AppMaster.ioプラットフォームを使用して、予算を10倍以上削減し、6か月ではなく4週間以内にソリューションをリリースしました。」— CAD SystemsのCEO、Anton Smirnov

CADシステムについて

CAD Systemsは、過去15年間、中央アジアでAutodeskIncソフトウェアソリューションの地域販売代理店を務めてきました。社内対策により、同社はカザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、ウズベキスタンでのСADソリューションの販売と実装の75%以上をカバーしています。 CAD Systemsは、これらの地域の50以上のパートナーと協力し、毎年1,000以上の注文を処理しています。

問題:注文システムの起動

同社はここ数年で急速に成長しており、注文の増加は比較的小さなチームに圧力をかけています。注文はパートナーから手動で受け取り、従業員が手作業で処理しました。同社のCEOであるアントンは、このワークフローが持続可能ではないことを懸念し、スタッフの負担を軽減する方法を模索していました。

さらに、作業者が誤ってオートデスクに注文を送信したり、設定された日付より前にライセンスをアクティブ化したりしないように、注文ごとに新しい検証プロセスを導入したいと考えていました。注文は従業員が作成し、マネージャーが承認する必要があります。

「私たちは、人的および技術的なシステムのエラーを最小限に抑え、プロセスを合理化して作業者の時間を節約できるようにしたかったのです。」 — CEO、アントン・スミルノフ

2021年の初めに、CAD Systemsは、パートナーサービスを改善し、オートデスクとの作業を合理化するための自動注文管理システムの構築を開始しました。アントンは、従来のソフトウェア開発ツールと手法を使用してプロジェクトを実行するために、数人の開発者を雇うことを計画しました。しかし、プロジェクト計画段階の後、アントンは開発段階を危険にさらす2つの中心的な問題を提示されました。

#1予算

同社の開発予算は限られており、プロジェクトを実行するには複数の従来のソフトウェア開発者が必要でした。コストの問題は、Covid後の環境で強調されました。

「プロジェクトの開始時に、私たちは多くの開発者と彼らのコストをカバーするためのまともな予算が必要であることを知っていました。プロジェクトの開発を継続するために、支出を削減する方法を探していました。」 — Svetlana Enina、CFO

#2タイミング

開発は、クライアントの要求を満たし、会社の利益を危険にさらさないために、迅速に実行する必要があります。 TOO CAD Systemsは、最初の結果が表示されるまで数か月待つことはできないことを知っていました。

「注文管理システムには、柔軟性と、さまざまなビジネスケースを処理する能力が必要です。このような複雑な機能を実装するには、少なくともMVPを作成するのに数か月かかるでしょう。」 — Ibraghim Ushurbakiyev、プロジェクトリーダー

解決策:AppMaster.ioでのビジネスプロセスの自動化

データベース設計

DateBase CAD Systems Appmaster.io

チームはデータベース設計から始めました。プラットフォーム上で、注文、注文アイテム、製品、および国、価格、イベントなどの他の関連情報を表す複数のテーブルを作成しました。また、後でプラットフォームにログインして注文を作成するパートナーに関する情報を格納するためのテーブルも作成しました。

ビジュアルデザイナーを使用して、これらのテーブルを関係(1対1および1対多)で接続しました。また、各フィールドにデータ型を割り当てています。

AppMaster.ioのデータベースエンジンはPostgreSQL13を使用します。つまり、CADシステムはそれをAWSやAzureなどのPostgreSQL互換クラウドにアップロードできます。

ビジネスの論理

Business Logic CAD Systems AppMaster.io

その後、チームは40を超えるカスタムビジネスプロセスを作成し、ビジネスロジックのさまざまなシナリオを表現しました。たとえば、パートナーからの受信データを検証し、製品の価格と割引を計算し、新しい注文をデータベースに保存するプロセスを開発しました。

CAD Systemsは、AppMaster.io開発者に、迅速に開発されたAutodeskAPIとの新しい統合を作成するように依頼しました。その後、オートデスクモジュールに接続し、数回クリックするだけでAPIの使用を開始できました。

