カスタムSMTPモジュールは、アプリケーションから直接電子メールを送信できるようにする基本設定を追加します。

手紙を送るためのフォームをアプリケーションに表示するには、不足している設定と必要な要素を追加する必要があります。アクションのアルゴリズムは次のようになります。

  1. レターフォームが配置されるページまたはウィンドウを追加します。
  2. モジュールを接続し、SMTPサーバーパラメータ、およびユーザー名とパスワードを追加します。
  3. モジュール関連のビジネスプロセス、エンドポイント、およびフォームを作成します。

例としてGmailメールサービスを使用して、Webアプリケーションでこれを行う方法を示しましょう。

ページを作成

エディターに移動して、投稿する新しいページを作成します。ページの名前(「タイトル」)、そのアドレス(「ページのURL」)、およびメッセージを送信できるユーザーのグループ(「グループに表示」)を示します。 「保存」をクリックします。

変更を保存して、モジュールブロックに移動します。

モジュールの追加と構成

[マーケットプレイス]タブでカスタムSMTPモジュールを見つけ、[インストール]ボタンをクリックしてアプリケーションに追加します。

アプリケーションにインストールされているすべてのモジュールが配置されている[インストール済み]タブに移動し、[カスタムSMTP]ボックスをクリックして設定を開きます。モジュールに関する基本情報と、モジュールをアプリケーションから削除するためのボタンが左側に表示されます。右側には、入力する必要のあるフィールドがあります。

  1. 「ログイン」と「パスワード」のフィールドに、メッセージの送信元となるメールボックスのデータを入力します。
  2. SMTP接続設定を指定します-それらは電子メールサービスごとに異なります。デフォルトでは、Gmailの設定がモジュールに追加されます。
  3. [名前から]フィールドに、手紙の受取人に表示される名前を入力します。

重要! Gmail経由でメッセージを送信するには、Googleアカウントでサードパーティのアプリケーションを有効にする必要があります。

モジュールとは何か、モジュールを更新およびカスタマイズする方法の詳細については、ドキュメントを参照してください

変更を保存することを忘れないでください。

ビジネスプロセス、エンドポイント、およびフォームの作成

ビジネスプロセスエンドポイント、およびフォームは、一貫して設定することが重要な相互に関連する要素です。相互作用することにより、アプリケーションの構成が完了し、メッセージを送信するためのフォームがページに表示されます。

これらの要素の詳細については、 ドキュメントをご覧ください

ビジネスプロセス

[ビジネスロジック]タブに移動し、ボタンをクリックして新しいビジネスプロセスを作成します。

プロセスの名前(必須)とその説明(オプション)を入力し、[作成]ボタンをクリックします。

エディタの各ビジネスプロセスは、視覚的にブロックに分割されます。これは、さまざまな機能を担当する構成要素です。新しいプロセスが作成されると、「開始」と「終了」が自動的に表示されます。追加できる他のすべてのブロックが左側に表示されます。

インストール後、「カスタムSMTP」モジュールは「カスタムSMTP:電子メールの送信」をこのリストに追加しました。このブロックをビジネスプロセスに含めるには、マウスポインタを使用してこのブロックをエディタフィールドにドラッグします。 [カスタムSMTP:電子メールの送信]ウィンドウが表示されます。このウィンドウのフィールドには、今後のメッセージ送信フォームの内容が依存する変数が含まれています。

  • 「件名」-手紙の件名。
  • 「本文」-手紙のテキストを含むフィールド。
  • 「宛先」-受信者のアドレス。
  • 「Cc」-コピーを送信するためのアドレス。
  • 「Fromname」-送信者の名前。
  • 「Bcc」は、ブラインドカーボンコピーを送信するアドレスです。

次に、「開始」、「カスタムSMTP:電子メールの送信」、「終了」をリンクして、これらが単一のビジネスプロセスを構成していることを示す必要があります。

1.マウスポインタを「開始」ブロックの「開始」フィールドに移動し、マウスの左ボタンを押したまま、「カスタムSMTP:電子メールの送信」ブロックの「入力」フィールドにスワイプします。ブロック。

2.同様に、「カスタムSMTP:電子メールの送信」ブロックの「送信」フィールドと「終了」ブロックの「終了」フィールドの間にリンクを作成します

ここで、「開始」ブロックで、新しいフィールド(変数)を作成し、それらを「カスタムSMTP:電子メールの送信」ブロックの変数に関連付ける必要があります。 「開始」ブロックに追加したフィールドは、メッセージ送信フォームに表示されます。コピーとブラインドコピーを送信しないと想像してください。そのため、「開始」ブロックには次のフィールドが含まれます。

  • 「送信者」(送信者の名前)-from_nameに関連付けられています。
  • 「アドレス」(送信先)-「宛先」に関連付けられています。
  • 「件名」(トピック); -「サブジェクト」に関連付けられています(異なるブロックの変数名は同じである可能性があります)。
  • 「メッセージ」(手紙のテキスト)-「本文」に関連付けられています。

