ノーコードモバイル開発プラットフォームを選択する必要がある理由の1つは、作成するすべてのアプリがネイティブになるためです。これの利点について話しましょう。

ネイティブアプリとは何ですか?

ネイティブモバイルアプリケーションは、特定のプラットフォーム(この場合はiOSまたはAndroid)用に開発されたアプリケーションです。スマートフォンではオーガニックに見え、AppStoreまたはGooglePlayからダウンロードされます。

このようなアプリケーションは、ハードウェアリソース(カメラ、マイク、加速度計、コンパス、光センサーなど)を最大限に活用し、写真やビデオファイル、名簿、ジオロケーション、プレーヤー、カレンダー、その他のプログラムやサービスにアクセスできます。通知システムにアクセスすることで、プッシュ通知を有効にすることができます。

ハイブリッド(クロスプラットフォーム)アプリケーションと比較して、ネイティブアプリケーションはより高速で安定して動作し、バッテリーとメモリの消費量が少なくなります。

従来の開発では、ネイティブアプリを構築するには、特定の環境(Appleの場合はxCode、Androidの場合はEclipseまたはAndroid Studio)の経験と、プログラミング言語(JavaとKotlin、Objective-CとSwift)の知識が必要です。

ネイティブアプリの長所

  • スマートフォンのリソースと機能へのフルアクセス。
  • マッシュアップよりも多くの機能。
  • 作業速度が速く、最適化されています。
  • 高速応答とスムーズなインターフェイスアニメーション。
  • これらは、特定のオペレーティングシステムの設計に有機的に適合します。
  • それらはより確実に機能し、より経済的にリソースを使用します。
  • 複雑な数学的計算を実行できます。
  • 公式アプリストアを通じて配布されます。

ネイティブアプリの短所

  • これらは1つのプラットフォームでのみ機能します。
  • 構築、テスト、および更新には時間がかかります。
  • ネイティブ開発には費用がかかります。

なぜAppMaster.io?

ノーコードを使用すると、ネイティブ開発の主な欠点を回避できます。コードは自動的に生成されます。つまり、特定の言語を学習したり、開発者を探したりする必要はありません。アプリケーションのコストはOSに依存しません-iOSとAndroidの料金は同じになります。モバイルアプリビルダーでは、さまざまなプラットフォーム向けに開発する方が簡単です。従来の開発よりもはるかに短い時間で済みます。

さらに、ネイティブのAppMaster.ioフレームワーク(それぞれのOSのSwiftまたはKotlin)を使用すると、公開を遅らせることなくアプリケーションを更新できます。 PlayMarketまたはAppStoreで一度公開するだけで十分であり、すべてのインターフェイスとロジックの更新が即座にユーザーに配信されます。変更を加えてバックエンドを再公開するだけです。

ネイティブアプリを作成します-ノーコードプラットフォームに登録し、TelegramのAppMaster.ioコミュニティチャットに参加します。