プログラミングと開発のスキルは、現在、雇用市場で最も必要とされているものの1つです。ですから、バックエンドとフロントエンドの開発についてもっと知りたいと思うのは当然のことでしょう。

フロントエンドとバックエンド:その違いとは?

簡単に言うと、フロントエンドとは、Webサイトやアプリケーション、プログラムに触れたときにユーザーが目にするものです。バックエンドは、そのようなインタラクションを実現し、機能させ、円滑に動作させるためのプロセスをプログラマーが作成するレベルです。

つまり、フロントエンド開発とは、ウェブサイトやアプリケーションの外観、スタイル、ウェブページ内の要素の最適化など、表面的なデザインを行うことだと理解すればよいでしょう。

バックエンド開発では、Webサイトやアプリケーション、プログラムを機能させるための隠れたフレームワークのプロセスを扱います。さらに、バックエンド開発者は、作業中のウェブサイトやアプリケーションのサーバーやデータベースで何が起こっているのかも担当します。

プログラミング言語

フロントエンドとバックエンドの違いがわかったところで、この2つの世界でどのように最初の一歩を踏み出すことができるかを理解することにしましょう。もちろん、まずはフロントエンドとバックエンドの両方のフレームワークで最もよく使われるプログラミング言語を知っておく必要があります。

バックエンドやフロントエンドのエンジニアを目指すのであれば、これから説明するプログラミング言語から学習を始めるとよいでしょう。フルスタックデベロッパーを目指すなら、やはりここからが本番です。フルスタックの意味がわからない方は、開発者がバックエンドとフロントエンドの両方の開発領域を指す言葉として使っているものです。例えば、フルスタックデベロッパーは、ウェブサイトやアプリケーションの両方の側面を担当することができる人です。

フロントエンドプログラミング言語

HTML

HTMLは、最も基本的なプログラミング言語です。ハイパーテキストマークアップ言語の略で、最も古いプログラミング言語の1つです。基本的なことですが、HTMLではタグや属性を使ってセクション、パラグラフ、リンクを作成することができます。また、最も簡単に学べるプログラミング言語の一つでもあります(子供たちは学校で習います!)。

もちろん、HTMLはフロントエンドエンジニアにとって基本ですが、HTMLだけでフロントエンドを開発するのは適切ではありません。HTMLは基本的すぎるし、ユーザーはもっと複雑なフレームワークやインターフェイスに慣れているからです。ほぼ純粋なHTMLのWebサイトやアプリケーションの例としては?Wikipediaです。あのウェブサイトは巨大なハイパーテキストであり、事実上HTMLなのです。しかし、Wikipediaのハイパーテキストよりも色彩豊かで、魅力的で、インタラクティブなインターフェースが必要でしょう。そのため、HTMLはほんの手始めに過ぎず、より複雑で高度なフロントエンド開発のプログラミング言語を習得する必要があります。もちろん、フルスタック開発にもHTMLは必要です。

HTMLの学習:どこから始めればいいのか?

HTMLを学ぶことは、特に難しいことではありません。もしあなたが何かを独学で学ぶことができるのなら、それは間違いなくHTMLでしょう。オンラインでは、無料のリソースを大量に見つけることができます。何でも一通り揃えたい、20ドルくらいは使いたいという人は、HTMLのマニュアルを購入するとよいでしょう。ガイドが必要な場合は、多くのオンラインコースの1つを購読することができます:あなたのスキルレベルと予算に合ったものを見つけるのに苦労することはないでしょう。

CSS

CSSCSSはCascading Style Sheetsの略で、HTMLの他に、フロントエンド開発(フルスタック開発にも必要)で最もよく知られ、使用されているプログラミング言語です。CSSを使えば、見栄えのよいWebページを作成することができます。

CSSはHTMLよりも複雑なので、CSSを学び始めるには、少なくともHTMLをある程度知っていて、ファイルを扱う基本的な知識を持っていることが必要です。しかし、CSSで何ができるのでしょうか?簡単に言うと、CSSを使うと、HTMLの要素がブラウザ上でどのように見えるか、つまりウェブページ上で正確にコントロールすることができるのです。CSSは、文書や詳細をどのようにユーザーに見せるかを指定するため、フロントエンド開発のプログラミング言語と言えます。

CSSは、例えばフォントや段落の色や大きさを変えるといったごく基本的なスタイリングに使うことができますが、より複雑な目的にも使えます。例えば、メインコンテンツ領域と関連情報用のサイドバーを備えたレイアウトを作成したり、アニメーションや効果を追加したり...といった使い方が可能です。

CSSの学習:何から始めればいい?

HTMLと同様、CSSの学習サイトも数多くありますが、マニュアルや、予算があればフロントエンドエンジニア向けの特別なコースもあります。

JavaScript

JavaScriptHTMLとCSSに慣れたら、次はJavaScriptを学びましょう。JavaScriptの学習には、HTMLとCSSの両方の基本的な知識が必要です。

HTMLは基本的なもの、CSSはWebサイトやアプリケーションの見栄えを良くするものですが、Javascriptを使えば、Webページに複雑な機能を実装することができます。Javascriptでは、ウェブページに表示される情報は静的なものに限られません。常に動的に更新されるインタラクティブなプラットフォームを作成することができ、もちろんユーザーとの対話も可能です。

JavaScriptの学習: どこから始めるか

HTMLとCSSに慣れていない人は、Javascriptに手を出さない方がいいでしょう。JavaScriptを独学で学ぶのは、先の2つのフロントエンド開発用プログラミング言語よりも難しいでしょう。しかし、フロントエンド開発のプログラミング言語をすべて学べるオンラインコース(実際に受講するよりも安い)を簡単に見つけることができるのは良いニュースです。HTML、CSS、JavaScriptです。そのようなコースを選べば、費用を大幅に節約し、学習プロセスを最適化することができます。

