今日のテクノロジー業界は、最近急速にデジタルトランスフォーメーションが進行しています。デジタルトランスフォーメーションという言葉は、組織の機能を向上させるために新しく登場したデジタル技術を利用することを指す「キャッチオール」のフレーズです。デジタルトランスフォーメーションは、今日の速いペースで進む世界で事業を行う企業にとって、ますます重要性を増しています。

競争力を維持するために、企業は技術的な環境の変化に適応する必要があり、技術産業におけるデジタルトランスフォーメーションをさらに速いペースで受け入れてきました。その結果、あらゆるレベルで組織の日常的な機能やプロセスに運用上の変化が生じています。デジタルトランスフォーメーションは、企業が顧客とどのように関わるか、物流、生産プロセス、販売チャネル、そしてマーケティングに至るまで、その効率性に影響を及ぼしています

ノーコードとローコードツールでマーケティングを変える

デジタルトランスフォーメーションは、ローコード/ノーコードの動きも年々活発化している。実際、マーケティングの分野で最も大きな影響を及ぼしています。ローコード/ノーコード運動は、ソフトウェア開発やコーディングの専門家の必要性を減らすことで、ビジネス・マーケティングに必要な機能を簡素化しました。その代わりに、これらのノーコード、ローコードツールは、コーディング経験のないユーザーでも、すぐに使えるマーケティングソフトウェアソリューションを迅速に提供できるようにするために作られた。

マーケティング担当者に人気のあるローコードツールには、Salesforce、Wix、Canvaなどがあります。これらのローコードツールは、ノンコーダーのための開発ツールとして、ローコード/ノーコード運動の最前線にいます。さらに使いやすいソフトウェアとして、マーケターが専門的な知識を持たずにビジネスアプリケーションを開発できるノーコードツールがある。これらのノーコードツールは、開発者がソフトウェアをプログラミングする必要がありません。

ノーコード・マーケティングとは?

ノーコードソフトウェア開発ツールは、コーディングの専門知識を持たないマーケティング担当者が、ビジネスのためのモバイルアプリケーションやソリューションを作成するのに役立つ。ノーコードツールは、デジタルの「競争の場」を平準化し、企業が迅速に変化に適応することを容易にしました。その結果、アジャイルなビジネス・テクノロジー・ソリューションを生み出すスキルは、ソフトウェア開発者の手からデジタル・マーケティング・チームの手に移りました。

no-code marketing

マーケティングアプリケーションの開発プロセスがより簡素化されたことで、「市民開発者」の台頭が可能になったのです。直感的なプラットフォームであるノーコードマーケティングにより、企業は技術的な知識がほとんどなくても、ビジネスアプリケーションやモバイルテクノロジーソリューションを作成できるようになります。デジタルマーケティング(市民開発者)がソフトウェアアプリケーションを作成するためにコードを書く必要はないのです。その結果、企業内のマーケティングプロセスは、より機敏で費用対効果が高く、柔軟なものとなります。また、ノーコードデジタルマーケティングは、最新のデジタル製品やサービスを利用した顧客体験に関する貴重なデータ主導型のインサイトを企業に提供します。

ノーコードアプローチとは?

ノーコードのアプローチでは、チームのワークフローと顧客体験に焦点を戻し、これらのソフトウェアユーザーのニーズに重点を置いています。直感的なソフトウェア・アプリケーションを使用することで、ノーコード・ツールは、ビジネスの運営に大きな自律性を持たせることを可能にします。アプリケーション開発におけるノーコード・アプローチは、企業内の知識ベースを集中化させるため、コーディングの外注や外部の開発者と契約する必要がほとんどありません。

デジタルマーケティング担当者は、ビジネスを促進するために必要なコンテンツを生成するために必要なノーコードツールを手元に置いておくことができます。専任のソフトウェア開発者のチーム全体の代わりに、ノーコードのアプローチでは、デジタルマーケティング担当者が簡単に操作できるテクノロジーソリューションに依存します。

なぜローコード・ノーコードが流行っているのか?

費用対効果

ローコード、ノーコード開発により、ビジネスを運営するための総コストが削減されます。企業は、コーディングを行う高価な開発者チームを雇用することなく、デジタルマーケティングのニーズに対応したシンプルなノーコードツールを購入することができる。ローコード・ノーコードツールを使ってビジネスアプリケーションを作成するデジタルマーケティング担当者は、追加の人員配置や採用に関するコストを大幅に削減することができる。

迅速なターンアラウンド

マーケティングチームにとって、ローコード・ノーコード開発は、これまでにない方法でビジネスの変化を促進します。従来は、コーディングやソフトウェア開発はITチームが担当し、完成までに長い時間がかかっていました。現在、ローコード・ノーコードのツールやプラットフォームは、マーケティング担当者にアジャイルなアプリケーション開発プロセスを提供し、変化する顧客のニーズを満たすためにビジネスを迅速にピボットできるよう支援します。

正確なレポーティング

ローコード・ノーコードのソフトウェアは、正確なデータと詳細なレポートツールも提供します。これらのツールは、ワークフロープロセスの有効性、生産性、顧客対応に関する重要なフィードバックとビジネス洞察を提供します。このデータにより、企業は可能な限り迅速に競争力を維持するために適応することができます。