変数をバインドするには、型が互いに一致している必要があります。変数のタイプは、変数が含まれているブロックをクリックして編集メニューを開くことで表示できます。


ブロックのフィールドでは、各変数の横にアイコンがあり、そのタイプによって色と形が異なります。これにより、ブロック内を簡単に移動できます。この例では、2つのタイプの変数があります。

  • 「Subject」、「body」、「from_name」は「String」タイプで、
  • To、ccおよびbccはEmailArrayタイプです。

変数の作成

「開始」ブロックに最初の変数を作成するには、それをクリックします。リストが表示されます(空の状態)。 「+」をクリックします。

開いたウィンドウで、変数の名前を入力します。名前は「sender」、入力は「String」です。 「作成」をクリックします。

同様に、「アドレス」、「件名」、「メッセージ」を追加します。これで、「Start」ブロックの変数のリストは次のようになります。

それらをカスタムSMTPの対応する変数にリンクします:Eメールの送信ブロック:

これは、変数間の関係が最終的にどのように見えるかです。変更を保存して、エンドポイントの作成に進みます。

終点

[エンドポイントの作成]をクリックします。[ビジネスロジック]タブの設定が表示されます。ここで、次の設定を指定する必要があります。

  • 「エンドポイントルート」-エンドポイントの名前。これにより、その機能を理解できます。
  • 「エンドポイントグループ」-それが配置されるグループの名前。
  • 「リクエストタイプ」-「POST」を選択します。
  • 「ビジネスプロセス」-作成したsend_emailビジネスプロセスを選択します。

次に、「ミドルウェア」タブに移動します。

[ミドルウェア]タブで、このエンドポイントでアクションを実行する(したがって、関連するビジネスプロセスを起動する)権限を構成する必要があります。つまり、アプリケーションから電子メールを送信できるユーザーを指定します。これを行うには、「TokenAuth」認証トークンの設定を変更する必要があります。

注意!この設定を変更しない場合、すべてのユーザーがメールを送信する権利があります。

「トークン認証」の横にある歯車のアイコンをクリックします。開いたウィンドウでセレクターをオンにし、[許可されたグループ]フィールドで[管理者]グループ(またはアクセスを許可するその他のグループ)を選択します。 「保存」をクリックします


次に、[作成]をクリックしてエンドポイントを保存します。

メッセージ送信プロセスが構成されます。これで、メッセージ送信フォームの視覚的表現を作成できます。

フォームを作成するには、Webアプリケーションエディタに戻り、前に作成したタブに戻ります。フォーム要素をページキャンバスにドラッグします。

開いたウィンドウで[レコードの作成]をクリックすると、使用可能なエンドポイントのリストが[レコードの保存先]フィールドに表示されます。作成したエンドポイントを選択してください。 「割り当て」をクリックします。

作成した形状がキャンバスに表示されます。歯車の画像をクリックして、設定に移動します。

「Look&Fee」タブで、「Title」フィールドにフォームのタイトルを入力します。ここでは、外観を変更したり、設定に記録されている名前を確認したりすることもできます。

[データ]タブ-フォームのモードとエンドポイントに関する情報。また、ここでは、フィールドを相互に移動することにより、フィールドの位置を変更できます。

フィールドを論理的な順序(送信者、アドレス、件名、メッセージ)に配置します。各フィールドの詳細設定(名前など)を変更するには、横にある歯車のアイコンをクリックします。 「保存」をクリックして変更を保存します。

フォームのボタンを追加する

フォームを機能させるには、送信確認ボタンを追加する必要があります。 「ボタン」要素を使用します-マウスポインタでフォームの下の領域にドラッグします。

ボタンをクリックして開きます。 「ルックアンドフィール」タブで、「ラベル」(アプリケーションに表示されるボタンの名前)と「名前」(設定に表示される名前)を変更します。

[トリガー]タブで、onClickトリガーにアクションを追加します。[ターゲット]フィールドでフォームを選択し、[アクション]フィールドで[フォームの送信]を選択します。 「保存」をクリックします。

保存、公開、検証

行ったすべての変更を保存して公開し、[アプリケーションに移動]アイコンをクリックします。

メッセージを送信するデータを入力します。送信者フィールドを空のままにすると、モジュール設定で入力した名前が自動的に追加されます。アクセスできる任意の電子メールアドレスにテストメッセージを送信します。

送信後、確認メッセージが表示され、指定したデータが記載された手紙が受信トレイフォルダの宛先に表示されます。

指示に従ってすべてを行ったが、エラーが発生したことを確認したり、手紙が「スパム」フォルダに入れられたりした場合は、テクニカルサポートの電報チャネルに連絡してください。