数年前、従来のアプリ開発では時間と予算がかかるため、経営者はビジネスソリューションを見つけるのに苦労していました。以前は、アプリ開発者はローコード技術に懐疑的でした。しかし現在では、ローコードツールの普及により、開発チームは製品品質を向上させ、アプリをより迅速に展開できるようになりました。IT プロフェッショナルは、アプリ開発、ワークフロー統合、自動化、およびユーザー体験の向上のためにローコードテクノロジーを使用しています。つまり、ローコードのコンセプトは2022年に最高潮に達し、今後数年間は繁栄し続けるでしょう。この技術は、アプリ開発でビジネスを支援し、ビジネス統合のためのアプリを提供し、強力なオンラインプレゼンスを構築するためのサポートを提供します。

ITエンジニアがローコードを取り入れるべき理由

ガートナー社は、ローコードテクノロジーが今年度23%成長したと予測しています。さらに、ガートナーのレビューによると、2022年までローコードツールはローコード開発技術の顕著な要素であり続けるとされています。ITエンジニアがなぜローコードテクノロジーを取り入れる必要があるのか、疑問に思っている方もいるかもしれません。この記事では、ローコード技術を歓迎する理由とそのメリット、そしてローコードの最良の例について説明します。まずは、その理由からご紹介します。

より安く、より速い解決策

アプリ開発業界では、仕事量が山ほどあるため、タイムリーな開発のためには、より多くの従業員の確保が必要です。企業の需要が増加しているため、ITチームは、より迅速な開発ソリューションを提供するために人員を増やすことは、予算が増加するため困難であると判断しています。技術的負債を減らすために、開発者は、より速く、より安いアプリ開発のためにローコードテクノロジーを採用する必要があります。ローコードテクノロジーを導入することで、より高度な抽象化、自動テスト、アプリの即時デプロイメントが可能になります。

注目すべきは、アプリ開発にローコードを導入する場合、開発者はアプリのデザインをゼロから作成する必要がないことです。ローコードテクノロジーでは、ビジネスニーズを満たすために、2スプリントサイクルでアプリのデプロイメントを完了させることができます。ローコード技術を導入することで、従来の開発よりも3~5倍速くビジネスソリューションを提供でき、作業負荷や技術的負債を軽減できるという研究結果があります。

low-code

習得が容易

ローコード技術では、コーディングの知識が乏しい開発者が短期間で習得する必要があります。そのため、経験豊富な開発者が初心者を指導し、限られたコーディングスキルでアプリ開発ができるように訓練します。さらに、ローコードは、企業が突然の退社に備え、熟練した開発者の代わりを務めるのに役立ちます。KNIMEのデータサイエンティストであるRosaria Silipo博士は、ローコード技術を導入することでアプリの要件を簡素化し、開発チームがアプリをより速く構築できるよう導くことができると説明しました。さらに彼女は、ローコードツールはすべてのビジネス部門を統合するための効果的な方法であると述べました。ローコードを導入することで、IT専門家は時間を節約し、コーディングセクションに多くの時間を割くことができます。

Gloria RamchandiのシニアプロダクトディレクターであるCopado氏は、ローコード技術の導入により、開発チームはより速いアプリ開発を通じてビジネス環境を更新することができると同意しています。さらに彼女は、IT企業は開発ソリューションの助けを借りて、急成長するビジネスニーズに対応するためにローコードを取り入れるべきだと述べています。ローコード技術は、コードの壁を取り払い、開発チームがより革新的なアプリを短時間で提供するのに役立つからです。

統合プロセスの簡素化

ローコードでアプリを開発するのは簡単です。この技術は、企業がすべてのアプリを統合して、スムーズなワークフローを実現するのに役立ちます。ローコードによるアプリ開発は、企業のサービスやシステム間の体系的なワークフローを提供します。クリス・スミス・レコグナイズの開発者提唱者であるリツールは、このアプリの統合を課題として考えています。彼らは、アプリによるビジネス統合はますます爆発的に増加していると述べています。現在、クラウドアプリは、ビジネスのワークフローをより効率的に管理するのに役立っています。クラウドアプリの普及率が高いため、カスタマイズされたアプリの統合は困難である。そこで、ローコード技術によって、複数のアプリを連携させ、ビジネスのワークフローを管理することができるようになったのです。

Low-code technology

最新の開発環境

今日、ビジネスでは、柔軟な安全性要件に対応した最新の開発ソリューションが求められています。なぜなら、古くなったアプリを書き換えると、古い安全性のニーズや柔軟性のないワークフローでのビジネス要件に問題が発生する可能性があるからです。この点、ローコードでは、レガシーシステムの上でアプリを開発できるため、開発者は基本的なITインフラからアプリを開発することができます。Gartner社は、このアプローチを開発のための2スピードITアーキテクチャと呼んでいます。ローコードツールの助けを借りて、企業はITシステムの柔軟なレイヤー上でデジタル化を実行することができます。このように、ローコードはIT分野でのパラダイムシフトと言えます。

ビジネスの自動化

企業は、ワークフローを統合することで、従業員のエクスペリエンスを向上させることに邁進しています。この点で、ビジネス・オートメーションは、ビジネス・プロセスを円滑に管理するために非常に重要です。クレオのCEOであるマヘッシュ・ラジャセカランは、ビジネスプロセスを自動化し、手動プロセスを削減するためには、ローコードが最適な開発オプションであると確信しています。具体的には、企業は、パンデミック時に業務を継続させるために、手動プロセスをテクノロジーに移行させることを学びました。ビジネスプロセスを自動化するために、企業はローコードテクノロジーを採用し、コアビジネスのリスクを排除していきます。

ノーコードテクノロジーの例

ノーコードは、開発ソリューションの高速化により、絶大な人気を博しています。多くの業界では、業務のデジタル化のためにローコードを採用しています。この技術を採用している最も有名な業界を見てみましょう。

  • 金融業界

金融業界は、迅速なアプリ開発のためにローコードテクノロジーを導入しています。この新しいテクノロジーは、双方向からのデータ処理により、低コスト・短時間でのアプリ開発を可能にします。

  • ロジスティクス業界

物流業界は、ローコード・アプリを導入した後、絶好調です。これらの物流用ローコードアプリは、在庫管理、バーコードによる価格スキャン、配送の更新を提供します。

  • 製造業

製造業は、注文管理、品質保証、請求書発行などのアプリで業務を管理しています。この点で、ローコードは、製造業が本格的な機能で売上を伸ばすのに役立っています。

  • 小売業

小売業界は、適切な在庫管理によって繁栄しています。この点で、ローコードアプリは、仕分け、計数、報告の時間を短縮することで、在庫を改善しています。

no-code

まとめ

近年、アプリ開発の急増により、コストと時間の最適化のためのローコードが盛り上がっています。ローコードテクノロジーの人気は、ITチームにアプリを短時間で提供するようプレッシャーをかけているためです。そのため、ローコードを導入することで、ITチームはより迅速かつ安価なビジネス・ソリューションを提供できるようになります。迅速なアプリ開発によってビジネス業界を刷新するために、IT分野におけるローコード技術の重要性がお分かりいただけたかと思います。ローコードによるアプリ開発については、限られたコーディングの知識でより速く、より安いソリューションを提供するAppMasterを試してみることをお勧めします。