また、Autodesk APIを参照してクライアント情報を更新したり、新しいライセンスをアクティブ化したりするなど、一般的に使用されるいくつかの操作を個別のビジネスプロセスにカプセル化しました(ソフトウェア開発では一般に「抽象化によるコードリファクタリング」と呼ばれます)。その後、毎回すべての機能を再作成することなく、これらの操作を他のビジネスプロセスのブロックとして使用することができました。

Webダッシュボード

Web Dashboard CAD Systems Appmaster.io

フロントエンドに関しては、チームは2つのWebアプリケーションを開発する必要がありました。1つはディストリビューター(CADシステム自体)用で、もう1つはパートナー用です。

ディストリビューターポータルには、注文とパートナーの総数など、すべての主要なメトリックを含むダッシュボードと、処理中の注文を含むテーブルが含まれていました。さらにいくつかのページが作成されました。すべての注文の表示、製品、価格、国の管理、およびパートナーのシステムへのアクセスを管理するためのページです。

Order Details CAD Systems AppMaster.io

チームは、注文のすべての詳細を表示するためのページも作成しました。彼らは、注文の編集、新しい注文アイテムの追加、Autodesk APIを介した価格の更新、およびライセンスのアクティブ化のために、いくつかのボタンをカスタムビジネスプロセスに接続しました。

Create Order CAD Systems AppMaster.io

CAD Systemsは、認証モジュールを使用して、パートナーのダッシュボードをすばやく設定しました。パートナーによって作成されたすべての注文を表示し、新しい注文を作成し、価格表を更新する機能がありました。

チームはまた、認証モジュールで2つのユーザーロールを定義しました。管理者と標準ユーザーであり、特定の機能を(API設定のエンドポイントのミドルウェアを介して)指定された担当者のみに制限します。

展開

Deployment CAD Systems AppMaster.io

CAD Systemsは、 AppMaster.ioクラウド上に2つの展開計画を作成しました。1つは開発用、もう1つは本番用です。現在、開発計画は新機能のテストに使用されていますが、生産計画はすでに20を超えるパートナーにサービスを提供しています。統計ダッシュボードを使用して、アプリケーションのパフォーマンスを監視できます。

アントンは、CADシステムがAppMaster.ioクラウドから完全に独立していることを知っているので、ぐっすり眠ることもできます。チームはいつでもバイナリを他のクラウドプロバイダーまたは社内サーバーに移動でき、必要に応じてソースコードをエクスポートして、独自に開発を続行できます(バックエンドはGo言語で生成されますが、フロントエンドはVue2フレームワークで構築されています)。

結果:10倍安く、1か月未満で

CAD Systemsは、 AppMaster.ioスペシャリストのサポートを受けて、プロジェクトを完了し、1か月足らずでソリューションを立ち上げました。同社は、プラットフォームの自動化、モジュール、およびエラー検出機能の助けを借りて、このプロジェクトのコスト、スタッフ、および時間を削減しました。

#1機能

「注文管理プロセスでは、 AppMaster.ioプラットフォームのプロジェクトに実装できた、さまざまなビジネスケースを処理するための優れた柔軟性が必要です。また、技術者以外の従業員であっても、いつでも変更や複製を行うのは非常に簡単です。」 — Ibraghim Ushurbakiyev、プロジェクトリーダー

#2オールインワン

AppMaster.ioプラットフォームを、IntegromatやZapierなどの他のノーコードソリューションと比較して際立たせたのは、すべてを1か所で開発できることでした。さまざまなツールを接続する方法を理解する必要はなく、これらの統合のいずれかがいずれかの時点で機能しなくなることを恐れていました。また、ローカルサーバーにアプリケーションをデプロイし、ソースコードをエクスポートする機能も高く評価しました。」 — CEO、アントン・スミルノフ

#3期限と予算内

「プロジェクト全体を見ると、開発予算を10倍以上削減し、 AppMaster.ioプラットフォームを使用して記録的な速さでソリューションを立ち上げたことは明らかです。このノーコードプラットフォームがなければ、開発には少なくとも6か月かかりました。」— Svetlana Enina、CFO

全体として、CADシステムチームは、新しい自動注文管理システムを使用して従業員の負荷を大幅に軽減し、その過程で新しいビジネスチャンスを失うことはありませんでした。