確認できる必要があります。実行するサービスを理解するには、注文の詳細にアクセスする必要があります。また、スタッフは、間違った方向が選択された場合にドライバーを修正するために配達を追跡できる必要があります。

配達アプリ

このコンポーネントは、主にドライバーによって使用されます。ドライバーは、注文を管理し、在庫状況に応じて注文を受け入れることができる必要があります。また、収益を管理することもできます。

管理パネル

すべてのプロセスとデータベースを管理するには、アプリ管理パネルが必要です。ランドリーアプリケーションには、クライアント、注文、ランドリー会場、収益などに関する多くのデータが含まれます。管理者はアプリのすべての部分にアクセスし、アプリの管理パネルを介してプロセス中のすべてのステップを管理できます。

コーディングせずにランドリーアプリを作成するにはどうすればよいですか?

アイデアと計画

これは、探索と学習の段階です。いつものように、ランドリーアプリの開発プロセスは、アプリのアイデアから始まります。アプリの目的、含める機能、既存のランドリーアプリとの競合方法など、答える必要のある質問はたくさんあります。

計画段階には、分析と調査の仕事も含まれます。製品の市場と需要を評価することが重要です。 Quoraのようなプラットフォームをチェックして、ユーザーの意見を集めてみてください。これは、人々が衣服を洗う際の問題を理解し、クリーニングアプリでどのように彼らを助けることができるかを理解するのに大いに役立つ可能性があります。

バジェット

ランドリーアプリがどのように見えるかを決定し、明確な概念を持ったら、リソースを割り当てるときが来ました。機能によっては、予算が異なる場合があります。顧客とドライクリーニングサービスを接続する単純なアプリケーションを構築することを計画している場合は、はるかに少ない費用で済みます。アプリに開発者とリソースのより大きなチームが関与するカスタム機能が含まれている場合は、より多くのお金を使う準備をしてください。

ここでのルールは単純です。構築するソリューションが複雑になるほど、コストが高くなります。

技術スタックおよび開発チーム

この段階で、プロジェクトの範囲を決定する必要があります。ここでは、専門能力開発チーム、フリーランスプログラマーを雇う必要があるのか、それとも自分で仕事をしたいのかを決めることができます。

また、アプリケーションのテクノロジースタックを正しく定義する必要があります。繰り返しますが、これはアプリケーションの機能と要件によって異なります。コードなしのツールについてのみ話しているので、ここでのすべてはそれらの機能と能力に依存します。ツールがアプリケーションに目的の機能を実装するのに適しているかどうかを評価するために、少し調べてください。

発達

これは、アプリを作成する実際のプロセスです。ノーコードのオプションを検討することをお勧めします。これらのプラットフォームには、堅牢な製品を構築する力があります。さらに、時間もかからず、コードのない開発者を雇ったとしても、はるかに低コストです。

幅広いドライクリーニングサービスを提供するランドリーアプリの場合、AppMasterは最適なオプションです。先ほど、Cleanlyのような洗濯物配達アプリは、通常、接続された4つの別々のアプリで構成されていると言いました。 AppMasterの主な利点は、単一のバックエンドを中心にこれら4つの異なるアプリを構築できることです。

AppMasterを使用すると、クリーニングおよび洗浄サービスの強力で詳細なデータベースと、利用可能なランドリーエンティティのカタログを作成できます。また、強力なビジネスプロセスエディタは、ユーザーとアプリの相互作用のさまざまなシナリオの開発に役立ちます。

いつでも無料試用期間に登録し、プラットフォームを探索して、引き続き使用するかどうかを決定できます。

ランドリーアプリで使用される機能

機能のリストは、アプリのアイデアと目的に完全に依存します。ただし、オンデマンドのドライクリーニングサービスを備えたCleanly likeランドリー配信アプリを確認している場合は、次の機能を含める必要があります。

  • クライアントとランドリースタッフのログインと個人プロファイル。
  • マップ統合;
  • 追跡機能;
  • 注文履歴;
  • オンライン支払い;
  • カレンダー;
  • リマインダーと通知。

展開

アプリの準備ができたら、AppStoreまたはPlayマーケットに直接公開できます。その場合は、各プラットフォームの要件を正確に学習し、製品がそれらに対応していることを確認してください。

ランドリーアプリの開発にはどれくらいの費用がかかりますか?

従来のプログラミングを使用してアプリを構築する場合、ランドリーアプリ開発の平均コストは約15,000ドルです。すべての企業がそれを有益な投資と見なすわけではありません。

ただし、コードなしツールを選択することで、コストをすばやく削減できます。たとえば、AppMasterプランの費用は約250ドルです。コストの違いは比較することさえできません。はい、追加の支出があります。ただし、少ない予算でも同じ結果が得られます。

結論

ご覧のとおり、ランドリーアプリは、人々が日常業務や日常業務を自動化するものです。 24時間年中無休でアクセスできるデータベースで注文が修正されると、すべての注文を追跡するのがはるかに簡単になります。

コードなしの楽器では、そのようなアプリのプロトタイプは2週間後に準備が整います。だから先に進んで、あなたのアイデアを実現してみてください。