アプリケーションを作成して起動するときは、ファイルからデータベースに情報を定期的にインポートする必要があります。もちろん、データベースは、ユーザーによって追加された情報や統合サービスによって提供された情報のために、自動的に補充されます。ただし、一般的なCSV、XLS、またはXLSX形式のインポート設定を事前に追加しておくことをお勧めします。おそらく、これらは便利であり、将来の作業を大幅に簡素化するでしょう。

今日は、ノーコードプラットフォームAppMaster.ioでのインポートの設定について2つのバージョンで説明します。

  1. 静的:ロードされたテーブルの列の順序が一定の場合。
  2. 動的:テーブルの列の順序が変更されたとき。


記事の最後に、例とすべての構成手順の説明が記載されたビデオがあります。

ファイルインポートの設定プロセス

このような機能の開発は、従来のプログラミングと大差ありませんが、ビジュアルツールを使用すると、はるかに高速に実行できます。これを行うには、5つの簡単な手順に従う必要があります。

  1. インポート用のテストファイルを準備します。どの拡張子を使用しても、CSV形式とExcel形式の設定は同じように見えます。
  2. エディタが提供するビルディングブロックを使用して、カスタムビジネスプロセスをカスタマイズします。追加のモジュールをダウンロードする必要はありません。
  3. ビジネスプロセスの新しいエンドポイントを作成します-インポートされたファイルをWebアプリケーションにロードする機能を実装します。
  4. CSVファイルとExcelファイルをアップロードし、インポートの成功を報告するか、エラーメッセージを表示するフォームをWebアプリケーションページに追加します。
  5. テストファイルを使用して機能をテストし、すべてが正しく機能することを確認します。

AppMaster.ioまたはその他のノーコードプラットフォームの経験がすでにある場合は、チュートリアルビデオを見ても、セットアップに1時間以上かかることはほとんどありません。

ビジネスプロセスの必要なブロック

それらの多くは、古典的なプログラミング関数の類似物です-ドラッグアンドドロップの原則に取り組むビジュアルツールの形式でのみです。

インポートを設定するための主なブロックのリストとその簡単な説明を次に示します。

*それらに加えて、さまざまな補助ブロックも必要になる場合があります。ファイルから値を処理するときに、データをある形式から別の形式に変換する必要がある場合は、さらに処理するために変数を保存し、文字列を連結または分割します。

静的インポート

この場合、列の名前を指定する必要はありませんが、ロードされたすべてのファイルで列の順序が同じである必要があります。そうしないと、プログラムがデータを誤ってインポートします。

  • 開始-インポートされたファイルを読み取り用に受け入れるビルディングブロックです(対応する変数をファイルに追加した後)。
  • CSVファイルの読み取り、XLSファイルの読み取り、またはXLSXファイルの読み取り-ダウンロードしたファイルを1行ずつ読み取ります。
  • For eachループ-値の後続の処理のために、各行のすべての列を反復処理するループ。
  • スイッチ-ストリームを分割するには:インポートされたファイルから取得した値をインデックスに基づいて処理するためのさまざまなパラメーターを構成します。
  • モデル関数グループからブロックを作成および作成します-インポートされたファイルからオブジェクトを作成および保存するときに使用するデータモデル用。それに応じて、前の段階で取得した値を追加します。
  • 終了-すべてのデータがアプリケーションデータベースに正常にインポートされた後、ビジネスプロセスを終了するビルディングブロックです。

動的インポート

この場合、ロードされたファイルの列は任意の順序にすることができますが、インポートを成功させるには、それらの名前が常に同じである必要があります。

動的インポートを設定するには、テーブルの最初の行に分析ブロックを追加して、ロードされたファイルの各列に含まれているデータを判別する必要があります。

  • Equal-は、処理された文字列が最初の文字列であるかどうかを判別する比較演算子です。
  • If-Else-これはEqualから値を取得し、それに応じてストリームをリダイレクトします。
  • 追加のForeachループブロック-#nbsp;は、最初の行(つまり、列名)でのみ機能するループです。
  • 配列の追加-ファイルの最初の行から取得したすべての値を配列に保存します。
  • Array Element-For eachループ(すべての行を処理するループ)からのインデックスとともに、AppendArrayから特定の要素の値を取得します。
  • また、配列要素から受け取った値に応じてストリームをリダイレクトし、インポートされたデータを処理するように、Switchブロックを変更する必要があります。

エンドポイントの作成

エンドポイントを追加するときは、POSTメソッドを選択し、URLを書き留めて、作成したビジネスプロセスを指定します。最小限のセットアップが完了します。ユーザーグループまたはさまざまなIPからのアクセス権を定義する方法の詳細については、 プラットフォームのドキュメント(ENおよびRUバージョン)を参照してください。ファイルアップロードフォーム

インポートフォームを正しく機能させるには、フォームの作成時に[レコードの作成]を選択し、作成したエンドポイントを指定するとともに、フォーム確認ボタン(トリガー-onClick、アクション-フォームの送信)を追加する必要があります。

ビデオ:CSVファイルのインポートを構成する例

このビデオでは、CSVファイルを例として使用して静的および動的インポートを設定するためのすべての手順について詳しく説明します。

ビデオ-AppMaster.ioハウツー:CSV / Excelファイルをインポートする

私たちの開発者や他のノーコーダーと直接チャットしませんか? Appmaster.ioTelegramコミュニティに参加してください。ご質問にお答えさせていただきます!