カスタマイズのしやすさ

ローコード、ノーコード・ツールは、ビジネス・マーケティング・プロセスのあらゆるレベルでユーザー・エクスペリエンスを向上させます。コーディングの必要がないこれらのツールは、あらゆるデジタルマーケティングアプリケーションの機能を比較的簡単にカスタマイズすることを可能にします。ドラッグ&ドロップによる直感的なインターフェースとプリセットのテンプレートにより、デジタルマーケティング担当者は、想定されるユーザーのニーズを満たすアプリケーションを最適に作成することができます。

簡素化されたプロセス

ローコード、ノーコードツールは、マーケティングチームのワークフロープロセスを簡素化、自動化、合理化します。これらの自動化されたワークフローにより、デジタルマーケティング担当者は、複数のプロジェクトを同時に結束して効率的に運営することが非常に容易になります。ノーコードテクノロジーソリューションは、コーディングや開発者のスキルの必要性を低減します。その結果、デジタルマーケティングチームは、最高の効率でコア業務に集中し、ビジネスに利益をもたらすことができます。

ノーコードはどのくらい速いのか?

ソフトウェアやアプリケーションの開発にノーコードツールを使用することには、多くの利点があります。ノンコーディングソリューションは、市場内で競争力を維持するための最適なソリューションとして、人気が高まり、企業で採用されています。ノーコード開発は、アプリケーション・コーディングを他のチームにアウトソーシングする従来のプロセスよりも大幅に高速化されます。

ノーコードツールでは、実際のコーディングが不要なため、ソフトウェアソリューション開発のターンアラウンドタイムが短縮されます。旧来型の企業でも、デジタルマーケティング業務にノーコードツールを急速に導入し、顧客体験の改善を確認しています。その多くの利点に基づき、多くの伝統的な企業は、将来の方法としてノーコード・イノベーションを採用しています。

ノーコードのデメリットは何ですか?

セキュリティの問題
ノーコードツールは、コーディングの知識がほとんど必要ないことは、ユーザーにとって便利なことです。しかし、企業のデジタルマーケティングチームを構成するすべてのユーザーがアクセスできるように作られているため、データのセキュリティに若干の懸念が残ります。マーケティングチーム内の不心得者やハッカーは、個人データを共有したり、設定を操作したり、チーム内の他のユーザーがアプリケーションにアクセスできないようにしたりする可能性があります。高度なデータセキュリティ対策は、ソフトウェア開発者による厳密なテストとコーディングを経たアプリケーションの重要な機能です。しかし、ノンコーディングのソフトウェアツールは、視覚的な環境に依存しており、多くの場合、よりシンプルで簡単に侵入することができます。マーケティング担当者は、その利便性と簡便性からノンコーディングツールに依存しているため、その過程でセキュリティレベルをある程度犠牲にしているのです。

自律性の低下
ノーコードツールによって、企業はマーケティングチームや他の部署のコーディング専門家に頼ることなくアプリケーションを作成することができます。しかし、マーケティングチームが使用するソフトウェアツールは、ある種の制限付きで、優れたノンコーディングソリューションを提供することがあります。ノーコードツールやプラットフォームが、コーディング、ソフトウェア、または元の開発者からの使用条件の変更を経験した場合、企業はその言いなりになってしまうでしょう。同様に、ノンコーディング・ソフトウェアが時代遅れになった場合、企業は代替ソリューションを見つけ、プロセスを一からやり直すことを余儀なくされるでしょう。さらに、ノーコードツールが突然、特定のアプリケーション機能へのアクセスに法外な料金を新たに追加した場合、企業のワークフローやマーケティング戦略が崩壊する可能性がある。

ノーコードの限界とは?

スケーラビリティの問題
ノーコードのマーケティング開発ツールは、テキストベースのコーディングプラットフォームではなく、シンプルなビジュアルコーディング環境に依存しています。コーディングはすでに外部の開発者によって作成され、テンプレート技術ソリューションとして提示されているため、長期的にはカスタマイズの問題が生じます。ノーコードアプリケーションは、シンプルなソフトウェアアプリケーションに最適で、より複雑なソフトウェア機能に対しては柔軟性に欠ける。

差別化が難しい
ノーコードツールはアクセスが容易なため、十分な資金があれば誰でもあなたのビジネスと同じようにマーケティングツールにアクセスすることができます。これはまた、これらのノンコーディング・プラットフォームのプリセット・テンプレートを使用して作成されたアプリケーションが、競合他社のものと類似している可能性があることを意味します。

幸運なことに、AppMasterのような拡張性に制限のないソリューションが存在する。AppMasterはあなたを縛りません。他のプラットフォームとは異なり、あなたはいつでもソースコードを手に入れることができます。AppMasterでは、従来の開発と同様に、脆弱性から保護されています。AppMasterは開発チームを模倣したAIによるコード生成で、同じ結果をより安価に、10倍速く得ることができます。

まとめ

これらの制限にもかかわらず、ノーコードツールは、企業が製品やサービスを販売する方法を変えました。これらのツールは、コーディングやソフトウェア開発者への依存を最小限にすることで、マーケティングチームのワークフローを合理化するのにも役立ちます。プロセスを自動化し、時間、エネルギー、お金などの貴重なマーケティングリソースを節約することができます。ビジネスの規模に関係なく、これらのツールは、あなたのビジネスが世界的なデジタル変革の一部となることを支援します。ローコード・ノーコード・テクノロジーコンサルタントチームが、お客様のビジネスに最適なソリューションの選択をお手伝いします!ぜひご相談ください。