バックエンドプログラミング言語

JavaScript

バックエンドの開発者は、Node.jsと呼ばれるJavaScriptの一種も使用します。Node.jsはオープンソースのフレームワークで、初心者にも使いやすく、Netflixのような巨大企業でも使われています。ご想像の通り、拡張性が高く、シンプルでありながら、多くのユーザーのリクエストを同時に処理するアプリケーションを構築することが可能です。

このように、Javascriptはフロントエンド、バックエンド、フルスタックデベロッパーなど、すべての開発者にとって重要なプログラミング言語です。前項でJavaScriptをどこで学べるかをすでに説明しましたが、おわかりのように、学習経路はフロントエンド開発から始まります。なぜなら、HTMLやCSSに精通していなければ、Node.jsにアプローチできないからです。JavaScriptはフロントエンド開発でもバックエンド開発でも使われるため、フルスタック開発を目指すのであれば、JavaScriptを学ぶことは基本中の基本です。

Python

PythonPythonは非常に多くのことに使用できるため、コンピュータ開発者にとっては非常に重要です。Pythonは、どんなコンピュータの問題に対してもフレームワークで解決することができ、コードを書くことはそれほど難しくなく、時間もかかりません。一度コードを書けば、プログラムを変更することなく、ほとんどすべてのコンピュータで実行することができます。テキスト、数値、画像、データなどの処理に使用することができます。Google、YouTube、NASAのウェブサイトなど、非常に人気のあるウェブサイトで使用されています。Pythonは汎用性が高いので、フロントエンジニアやフルスタック開発の専門家なら誰でも知っています。

Pythonを学ぶ:何から始めればいい?

Pythonはおそらく今日多くの分野で最も人気があり、最も使われているプログラミング言語であるため、Pythonに関するたくさんのドキュメントが用意されています。Pythonを学び始めると、理解し学ぶべきことが多すぎて圧倒されるかもしれません。このフレームワークの可能性を完全に理解するためには、1冊のマニュアルでは決して十分ではありません。では、何から始めればいいのでしょうか?

私たちがお勧めするのは、あなたの目標を考えることです:あなたは何のためにPythonを学びたいのでしょうか?ウェブサイトやアプリケーションを作りたいですか?ワークフローのいくつかのタスクを自動化したいですか?クライアントのためにモバイルアプリケーションを作りたいですか?目標を知ることで、少なくとも最初のうちは分野を絞り込むことができ、学習プロセスがより的を射たものになり、学ぶべきことが多すぎると感じることがなくなります。

フロントエンドとバックエンド:どちらから始めるか?

例えば、あなたがまったくの初心者で、開発について学びたいと思っているとします。フロントエンドやバックエンドに特に興味があるわけではありません。ただプログラミングの勉強を始めたいだけなのです。フロントエンドかバックエンドか?

フロントエンドとバックエンドの開発者は、フロントエンドとバックエンドの両方の開発について学ぶことに興味がある場合、フロントエンドの分野から始めることを推奨しています。なぜなら、Webサイトやアプリケーションのフロントエンドがどのように構築され、どのように動作するかを理解することで、それらが舞台裏でどのように動作するかをより迅速に理解することができるからです。バックエンドの開発学習に移る際にも、円滑に進めることができるはずです。

フロントエンドとバックエンドの開発。よくある質問

フロントエンドの開発はバックエンドの開発より簡単ですか?

フロントエンドは目に見えるものです。初めて話を聞いたときでも、フロントエンドがどんなものなのか、開発者は何を扱うのか、フロントエンドエンジニアになるにはどんなスキルやプログラミング言語が必要なのか、すぐに理解することができます。そのため、「フロントエンドの開発はバックエンドより簡単」というイメージがありますが、本当でしょうか?

フロントエンドの方がバックエンドより簡単というのは単なる錯覚です。Webサイトやアプリケーションの開発には、どちらもそれなりに複雑な側面があります。しかし、フロントエンドの開発は、より頻繁に変更され、継続的な更新とメンテナンスが必要なため、より複雑で困難であると考えることができます。何か問題があれば、ユーザーはすぐに気がつくでしょう。このような理由から、フロントエンドとバックエンドのどちらが簡単かと言えば、答えはバックエンドになります。

フロントエンドの開発は簡単だと思っている人が多いので、学習プロセスの複雑さを過小評価する傾向があるのでしょう。さらに、バックエンドの開発の方が難しいと考えることで、バックエンドの開発を先に習得すれば、より多くの報酬を得られるという錯覚に陥ってしまいます。

別の開発経路はありますか?

多くの人が知らないことですが、プログラミング言語を学ぶことだけが、バックエンド開発の専門家、フルスタック、フロントエンドエンジニアになる方法ではなく、ウェブサイト、モバイルアプリケーション、ウェブアプリケーションを作成する唯一の方法でもないのです。たしかに、何年もの間、この道しかありませんでしたが、もはやそうではありません!今日では、開発者がコードを書くことなくモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションを作成できる、いわゆるノーコードツールが存在するのです。

AppMasterは、ノーコードプログラミングツールの完璧な例です。このツールは、コードを一切書かずにフレームワークと完全な動作するアプリケーションやウェブアプリケーションを構築できるプラットフォームを提供するものである。AppMasterで開発する場合、コーディング、フロントエンド、バックエンドが存在しないわけではありません。ただ、それらを直接、あるいはプログラミング言語を通じて管理する必要がないということです。

フロントエンドとバックエンドのフレームワークは自動的に作成され、AppMasterではそれらをエクスポートすることも可能です。フロントエンドやバックエンド開発のプログラミング言語について深い知識がある場合でも、AppMasterのようなツールを使ってワークフローを改善することができます。